逃げ恥、原作のあらすじは?最終回を徹底予想してみた!

      2017/08/01

ここ数年、TBS系列ドラマの火曜22時枠は低視聴率が続き、低迷していた枠ではありますが、最近は持ち直しているとのこと。

今シーズンは特に高視聴率で人気のTBS系列ドラマになっています。

それは「逃げるは恥だが役に立つ」火曜夜10時からの人気ドラマです。

スポンサーリンク

逃げ恥の原作は漫画

出典:kisscomic.com

逃げ恥の視聴率は人気作品ドクターX相棒の次に続く高視聴率、とてもすごいですよね。

そんなこちらのドラマは、なんと漫画が原作となった作品なのです。

逃げ恥の原作者はだれ?

原作は、講談社から出ている月刊「Kiss」で連載中の「逃げるは恥だが役に立つ」。

漫画「逃げるは恥だが役に立つ」の原作者は海野つなみさんです。

2012年11月から連載中の海野つなみさんの漫画なのです。

この作品は2015年に第39回講談社漫画賞の少女部門を受賞しているなど、大人気作品です。

海野つなみは、中学校2年生の時からのペンネーム。

そのころから投稿を始めたそうです。

出典:http://natalie.mu

名前からどうしても津波を想像させてしまい、改名を途中で考えることもあったそうですが

周囲からの反対により、改名することはありませんでした。

記憶にも新しい2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震の際は、このペンネームだからこそ、海野つなみという名前だからこそ、できるチャリティ活動があるのではないかと考え、積極的に行うと本人はブログにて発表しました。

東日本大震災の被災者を支援するために、チャリティ活動も行いました。

他の漫画家と共同で東日本大震災チャリティ同人誌「pray for Japan」でも執筆されています。

海野つなみの他の作品は?

海野つなみさんのデビューは、1989年の「お月様にお願い」で

講談社の「なかよしデラックス」でした。

1997年以降は、「Kiss」や「Kiss PLUS」を中心に活動し、

代表作は「Kissの事情」や「回転銀河」などがあります。

そのほかにも、

  • ワクワク。
  • SUPER GIRL
  • わたしはフラミンゴになりたい
  • プールサイドの人魚姫
  • チャンスをちょうだい
  • キッスにお願い
  • ロマンスのたまご
  • 恋の熱帯低気圧
  • ゴールデン・デリシャス・アップルシャーベット
  • はちみつ
  • リフォーム父さん
  • 小煌女
  • くまえもん
  • 豚飼い王子と100回のキス
  • 排気ダクト
  • さよなら世界
  • Will

などがあります。

スポンサーリンク

登場人物

 

  • 森山みくり

派遣切りに遭ってしまい、求職中だったのですが父の計らいから津崎の家事手伝いとして就職することになりました。

大学時代の恋人に、小賢しいと言われたことから恋愛がトラウマになってしまっています。

基本的には真面目で頑張り屋さんですが、突然突拍子もない発言や妄想癖もあるこまった女性の一面もあります。

  • 津崎平匡

35歳。35年間彼女なし・恋愛経験なし

自称プロの独身で、もちろん童貞男です。

潔癖症で奥手のために、他人と親しい関係になることがとても苦手。

現在の家事代行業者に不満があったのだが、みくりの父親にみくりを紹介され、雇ってみることにしたのですが…。

女の扱い方、他人の扱い方がとても下手で、不器用な男の人です。

逃げ恥の原作のあらすじは?

出典:natalie.mu

物語の主人公、森山みくりは大学院を出ながらも、就職難により派遣社員となってしまいました。

更に不幸なことに、派遣先で派遣切りに遭ってしまい、無職の身となってしまいました。

仕事を求める娘を見かねた父は、なんと週一回の仕事をもらってきてくれました。

家事代行サービスを利用していた元部下の津崎平匡が、代行の会社を建て替えようとしていたので頼みこんでくれたのです。

津崎は気難しい性格で知られていて、あまり他人に構われること好きではないのですが、みくりとは適当な距離感を保つことができ、良好な関係を築けていました。

しかし、みくりの両親が定年を機に田舎へ引っ越すという願望をかなえてしまうことになってしまいました。

それにより今の家事代行業務を続けられなくなるみくり…しかしこのまま続けたい。

現状維持したいみくりは、津崎に結婚を持ち掛けるのでした。

もちろんこの結婚は就職としての結婚。

みくりの仕事ぶりに満足していた津崎は、その結婚の提案をメリットに感じ了承、二人は契約結婚という道を選びました。

もちろん二人はお互いを好きではない奇妙な関係。

夫婦でありながらも、愛情はそこにはなく、完全なる他人との夫婦生活。

果たしてこれはどうなっていってしまうのでしょうか。

契約結婚がまわりにもちらほらバレはじめ、疑われることもしばしば。

しかし1番気づかれていけないのはもちろん家族

奇妙な夫婦であっても、そこだけは絶対の隠し事。

そのため2人は変にルールと作るのですがそれもまた2人の距離感や空気間を乱していくのでした。

原作からドラマの最終回を予想してみた

pak86_nayamubiz20131223_tp_v

さて、そろそろドラマが1クール終わる時期となりました。

そこで気になってくるのが結末ですよね。

そこで、ここは連載中であるということをいいことに漫画から最終回を予想してみることにしました。

でも連載中ということで、最新刊までの内容から予想せねば…。

しかしその前に、少しおさらいをしてみましょう。

契約結婚し、仮の夫婦となり新しい生活を始めた二人ですが、あまりにも不自然で、夫婦らしくない空気を察され、同僚などの身近な人たちに、仮面夫婦であることがばれてしまったのです。

それが家族にもばれないように、2人はルールを決めます。

それは月2回はハグをすること

しかし恋愛経験が豊富ではない二人にとって、色々と問題が起こってしまうのです。

しかし、いつしか好きになってしまいます。

そう。相手の事を本当に好きになったのです。

だったら、契約ではなく正式に籍を入れて本当の本物の夫婦になろうと津崎は言いだしますが、みくりは、これまでの家事が収入なく当たり前にしなければならないのか。

と思い、迷いが出てきてしまいました。

一度津崎と距離を置くことを決め、一緒に暮らすことをやめたのです。

このあたりでしょうか。

さて、そろそろ最終回の予想ですが

1つはみくりと津崎が正式に結婚するのではないでしょうか。

しかし専業主婦としてではなく他の仕事を見つけ、無償での家事はやらないのでは…?

それとも2人の不器用さから、結局結婚には至ることがない。ということも。

今の距離感がちょうどいい、最適なんじゃないか、と思いこのまま遠距離恋愛を続けるのでは、というちょっと切なくさみしい展開もあるのかもしれません。

しかし、遠距離恋愛も未来ある恋愛ですから、残念になることはないでしょう。

はたまた、もしかしたら結婚式がラストシーン、というのもかなりあり得ると思いますよ。

まぁ言えるのはハッピーエンドになるのでは。ということですね。

ここまできてバッドエンドにするのは、とても難しすぎることです。笑

二人が幸せになり、視聴者が楽しく見終わることができる。

それがみんなが幸せになる方法。

残り数回のドラマですが、最後まで見逃せませんね。

そしてそのドラマの結末が、オリジナルになるでしょうから、漫画での結末も気になるところではあります。

スポンサーリンク

 - 2016年