コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

榮倉奈々が東京タラレバ娘に出演!吉高由里子の親友を演じる!

   

続々と始まるドラマの中でも私が今一番楽しみにしている、と言っても過言ではないの「東京タラレバ娘」です。
原作が同名の大人気コミックであることや、出演するキャストが話題性のある人たちばかりなので「これは間違いないでしょ!」と思っているドラマです。

 

 

今回はそんなドラマ「東京タラレバ娘」に出演が決定した榮倉奈々さんについてとりあげたいと思います。
プライベートでは昨年結婚され、まさに新婚ホヤホヤの榮倉奈々さん。
そんな幸せいっぱいの榮倉奈々さんが「タラレバ娘」をどう演じるのか、楽しみですよね!

 

スポンサーリンク

 

東京タラレバ娘に榮倉奈々が吉高由里子の親友役として出演決定!

 

出典:公式HP

 

2017年1月18日に新たにスタートする日本テレビ系連続ドラマ「東京タラレバ娘」のキャストが公開され、榮倉奈々さんが主人公・鎌田倫子(吉高由里子)の親友役・山川香としての出演が決定しました。
もう一人の居酒屋の一人娘・鳥居小雪に大島優子さんを迎え、親友役全員の実年齢が28歳となっています。
原作では33歳というアラサー独身女性の設定ですので、主要人物全員がアラサーと言える28歳での出演はとても説得力がありますね。

 

 

「綺麗になっタラ彼氏ができる」「痩せタラ結婚できる」「その人を好きになれレバ上手くいく」などと何の根拠もない話で延々と女子会をしていたアラサー女子・鎌田倫子(吉高由里子)、山川香(榮倉奈々)、鳥居小雪(大島優子)の3人は「このタラレバ女が」とモデルでイケメンのKEY(坂口健太郎)に一蹴されます。
今作は東京オリンピックの開催決定に伴い、7年後の自分たちの未来を直視せざるをえなくなったアラサー独身女子である3人の女性たちを、リアルな目線で描いた衝撃作です。

 

 

新婚ホヤホヤの榮倉奈々、タラレバ娘をどう演じるか!?

 

出典:公式instagram

 

榮倉奈々さんは去年(2016年)の8月に俳優・賀来賢人(27)と結婚したことで大きく話題を呼びました。
「Nのために」の共演がきっかけで交際がスタートし、1年の真剣交際を続けて結婚に至りました。
結婚を発表したブログでは「これから先、人生に起こる全ての事を彼と共に乗り越えていけると思うと、とても幸せです。」という幸せいっぱいの様子を語ってくれていました。
そんな新婚ホヤホヤで幸福感あふれる彼女が、美人でスタイルもいいのになぜか男運のない香を、上手く演じることはできるのでしょうか?

 

 

キャスティングが実は微妙…!?

最初、榮倉奈々さんが香役に決まったと聞いた時は正直、あんまり合わないなと感じました。
というのも、榮倉奈々さんは「かわいい系か美人系か」という問いの答えとしては明らかに「かわいい系」の顔をしていて、28歳とは思えないくらい童顔です。
そして今までの役柄(「余命1ヶ月の花嫁」とか)的にもどちらかというと清純で可愛らしく、性格が良さそうな感じのものが多かったですよね。

 

 

私が思う山川香その1:水川あさみ

私のイメージでは香役はもっとサバサバしてキツそうなイメージなので、水川あさみさんがピッタリだなと思っていました。
でも他の二人との年齢のバランスを考えると1人だけお姉さんすぎるので無理ですよね。

 

 

私が思う山川香その2:ベッキー

では実生活で男運のなさが明らかになったベッキーさんが演じたらどうでしょうか。
「復帰します」と言った以来、最近全然テレビでも見かけませんが、こんな役をやって自分の過去をネタにするくらい神経が図太ければ、芸能界に軽やかに復帰できそうな感じがします。
(笑)そういう意味では不倫をしてしまう小雪役でもいいすね。
でもドラマの制作側からしたらメリットがなさすぎますし、これも他の二人とのバランスがとれないので無理ですよね。

 

 

1988年生まれの同い年の女優は?

では1988年生まれの同い年の芸能人でどうでしょうか。
実はとても有名で人気な女優が多く豊作と言われている年のようです。
新垣結衣さんもいますが、可愛らしすぎますし、明らかに主役の風貌なので、これでは主役の吉高由里子さんが引き立ちません。

 

 

吉高由里子さんと実生活で仲が良い森カンナさんも1988年生まれです。
髪型もストレートで美人系ですのでいいような気がしますが、ちょっと他の二人に比べて存在感が薄すぎるかもしれません。
1988年生まれの美人系で考えると、黒木メイサ・菜々緒がいましたが、2人は一般人にしては現実離れしているくらい美しいので、モテないアラサー女子を演じるのには説得力にかけます。

 

ベストバランスなキャストはやっぱり榮倉奈々!

