コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

丸山智己が香里奈の同僚に!ドラマ「嫌われる勇気」へ出演決定!

   

2017年1月からはじまる「嫌われる勇気」のドラマに丸山智己さんが出演することが決まりました。

丸山智己さんとはどんな人なのでしょうか。

また、丸山智己さんが演じる浦部義孝とはどのような人物なのでしょうか

ちょっとチェックしてみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ「嫌われる勇気」に出演する丸山智己さんって?

 

出典:公式HP

 

まずはじめに丸山智己さんのプロフィールを見てみましょう。

 

 

生年月日 1975年3月27日
出身地 長野県東御市
事務所 cube(俳優)

ギグマネジメントジャパン(モデル)

 

 

丸山智己さんは小学校、中学校では柔道をしていました。

そして高校ではバレーボール部という、スポーツ少年です。

料理も得意らしく、なんと栄養士の資格もお持ちです。

モデルとしてデビューし雑誌やショーなどで活躍しているところ、その姿を見初められ俳優デビューに繋がりました。

 

 

 

丸山智己が過去に出演したドラマは?

それでは丸山智己さんは過去にドラマに出演しているのでしょうか。

 

 

  • 科捜研の女
  • 警視庁捜査一課9係
  • ホタルノヒカリ
  • 半落ち
  • 夢をかなえるゾウ
  • 相棒
  • 絶対零度〜未解決事件特命捜査〜
  • ガリレオ
  • GTO
  • HERO
  • 問題のあるレストラン
  • あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • 世界一難しい恋
  • Chef〜三ツ星の給食〜

 

 

など様々なジャンルに出演されています。

中でも、刑事ものが多いイメージです。

 

 

 

映画では、

 

 

  • NANA
  • 20世紀少年
  • カイジ
  • 黒執事
  • るろうに検針
  • アンフェア
  • ミュージアム

 

など有名作品に出演されています。

映画「NANA」ではヤス役として出演し、話題を集めていましたね。

 

 

 

ドラマにて刑事ものやサスペンスものへの出演が多いため、この「嫌われる勇気」でも慣れた芝居に期待できそうです。

サスペンスは独特な雰囲気がありますし、あまりドラマの個性が出にくい分野ではあります。

刑事がいて、事件があって、それを解決していくという流れは同じですので、丸山智己さんのように刑事ドラマによく出ている人からしても役作りが難しいと思います。

ドラマの個性と役柄とをうまく演じ分けることで、ドラマ「嫌われる勇気」が成立すると思います。

 

 

 

丸山智己さんの才能を楽しみに待っています。

また、料理が特技ということですので、作中でその腕前は披露されるのか!?

にも注目していきたいですね。笑

 

スポンサーリンク

 

丸山智己さんが演じる浦部義孝とはどんな役?

警視庁捜査一課8係の刑事の1人です。

警視庁捜査一課8係には係長をはじめ刑事が5人出てきます。

そこから主人公の蘭子とその相棒である青山、そして係長を抜くと普通の刑事は3人。

おそらくこの3人はグループとして事件解決に挑むのではないのかと予想しています。

 

 

 

主人公蘭子との関係は

主人公である蘭子と同じ部署に所属しているため、同僚です。

蘭子のことをどう思っているかはわかりませんが、おそらく嫌っているうちの1人だと思います。

嫌われることを恐れない蘭子なので、いくら丸山智己が演じる浦部が嫌っていても相手にしないでしょう。

それもまた1つイライラさせる原因になりえますよね。

蘭子と浦部たちの刑事との絡みもとても楽しみになってきました。

 

 

 

まとめ

2017年1月からスタートするドラマ「嫌われる勇気」に丸山智己さんが出演することが発表されました。

丸山智己さんが演じるのは主人公蘭子と同じ刑事の1人です。

蘭子の事を嫌っているうちの1人でもあると考えられますが、イライラしていることでしょう。

それは蘭子に相手にされないからです。

 

 

 

蘭子は相手からの意見がどうであれ、自分の生き方を変えません。

だからこそ嫌っている人間からすると相手にされていないように感じるのでつまらないのではないでしょうか。

そのあたりの心理戦も含めてドラマから目が離せないように思います!

 

それでは最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 - 2017年, 2017年1月期