カインとアベルのヒロイン、倉科カナの第3話の衣装とファッション!

   

山田涼介さんのスーツ姿にメロメロな女子たちが増えているドラマカインとアベル。

そんなカインとアベルのヒロイン、矢作梓を演じる倉科カナさんの衣装について書いていきます。

倉科カナさんが着用されたということで、人気アイテムとなり売り切れになっているものもあるようですよ。

流石、元モデルは違いますね!

 

スポンサーリンク

 

カインとアベル、倉科カナの第3話の衣装

誰でも簡単に真似できるファッションが多いので是非是非参考にしてみてくださいね。

それでは今回はカインとアベル、第3話をチェックしてみようと思います。

 

 

 

高田家と食事をする際に着ていたブラウス

emmi(エミ)

emmi atelier ツイストブラウス

 

11

 

一見シンプルに見えますが、フロントにねじりを加え、その効果でモード感を出したブラウスです。

 

 

 

自然にドレープが生まれるので、それがとても優雅に見えます。

大人で綺麗めに感じられるこのデザインは、婚約者として紹介される身としてはバッチリですね。

また、白ということで清潔感がでて、さわやかな印象を受けます。

きっと父貴行の印象もよかったことでしょう。

 

 

 

ゼネコンの説明の時にジャケットの中に着ていたトップス

MAX.Co

コントラスト シルクブラウス

 

12

 

シルクのブラウスです。

そしてフレアになるようにドレープカットが施されています。

 

 

 

首元にはコントラストのある縁があり、しっかりと形を際立たせていますね。

ジャケットを着ていたので、後ろの姿はよくわからなかったのですが、調べてビックリしました。

後ろ可愛い!

ボウがついていて、かわいいサイズで開いているんです。

ボウがまた、可愛さを増しているアイテムですね。

 

 

 

兵藤が来た時に着ていたもの

emmi(エミ)

emmi atelierニットコンビジャケット

マテリアルでフロントを切り替えられている綺麗めアイテムです。

ニットコンビジャケットということで、温かそう。

 

13

 

落ち着いている感じもしますが、着こなすのが難しそうなので、こなれた感も出そうです。

カーディガンっぽくも着れるのでワンピースにも合いそうです。

オフィスは結構冷暖房に左右されていますから、こういうものはマストアイテムかもしれません。

 

 

 

白河湖に向かったときに着ていたもの

INDIVI(インディヴィ)

リリヤーンツイードシャツ

 

14

 

さりげないボーダーデザインなので、ボーダーはちょっと…という方もこれは着こなせそうです。

Uネックで胸元を綺麗にみせているうえに、七分丈で、女性らしさを演出しています。

 

 

 

また、裾にはフリンジがあり、おしゃれをしている中でも少し遊び心が出せますね。

ブラックを着ていらっしゃったようですが、ネイビーをみてみると、随分印象が違いました。

でも、笑顔が似合う倉科カナさんはやっぱりブラックのほうが良さそう。

白と黒が使われているので、顔が明るく見えるように感じます。

 

 

 

追い詰められている隆一に声をかけるシーンのブラウス

emmi(エミ)

emmi atelier ウエストベプラムブラウス

 

13

 

ウエスト付近のリボンがチャーミングなブラウス。

たっぷり広がるフレアラインなので、体系が気になる人でも着れる1枚。

倉科カナさんの体系でも、これをきちゃうんですね。

かわいかったです。

 

 

 

サラサラとしてなめらかな感じが高級感もあります。

ボトムはなんでも合いそうなので1つあるとどうにでも着こなせそうですね。

 

 

 

オフィスカジュアルとは

オフィスカジュアルという言葉をよく耳にしますが、果たしてどういうものなのでしょうか。

決まりはないとおもいますが、どういうものをいうのか調べてみました。

 

 

 

オフィスで着るもの

そもそもオフィスで着るものです。

堅苦しいイメージでいえば、毎日スーツという感じですよね。

でもそれをしなくてもいい、というものがオフィスカジュアル。

 

 

 

少し自分らしさを出せるけれど、あくまでもオフィスで着るもの

だからこそ、ラフすぎないものが必要となってきます。

結構今はオフィスカジュアルとしても着れるし、オフの日にも着れる服多くないですか?

 

 

 

ジャケット

結構どういう洋服でも、しっかりとしたジャケットを着用すればそれっぽく見えるという感じはありますよね。

仕事帰りに遊びにいくけど、その恰好では出勤にはふさわしくない。

そんな時に登場するのがジャケット。

 

 

 

フロントでカッチリしまって中があまり見えなくなるようなものもありますよね。

少しトップスを隠したいときは、そういうジャケットを合わせるといいかもしれません。

また、中もシックというときは、ジャケットもフリル襟のものもあったりするので、遊べますよね。

結構ジャケットって便利なんですよ。

 

 

 

NGポイントは?

決まりはほとんどないオフィスカジュアルですが、やっぱり人からどう見られるかはそれぞれです。

男性からはOKだったとしても女性からはNGが出たり。

もちろんその逆もあるでしょう。

私が考えるNGポイントは少し厳しめに。

 

  • カジュアルすぎる

 

デニムなど、論外です。

ノースリーブでのノージャケットはあり得ません。

 

そして足元の靴、サンダルもだめです。

これは常識の範囲内でしょうか。

 

  • 仕事中に着崩れをおこす

 

仕事をしていて、崩れてきたらどうしようもありませんよね。

やっぱり仕事をしているという意識がないと。

そして周りからもそう思われないと!

だからこそ、ヨレヨレのものは選ばないようにしましょう。

 

  • 露出が多いもの

 

男性からは喜ばれるかもしれません…

いやいや、ダメですね。

お客様を迎え入れることもあるでしょうし、いつ誰に見られても大丈夫なくらいにしましょう。

もちろん夏で暑いのはわかりますが、キャミソールなど論外ですよ

 

  • 派手なカラー

色も問題ですね。

真っ赤なジャケットに、黄色のボトムなど、奇抜な色は避けた方がいいでしょう。

ひと昔前だったらよかったのかもしれませんが、今いう無難なカラーは

 

  • ベージュ
  • グレー
  • ネイビー
  • ブラウン

 

このあたりではないでしょうか。

おしゃれはやっぱり仕事後に楽しみましょう

 

  • 清潔感がない

 

オフィスカジュアルに限らず、清潔感のない洋服は嫌がられますよね。

服というより、その人が清潔感がないように思われますから、着ている本人も嫌なはずです。

しわだらけのブラウスとかも嫌じゃないですか?

もちろんプリーツデザインなら話は別ですけれど…。

っていう持論を展開してみました。

 

 

 

まとめ

最後に、オフィスカジュアルを梓は着こなしているのかというところをみてみましょう。

私が無難だなと思うカラーはバッチリとらえていますよね。

奇抜な恰好はしていません。

 

 

 

カラーも淡い系ですし、可愛くまとめていると思います。

だからこそ、年下の人たちからも慕われているのかもしれません。

カッチリしすぎている格好だと、話しかけづらい雰囲気もどうしても出てしまうと思うからです。

 

 

 

パンツスタイルで、オフィスではジャケットを脱いでシンプルなトップスでまとめ、外出するときはジャケットできっちりまとめる。

素晴らしいコーディネート力です。

そしてオフィスとそうでないところの使い分けも完璧ですね。

おしゃれでかわいい梓の今度のファッションも注目です。

スポンサーリンク

 - 2016年, 2016年10月期, カインとアベル