鈴木亮平、東京タラレバ娘で吉高由里子にフラれたプロデューサーに!

   

2017年1月18日、話題沸騰中の作品、「東京タラレバ娘」の第1話がスタートしました。
「東京タラレバ娘」は東村アキコ先生の同名の原作をドラマ化したもので、原作は290万部を越えるスマッシュヒットを記録しています。
先日放送されたドラマの第1話も視聴率13.9%という高視聴率で今後がとても楽しみな作品ですね。

東京タラレバ娘のあらすじとキャストは!?

 

 

ドラ男
やっぱ原作が人気だと原作ファンが注目するから視聴率も伸びるよね!

 

 

そしてそんな今作に、鈴木亮平さんが主人公・鎌田倫子(吉高由里子)にフラれたプロデューサー、早坂哲朗役として出演しています。
鈴木亮平さんと言えば、最近いろんなドラマ・映画で引っ張りだこの超人気俳優ですね。
今回はそんな鈴木亮平さんが演じる早坂哲郎役とその人気の秘密に迫りたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

東京タラレバ娘に鈴木亮平が吉高由里子にフラれたプロデューサー役で出演が決定!

 

出典:公式HP

 

鈴木亮平さんと吉高由里子さんのカップルと言えば、誰もが思い浮かべるのがNHKの朝ドラ、「花子とアン」ですね。
「花子とアン」では夫婦役を好演した二人ですが、今回、鈴木亮平さんは吉高由里子さん演じるアラサー独身女性、鎌田倫子に昔フラれたことがあるお人好しなプロデューサー役を演じます。

 

 

2017年開始1か月で5作への出演が決定している大人気俳優鈴木亮平!

 

出典:公式HP

 

2017年が始まったばかりですが、鈴木亮平さんは開始1ヵ月で以下、5作への出演がすでに決定しているようです。

 

 

東京タラレバ娘(2017年1月18日 -、日本テレビ) – 早坂哲朗 役[21]

放送90年 大河ファンタジー「精霊の守り人II 悲しき破壊神」(2017年1月21日 – 放送予定、NHK) – ヒュウゴ 役[22]

銭形警部(2017年2月10日放送予定、日本テレビ) – 主演・銭形幸一 役[23]

銭形警部 漆黒の犯罪ファイル(2017年2月19日 -放送予定、WOWOW)

大河ドラマ 西郷どん(2018年、NHK) – 主演・西郷隆盛 役[24]

出典:wikipedia

 

 

すごいですね~。
今、一番熱い俳優であると言っても過言でないのではないでしょうか?
ではなぜこんなに人気なのでしょうか?
私が思うその理由3つをご紹介します。

 

 

ドラ男
この前は番宣で踊るさんま御殿にも出演してたよ!
俳優さんをバラエティ番組で見ると違和感が凄いよね!

 

スポンサーリンク

 

鈴木亮平が超人気俳優である3つの理由

 

 

鈴木亮平さんの人気、その秘密はこの3つにあると思います。

 

 

  • すごすぎる役者魂
  • 頭の良さ
  • 親近感のわく外見

 

それでは1つずつみていきましょう!

 

 

すごすぎる役者魂

まず、理由の1つ目は、すごすぎる役者魂でしょう。
先日、大島優子さんがカメレオン俳優であるというお話しをしましたが、 鈴木亮平さんも、カメレオン俳優であると思います。

大島優子、東京タラレバ娘で居酒屋「呑んべえ」の看板娘に!

 

 

特に、「俺物語!!」での変貌ぶりには目を見張りました。
こちらも大好きな原作であるのですが個人的に映画化には絶対反対でした。
なぜなら主人公である「猛男(たけお)」という現実離れしたゴリラ男を実写化して面白いものにするのは不可能だと思ったからです。

 

 

「俺物語!!」は、ストーリー自体はいたって普通の純愛物語なのですが、それをゴリラ男バージョンにしただけで、ここまで面白くなるのかというお話しです。
ですから、猛男の「ゴリラ男ぶり」こそが作品の要なのです。
主人公、剛田猛男は体重120キロで身長2メートルという設定です。
この役作りのため、鈴木亮平さんは体重をなんと30キロ増やしたそうです。
炭水化物とプロテイン中心の食生活にし、鍛えまくったようですが、並大抵の努力ではありません。

 

 

しかしその努力の甲斐あって映画自体のクオリティーもとても高く、私自身楽しんで観れましたし、評判もとてもよかったようです。
劇中の鈴木亮平さんはとても男らしく、筋肉むきむきで首までものすごく太くなっていました。
そのせいで鈴木亮平さんだとしばらく気づかなかったくらいです。
もちろん、外見だけではなく、猛男のピュアさや優しさを見事に演じてくれていました。
そんな役者魂が人気の秘密の1つであることは間違いないでしょう。

