コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

カルテットで高橋一生が着用しているジャージはどこの?

   

2017年1月からスタートしているドラマ「カルテット」は4人のキャラがそれぞれで本当におもしろいです。
そんなキャラが表に出やすい部分として衣装が挙げられると思います。

 

 

今日はその中でも高橋一生さんが演じている家森諭高のジャージについて調べてみました。
欲しいという声が多く、注目されているアイテムの1つです。

 

スポンサーリンク

 

高橋一生着用ジャージはアディダス

ドラマを見ていると、高橋一生さんが着用しているジャージはアディダスのロゴがついていましたね。
しかしなかなか探し当てることができません。

 

 

探していたのは私だけではないようです。
私もかなり探しましたよ。

 

 

 

 

色違いどころか、このデザインが見つけ出すことができず、おそらく昔のデザインかな?と考えに至ったところです。

 

 

そして似ているデザインを探し出しました。
これが1番似ていると思いますし、色も同じ感じだと思いますよ!

 

 

http://www.netprice.co.jp/netprice/library/goods/713122/

 

 

定番でありながらもレアな色使いですね。
adidas originals スーパースター トラックトップという商品のようでした。

 

 

ドラ美
これにジーンズを合わせるだけでもかなりオシャレに見えるね!
この色を着こなせる人にはおすすめの1枚だと思う!

 

 

織物は、どんな時期にでも必需品アイテムとなってきました。
これだけインパクトが大きい1枚だと、みんなからの注目の的にもなれそうですね。

 

スポンサーリンク

 

ジャージの着方が新しいと話題に

高橋一生さんがドラマの中で着用しているジャージですが、着方が新しいと話題になっています。
ジャージの着方ってそんなに何種類もありましたっけ?

 

 

ジャージとパーカー

まさかのパーカーの上にジャージを着用しています。

 

 

ドラ男
あれ?
パーカーとジャージってどっちかというと同じ分類なので、同時に着るアイテムではなかったような気がする。

 

 

 

 

確かに独特な着用方法ですよね。
でもかなり有りだと思います。

 

 

パーカーのフードの部分をジャージから出して、帽子替わりにもしていますね。
また、このジャージがかなり個性的な色合いなので、パーカーのフードを使って色合いをくどくないように見せていました。

 

 

上下バラバラのジャージ

高橋一生さん演じる家森諭高は、まさかの上下バラバラのデザインを着用していますね。

 

 

 

 

これもかなり新しい着方だと思います。

 

 

ドラ男
これって基本上下お揃いで買うものだよね?
基本的には一緒に着るものだと思ってたけど、あたらしいなー。

 

 

でもこれも青とオレンジのジャージを上下お揃いで着用していたとしたら、それこそくどいどころか、何が何だかわからなくなりそうですね。
あえてデザインをはずすことで、おしゃれな部分を魅せています。
そして、このブルーのジャージを特に目立たせて着ることができていますね。

 

 

高橋一生のジャージ姿に興奮の声

高橋一生さんのジャージ姿に世の中は大興奮でした。
ツイッターでもタイムラインがジャージ姿のことについてで埋まっていました。

 

 

https://twitter.com/____888xx/status/828966367349010432

 

 

ジャージ姿も素敵ですし、この独特な色を着こなせる高橋一生さんが本当におしゃれで素敵ですね!

 

 

 

 

鼻血止まりましたか?
似合っていてカッコよくて、本当に素敵でしたね。

 

 

まとめ

2017年1月からスタートしているドラマ「カルテット」でかっこいいと話題の高橋一生さんの衣装について取り上げました。
衣装といってもただ1つ!
あの例のジャージです。

 

 

高橋一生さんのジャージ姿や新しいジャージの着方についてピックアップしています。
これからのドラマ「カルテット」でも高橋一生さんのおしゃれさが目立つシーンはあるのでしょうか。
楽しみが止まりません。

 

 

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年1月期, カルテット