コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

カルテットの教会のロケ地はどこ!?軽井沢なの?調べてみた!

   

2017年1月からスタートしているドラマ「カルテット」、面白いですね。
1クセも2クセもあって視聴者を虜にしている気がします。

カルテットのあらすじとキャスト

 

 

それぞれマイペースな4人が夢を追ってカルテットを組んでいますよね。
そのカルテットドーナッツホールの4人が、教会で演奏するチャンスをもらいました。

 

 

どうして、教会で弾けるようになったのか。
そしてそのロケ地の教会はどこなのか。
そこを今日はチェックしていきましょう。

 

 

ドラ男
毎回の演奏シーンが本当に楽しみ!
僕みたいに演奏が楽しみで見てる人も結構いるみたいだよ!

 

スポンサーリンク

 

カルテットドーナツホールの4人が教会で演奏することになった理由

 

出典:公式HP

 

ドーナツ会社で働く別府司の同僚が結婚するということがきっかけです。
同僚が別府司にカルテットを演奏してほしいと頼みます。
その同僚の事が好きだったこともあり、1度は断ってしまうのです。
しかし、考え改まった別府司は演奏でお祝いしたいという気持ちになり、他の3人へ一緒に演奏してほしいとお願いしたのです。

カルテットに松田龍平が別府司役で出演!

 

 

「カルテット」のロケ地、第2話の教会はどこ?

 

出典:公式HP

 

この別府司の同僚の結婚式は第2話で放送されました。

 

 

ドラマ「カルテット」の舞台は軽井沢

このドラマ「カルテット」の舞台は軽井沢で繰り広げられています。
4人が住み込んでいる家も、もちろん軽井沢です。
4人がレギュラー出演しているライブレストラン「ノクターン」も、もちろん軽井沢の設定。
となると、今回の結婚式場も軽井沢なのでしょうか。

 

 

軽井沢というと有名な結婚式場がありますよね。
その中でも有名なのはこの2つかと思います。

 

  • 石の教会
  • 軽井沢高原教会

 

しかし、どうやら雰囲気やロケーションがこの2つの教会ではないと思いました。
ではどこにある教会で撮影されたのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

第2話、結婚式のロケ地は東京の昭島にあるフォレスト・イン 昭和館だった

 

出典:公式HP

 

なんと、ロケ地は東京都内にありました。
東京都昭島市にあるフォレスト・イン 昭和館というところ。
JR青梅線昭島駅から徒歩7分。
都市型リゾートホテルの敷地内にある教会です。

 

 

都内であるにもかかわらず、フォレストインというだけあり、教会は森の中にあります。
なんと2万坪の森を背に建てた独立型のガーデンチャペルでした。

 

 

ドラマでも際立っていたのは外の森の神秘的な雰囲気でしたよね。
チャペルの正面は全面ガラス張りのため、季節によって森の表情が変わるのでしょうね。
森の緑、そして外からの光が、2人を包み込む、そんな雰囲気のチャペルに感じました。

 

出典:公式HP

 

結婚式場を選ぶときに、まずは立地やお料理をメインに選ぶ方が多いと思います。
しかしやっぱり大切になるのは誓いを立てるチャペルですね。
厳かな雰囲気で行う結婚式は、やっぱりチャペルの雰囲気で随分印象が変わるものです。

 

 

こちらの教会は、誓いを立てるとき、お二人を祝福するために森の妖精たちも駆けつけてくれるようです。
外が見えるということで天気に左右されることがあるものの、自然光の光で2人を照らしてくれますね。
自然光を大切にし、温かい森の雰囲気がお好きなカップルにはとてもおすすめな教会だと思いました。

 

 

ドラ男
すごくきれいで雰囲気のいい結婚式場だったよね!

 

 

まとめ

 

 

2017年1月スタートのドラマ「カルテット」にて、とあるロケ地はどこにあるのか?と話題になっています。
それは第2話でカルテットドーナッツホールの4人が演奏した結婚式場です。

 

 

軽井沢を舞台にしているドラマのため、この教会も軽井沢になるのかと思いきや東京都内にありました。
フォレスト・イン 昭和館というリゾートホテルの敷地内の教会だったのです。
自然光に包まれる雰囲気での結婚式、4人の演奏の温かさとマッチしててとてもよかったと思います。

 

 

これからご結婚されるカップルはぜひご見学に行ってみてほしいものです。
それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年1月期, カルテット