コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

カルテットの満島ひかりがかわいい!今回はメイクに注目!

      2017/08/01

2017年1月からスタートしているドラマ「カルテット」はメンバー4人がカルテットを組んで生活しています。
カルテットのメンバーは男2人、女2人で構成されていて、明るく毎日生活していますね。

 

 

そんなメンバーの中の1人である満島ひかりさん演じる世吹すずめのメイクについて取り上げてみます。
彼女の性格や生活状況がわかるようなメイクになっています。

 

スポンサーリンク

 

満島ひかり演じる世吹すずめのメイク

 

出典:公式HP

 

満島ひかりさんが演じているのは世吹すずめです。
世吹すずめの生活といえば、寝てばかり。

 

 

チェロを演奏する時は人が変わったかのように、生き生きとするのですが、それ以外はいつも眠たそう。
そんな満島ひかりさん演じる世吹すずめは、ほぼ家から出る事もないので、ノーメイクに近いすっぴん風メイクで過ごしていますね!

 

 

すっぴん風メイク

満島ひかりさんがドラマ「カルテット」で演じている世吹すずめは、ほぼノーメイクに近いすっぴん風メイクです。
それは性格や生活状況を表しているわけですよね。

 

 

あまり外に出ないから、メイクをする必要もありません。
いつもメイクをしていると、逆にすっぴんとの差があるので余計にすっぴん風メイクなのでしょうね。

 

 

ライトアップされているライブレストランで演奏をするときはメイクしているので、その顔と普段の顔の差がでないように工夫されているんだと思います。
そんなノーメイクに近いすっぴんだからこそ、世吹すずめらしさも表現できているような気がしました。

 

 

少女漫画風メイク

そんな世吹すずめもガッツリメイクをしているシーンが放送されました。
それはガガ様風メイクともいわれている少女漫画風メイクで、かなり印象的でした。

 

 

感動のシーン直後の爆笑シーン

このドラマの良さの1つは、シーンによって視聴者の感情をコロコロ変えてくれるところだと思います。
この少女漫画風で爆笑した人も多かったはず。

 

 

ですが、注目したいのはその前のシーン。
高橋一生さんが不器用な父親役として感動の涙を流していました。
涙の理由は息子さんとのお別れでしたね。

 

 

あの涙には共感の声も多く聞かれました。
そのシーンからの突然の少子化問題として、このメイクが飛び出しました。

 

 

ドラ美
世吹すずめの衣装ってかなり個性的だから、漫画にも出てきそうだよね。
このメイクが似合っていると思ったのはそのせいからかな?
普段から目が大きいのに、こんなに目を大きく描くのは反則!笑

 

 

満島ひかりさん、髪型も個性的にまとめていて、とてもかわいかったですね!

 

 

 

 

本当に似合っていました。
実際にしてみたらどうなるんでしょう。

 

 

 

 

絶対家から出られませんね。
もしも荷物なんて届いた日には居留守を使うしかないような気もします。

 

 

オフショット

オフショットでも笑わせてくれますね。
この人たち大好き!

 

 

 

 

高橋一生さんの真顔にも笑えますけれど。
ハマってしまう人が多そうです。
目大きすぎます。

 

スポンサーリンク

 

満島ひかりのヘアメイクは別枠

実は満島ひかりさんだけ、ヘアメイクは別の人が担当しているんです。

 

 

あのかっこいいエンディング曲が流れているドラマ終盤で字幕が流れていますよね。
そこにヘアメイク藤井裕子と書かれていますが、満島ひかりさんは石川奈緒記さんと書かれているのです。
スタイリストも満島ひかりさんだけ別の人が担当されていますね。
これはなにかのこだわりでしょうか。

 

 

そんなヘアメイクさんが施すのが、このすっぴん風メイクでした!

 

 

まとめ

2017年1月からスタートしてるドラマ「カルテット」では、主要人物である満島ひかりさん演じる世吹すずめのメイクがかわいいと話題になっていました。
そんな話題になったメイクはすっぴん風メイク、そして少女漫画風メイクでしたね。
今日は満島ひかりさん演じる世吹すずめのメイクについてピックアップしてみました。

 

 

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年1月期, カルテット