コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

元仮面ライダー桜田通がドラマ「嫌われる勇気」に出演決定!

      2017/08/01

最近イケメンで女性からの人気が爆あがりの桜田通さん。

そんな桜田通さんが2017年1月からスタートするドラマ「嫌われる勇気」に出演されることが決まりました。

 

 

  • 桜田通さんってどんな人?
  • 桜田通さん演じる三宅隆俊ってどんな役?

 

 

そんな気になるポイントを今日はご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ「嫌われる勇気」に出演する桜田通さんって?

 

出典:公式HP

 

まずはプロフィールをみてみましょう。

 

名前 桜田 通(さくらだ どおり)
生年月日 1991年12月7日
出身 東京都
血液型 B型
職業 俳優

 

桜田通は犬顔の犬好き!?キャラは意外な不思議くん?

桜田通さんは、ダックスフントを飼っていらっしゃいます。

たしかに犬顔ですよね。

飼い主とペットは似てくると言いますのできっとこのダックスフントも可愛い甘いフェイスなのでしょう。

 

 

 

また、日本を代表するバンド、UVERworldが大好きで、カラオケではUVERworldしか歌わないと公言しているほどです。

好きな乗り物はエレベーターという不思議くんキャラでもあり、そのミステリアスさからも女性の人気を得ているようです。

 

 

 

元仮面ライダーディケイドが連ドラ出演!

出演ドラマはやっぱりなんといっても仮面ライダーディケイドですね。

こちらで人気が爆発したと言っても過言ではないはずです。

そのほかにも

 

 

  • ホカベン
  • チーム・バチスタ2ジェネラル・ルージュの凱旋
  • 女たちの特捜最前線

 

 

など、様々なジャンルに出演経験があります。

やはり仮面ライダーに出演されていたこともあり、今回のドラマでもみどころが多くありそうですね。

 

スポンサーリンク

 

桜田通さん演じる三宅隆俊とは

桜田通さんが演じる三宅隆俊は、主人公蘭子の同僚なので、警視庁捜査一課8係の刑事の1人です。

なんと桜田通さんが演じる三宅隆俊は無口なオタク刑事だそう。

それが故にデジタル捜査を担当する役割なのです。

ということは、あまり外へ出ての捜査はされないのかしら。

 

 

 

私は仮面ライダーで披露されたアクティブな動きで犯人たちと戦うシーンがあると予想していたのですが…。

無口なオタク…。

そしてパソコンばかりやるデータオタク…。

絶対そんなキャラクターがアクロバットな演技をするわけがない…。

 

 

 

もしかしたらそのギャップを狙っているのかもしれませんよ!

桜田通さん目当てで見る世の女性の方は期待していいのではないでしょうか。

だってこんなに甘いマスクの持ち主が、室内にこもってパソコンばかりして捜査してるわけがない!

桜田通さんのアクションが再びみられる日が近いということを待とうと思います。

 

 

 

主人公蘭子との関係は?

主人公蘭子とは同僚でしたね。

では蘭子のことをどう思っているのでしょうか。

桜田通さん演じる三宅隆俊は無口。

 

 

 

ということは、もしかしたら蘭子に対して無関心であることが予想されます。

人の事を嫌う人は口に出てしまいますからね。

そういうことを踏まえると、桜田通さん演じる三宅は無関心で無口でなんにも思っていないということでしょう。

ということは、蘭子は三宅を味方につけ、捜査協力をお願いするのではないでしょうか?

そこからアドラー心理学へ引き付けたりして…。

 

 

 

まとめ

2017年1月からスタートするドラマ「嫌われる勇気」に桜田通さんが出演されることが決まりました。

桜田通さんが演じる役は三宅隆俊。

そして三宅隆俊は警視庁捜査一課8係の刑事の1人で、香里奈さんが演じる主人公蘭子の同僚です。

仮面ライダーとしても活躍していた桜田通さんなので、アクションがあるのか?と期待していますが、役柄としては無口なオタク刑事。

デジタル捜査を担当するらしいのです。

 

 

 

しかし私は諦めず仮面ライダーのようなアクションを桜田通さんがしてくれると信じています。

毎週この「嫌われる勇気」を見るのが楽しみですね。

 

それでは最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 - 2017年, 2017年1月期