そういう風に考えるとバランス的に榮倉奈々さんの配役はバランス的にベストのような気がしてきました。(笑)
そして、外見的にも髪型をロングでストレート、黄色がかった茶髪の「香ヘアー」に変えた写真を見て「あ、似合う」と思いましたし、清純派で新婚の彼女だからこそ、アラサー独身のモテない香をどう演じるのか気になるところです。

 

 

また、とても意外ですが榮倉奈々さんはヘビースモーカーの噂があります。
プライベートで喫煙所にいるところをファンから撮られてしまったのですが、この噂が本当であれば、ちょっとうらぶれている感じが香にピッタリだと思います。

 

スポンサーリンク

 

東京タラレバ娘で榮倉奈々が演じるのはどんな役?

榮倉奈々さんが演じるのは、吉高由里子が演じる主人公・鎌田倫子の親友である山川香役です。
では、「山川香」とは実際どんな役なのでしょうか?

 

 

山川香には実在するモデルがいる!?

 

出典:grand-max.jp

 

「東京タラレバ娘」は原作者である東村アキコ先生の周りに実在する、友人をモデルにしているそうです。
ネット検索をすると東村アキコ先生のネイリストの友人「香」さんが東村先生と写っている写真が出てきます。
彼女がタラレバ娘の香のモデルだと考えて間違えないでしょう。おまけページでも語られているように、実際の彼女もとても美しく、なぜか独身です。
しかし実際の写真を見た個人的な感想としては、やはり、美人特有の少しキツそうな印象を受けました。

 

 

元カレが人気バンドのギタリストになっていた山川香は…

香はネイリストで、綺麗でスタイルもいいのに最近は全然恋愛をしていませんでした。
(そして実家暮らし。。)いつものように親友の倫子、小雪とタラレバ話で盛り上がっている時に、とある話題に。

 

  • 元カレである売れないミュージシャンの彼と別れてなかっタラ、今頃子供2人くらいいたかもよ。
  • 香が収入あるんだから我慢すレバよかったじゃん

 

でも香はお金のない売れないミュージシャンなんてもうコリゴリと思っていました。

 

 

そんな時、たまたま行った最近話題のアーティストのライブで、なんと彼を発見。
一生売れないミュージシャンだと思っていた彼が出生魚として帰ってきたのです。
楽屋に挨拶に行ったら、彼も香を覚えていて、抱きしめられ、感動の再会!と思いきや、彼にはもちろん本命のモデルの彼女が。
ダメ男と分かっていながらも、かつて本気で愛した彼を手放せない香。
果たしてそんな香は幸せな恋愛を手に入れることができるのでしょうか…。

 

 

プライドが高く、現実を直視できない「ダメ女」、山川香

美人なのに幸薄い感じのする女性は、残念なことに、大抵こういうダメ男にハマっていて時間を無駄にするケースが多いです。
しかも厄介なのは、ダメ男と分かっていても「自分が愛した男ならいつかは自分の元に来てくれるはず」という期待をずっと持っているということ。
変に自分に自信があるのがダメなんでしょうね。
そこそこイケてると思っているからこそ、プライドが高く、現実を直視できないのです。

 

 

男からしたら、こんなに都合のいい女性はいません。
なぜなら、「そこそこ美人な女が自分の気分が乗った時に無料で抱かせてくれる」からです。
しかも「本命彼女がいることは承知してくれている」ときたら、付き合ってくれないくせに、そんな都合のいい女をなかなか手放してはくれないでしょう。

 

 

時には甘い言葉とお金をかけ、抱いてくれる。
でもそれは「愛」ではないのです。
そのことに、なんとなく気付いていながらもなかなか吹っ切れない。
周りからの忠告は聞こえません。
いや、聞きたくないのです。
結局ボロボロになって振られてやっと気づくパターンが多い。
そのせいで、「ダメ男と付き合ってる女」ではなく、彼女こそが「ダメ女」になってしまうのです。

 

 

ちなみに榮倉奈々さんの結婚相手である賀来賢人さんは、2014年上半期のNHK連続テレビ小説「花子とアン」で、本作でも主役を務める吉高由里子さん演じる主人公・安東はなの兄・安東吉太郎役を好演するなど、名作に次々と出演する将来が有望な演技派俳優です。
そんな彼を射止めた彼女も、第 33回 日本アカデミー賞の新人賞を受賞したりと、言わずと知れたほどの輝かしいキャリアの持ち主です。
ダメ男に引っ掛かってしまう、幸が薄い香は、そんな幸せいっぱいで輝かしいキャリアを持つ榮倉奈々さんとは、状況がまさに真逆といえます。
だからこそ、この香役をどう演じてくれるのかがとても興味がわきますね。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
香という「残念な女」を新婚ホヤホヤの榮倉奈々さんという「幸せいっぱいな女」が演じる面白さがお分かりいただけたかと思います。
自分が幸せだからこそ、きっと客観的にダメ男に引っ掛かってしまう女を演じてくれるかと思います。
そんな香を見て、私たちもあくまで客観的に、「ダメな見本」として教訓としておきたいところですね。

 

 

また、鎌田倫子役の吉高由里子さんや鳥居小雪役の大島優子さんとのドラマの中での絡みも気になるところですよね。
同い年で仲のよい3人ですから、自然な仲のよさをみせてくれるのではないでしょうか!

 

それではここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

 - 2017年, 2017年1月期