 

 

ドラ男
30キロ増やすって尋常じゃないよね…。
役者魂半端ないっす。

 

 

頭の良さ

そして2つ目はその頭の良さでしょう。
鈴木亮平さんは東京外語大学の中でも最難関といわれる外国語学部欧米第一課程英語専攻を卒業し、英検1級や世界遺産検定1級の取得者でもあります。

 

 

そんな博識さを活かして、博物館の特別展、「黄金のアフガニスタン-守りぬかれたシルクロードの秘宝-」のスペシャルナビゲーターを務めていたり、人気女性雑誌ananで『中学英語で世界一周 鈴木亮平×スティーブ・ソレイシィ』という旅先で使える英語表現を紹介している連載をしていたりします。
また、「嵐にしやがれ」「しゃべくり007」など、さまざまなバラエティ番組で饒舌にトークをしています。

 

 

知的で、トーク力のある男性はモテます。
そしてそれを鼻にかける感じではなく、面白く披露しているので、好感度が高いのでしょう。
知識に基づいたしゃべりは説得力がありますので、彼の頭の良さが人気な理由の1つであるといえます。

 

 

親近感のわく外見

そして最後に、彼の外見的な要素もその魅力の1つでしょう。
ものすごくイケメンというわけではありませんが、同じ職場に1人はいそうな、身近なイケメンなので、とても親近感がわきます。
近くにいそうな顔なので、ドラマや映画でも自分を主人公と置き換えて観ている視聴者にとっては説得力があります。

 

 

福士蒼汰さんや佐藤健さんといったイケメンピラミッドの頂点にいるような人が出ているドラマももちろん素敵です。
でも今回の「東京タラレバ娘」のような「アラサー女性のリアル」を描いた作品にとっては「リアルさ」が命です。

 

 

ある番組調査によると、男性の顔を一番重要視するといった女性は全体の20%以下でした。
そして経済面を重要視するといった女性は50%もいました。それほど、今の女性は現実的な方が多いのです。
ですから、ただのイケメンではなく、まじめで優しそうな外見を持つ、理想の「大人の男」である鈴木亮平さんの需要はますます増えていくでしょう。

 

 

東京タラレバ娘で鈴木亮平が演じるのはどんな役?

今作で、鈴木亮平さんが演じるのは主人公・鎌田倫子(吉高由里子)に過去フラれた経験を持つ敏腕プロデューサー、早坂哲朗です。

吉高由里子が東京タラレバ娘でドラマ復帰

 

 

地方から上京したばかりのダサ男であった早坂は、倫子にフラれてしまいますが、色々な経験を経て、地に足の着いた大人の男性へと立派に成長しました。
そして倫子とは今でも仕事を共にする仲間です。
自分のアシスタント、芝田マミ(石川恋)から「早坂さんって倫子さんのことが絶対好きですよね」と言われ、早坂から「2人で食事に行きませんか?」と誘われたことで早坂を急に意識する倫子。
「いい感じに成長した早坂さんなら、付き合ってもいいかも…。」とかなり気合いをいれて食事に向かう倫子でしたが、「実はマミちゃんのことが好きなんだ」と告白されてしまいます。

 

 

ドラ男
ドラマのなかでもあげて落とされる感じがすごかったね…。

 

 

倫子の気持ちにまったく気付かず、恋の相談をしてしまうような鈍感さは、いただけないですが、仕事ができて誠実で優しいところはまさに理想の大人の男。
そんな早坂役に、鈴木亮平さんはピッタリです
鈴木亮平さんは実生活で2011年に学生時代から付き合いのある年上の一般女性と結婚し、一児の娘がいます。
しかし、既婚者であり子持ちであるということに、ファンからガッカリされるどころか逆に好感度をあげています。
結婚によってより誠実なイメージが根付いたのでしょうね。
吉高由里子さんと共演した「花子とアン」でも、「誠実で理解のある夫」を演じました。

 

 

原作では、芝田マミとの恋愛は実らず、倫子と「傷ついた者同士だからできる恋愛」をしたいと言い、倫子との関係が再燃するのですが、ドラマの方ではどうなるのでしょうか?とても気になります。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は鈴木亮平さんの人気の秘密と今作での役どころをご紹介しました。
このような理由から、今後ますます活躍の場を広げていきそうな鈴木亮平さんが、リアルにいそうな大人の男性である早坂哲郎をどのように演じてくれるのか期待は高まるばかりです。

 

 

それではここまで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 - 2017年, 2017年1月期, 東京タラレバ娘