コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

カルテットで高橋一生のランジェリーに書かれたウルトラソウルの意味って?

      2017/08/01

2017年1月からスタートしているドラマ「カルテット」でひときわ人気上昇中の俳優、高橋一生さん。
みなさんもご存知の俳優さんだと思います。

カルテットに出演中の高橋一生の色気たっぷりの画像まとめ!!

 

 

色気たっぷりな演技を披露していることで、視聴者がキュンキュンしていますね!
そんな高橋一生さんが、ドラマの中でランジェリー姿になりましたね!

 

スポンサーリンク

 

高橋一生演じる家森諭高がランジェリー姿になり奈々緒ポーズ

 

出典:公式HP

 

高橋一生さんが演じる家森諭高が、ランジェリーという単語を連発したのを覚えていますか?
満島ひかりさん演じる世吹すずめが、洗濯物を片付けているときに、家森諭高が唯一持っているランジェリーを暖炉のポイッとしちゃったのです。

 

 

ドラ美
だからこの日ランジェリーがなかったからノーパンだったんだね!
それで近くで買ったランジェリーを履いてアリパンになったんだね!

 

 

その後に、ライブレストラン「ノクターン」の控室で、自ら脱いでランジェリー姿になっていました。
その姿に女性陣は大興奮!
しかも、その時に見せたふくらはぎの筋肉にもキャーキャー言っている人も多かったです。

カルテットに登場するライブレストラン「ノクターン」のロケ地はどこ?

 

 

 

 

ドラ美
私も大興奮したよ
あんな細いのに筋肉がちゃんとついてるなんて、本当に体つきもイケメン!

 

 

奈々緒ポーズで見せたウルトラソウル

高橋一生さん演じる家森諭高がウルトラソウルのランジェリーを披露したポーズはなんと奈々緒ポーズといわれているアレでした。
やり方は簡単です。脚を交差させて前屈をします。
そしてお城を突き出すのが奈々緒ポーズと言われているんです。

 

 

https://www.instagram.com/p/BLcK50bAmfL/?taken-by=nanao_official

 

 

そう、まさに家森諭高がやったあのポーズですね。
そしてランジェリーに見えてきた文字が「ウルトラソウル」というメッセージ性の強い単語!
あれには笑いが止まりませんでした。

 

 

ウルトラソウルしたい

もう、本当にこのドラマ「カルテット」は言葉をうまく使っていますね!
みぞみぞという単語も生み出したドラマです!
そして今回は「ウルトラソウル」というものでした。

 

 

「ウルトラソウル」ってあのB’zの名曲ですよね。
久しぶりにききたくなりました。
聞くと元気になる曲がB’zのウルトラソウルなら、見て元気になるのが高橋一生さんのウルトラソウルランジェリーですね!

 

 

そして、言葉として誕生した「ウルトラソウル」。
家森諭高の「ウルトラソウルしてくる」ってなんやねん。
と突っ込んだ人もいると思います。
しかし、わかる人にはわかる、この単語。

 

 

 

 

ドラ男
僕も、今度「ウルトラソウルしよう」って誘ってみようかな!
ドラマ見てる子にしか通じないかな?
この言葉、すごくいいなー

 

 

ドラ美
B’Zのウルトラソウルだよね!
きっとB’Zさんもびっくりしたんじゃないのかな?

 

スポンサーリンク

 

予告から楽しみにしていた声

このウルトラソウルのランジェリーは、予告動画から放送されていました。
カルテットを見ている人は、この1週間とても楽しみにしていた人もいらっしゃるですね。
私も待ち遠しかった人の1人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

予告からニヤニヤしました。
そしてずっと1週間ニヤニヤしていました。笑

 

 

ドラ美
私も1週間このことばかり考えていたよ。
これを目標に1週間頑張っていたようなもんだし!

 

 

まとめ

 

 

2017年1月からスタートしているドラマ「カルテット」で高橋一生さんに人気が出ていています。
その高橋一生さんが予告から女性たちを大興奮させたのは、ウルトラソウルのランジェリー姿でした。

 

 

また、ウルトラソウルのランジェリー姿は、奈々緒ポーズで披露されました。
しかも、美脚の披露で、世の女性たちを、またまた虜にしたのでした。

 

 

これからも期待が集まりそうなだけに、今後の「カルテット」にも注目です。
そしてそのドラマ「カルテット」で繰り広げられる坂元裕二さんの独自の世界にも楽しませてもらいましょう。

 

 

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年1月期, カルテット