ドラマ「カルテット」高橋一生のかっこいい?ところをまとめてみた!

   

ドラマ「カルテット」に出演中の高橋一生さんに注目が集まっていますね。
今までも多くのドラマ出演がありましたが、ここまで取り上げられているのは初めてではないでしょうか。

 

 

子役から芸能活動をしていた高橋一生さんですので、長年のファンの方も多そうですね。
今回のドラマ「カルテット」でファンになった人も多いと思います。

 

 

今日はそんな高橋一生さんのドラマ「カルテット」で魅せた魅力をたっぷりお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

高橋一生演じる家森諭高

 

出典:公式HP

 

 

ドラマ「カルテット」では高橋一生さんは家森諭高を演じています。
ちょっと一風変わった人間であることは、すでにみなさんご存知の事でしょう。

 

 

今日は高橋一生さんの魅力を家森諭高の演技でまとめてみたいと思います。

 

 

突然のキスが許される男

高橋一生さん演じる家森諭高はドラマ「カルテット」の初回で、開始5分にも満たないうちにキスシーンがありました。
それも、彼女とではなく、その辺で道を聞かれた相手にです。

 

 

信じられませんよね。
普段生活していれば、こんなことあり得ないことだと思います。

 

 

でも許されるのはドラマだから。
いえ、高橋一生さんだからです。

 

 

ドラ男
通常なら通報案件ですよ。

 

 

 

 

道を聞きたくなる女性、増えそうです。
気を付けてくださいね。
世の中、高橋一生さんは1人で、他はオオカミだらけですから!

 

 

 

 

現実そんなに甘くありません。
本当に気を付けてくださいね。
冷静に考えて、道を聞いてもキスは生まれません。

 

 

性格が面倒な男

ドラマ「カルテット」の初回には唐揚げにレモン事件がありましたね。
これが高橋一生さん演じる家森諭高がめんどくさい男だったシーン初回ではないでしょうか。

 

 

 

 

この唐揚げにレモンをかけることが、不可逆と言い、元には戻れないというんです。
言っていることはわかります。
しかし、だからなに?となるんですよね。笑

 

 

レモンがかかっている唐揚げが嫌なら食べなければいいんです。
そして唐揚げにレモンをかける、かけないで熱弁することが1番どうでもいいんです。

 

 

 

 

こだわりトークが毎回輝いているわけですが、これが高橋一生さんではなかったら、視聴者げんなりですよね。

 

 

 

 

高橋一生さんでなければできなかっためんどい男でしょうね。

 

 

美容室ではバイトリーダーの男

今はバイトもクビになって辞めさせられてしまったのですが、ドラマの序盤では、美容室でバイトをしていました。
30代となっても店長どころかバイトリーダーです。

 

 

 

 

そうですね、高橋一生さんになら、何されても怒らない気がします。
資格がなくても気にしない気もします。

 

 

そしてあんなイケメンに髪を触ってほしい女の子が増えています。

 

 

 

 

シャンプーしてほしいなんて、かわいらしい願望ですね。

 

スポンサーリンク

 

ノーパン男

パンツは1枚しか持っていないという高橋一生さん演じる家森諭高です。
ということは、洗濯をしているときは、常にノーパンであることがわかりますね。

 

 

高橋一生さんだから許されること、ここにもありました。

 

 

 

 

歓喜と悲鳴の差はとても大きいですね。

 

 

ドラ男
これは、通常ですと、通報案件の1つです。
高橋一生さんだからこそ許されている事を忘れてはいけませんね。

 

 

また、ノーパンの反対はアリパンという言葉も名言の1つですよね。
俺アリパン!とかいっちゃう人、増えていないことを願います。

 

 

ドラ男
アリパン、普通です。

 

 

パンツを履いたかと思いきや大胆な男

高橋一生さん演じる家森諭高は1枚しか持っていないランジェリーを世吹すずめに燃やされてしまいました。
不運な出来事でしたね。

 

 

そんな家森諭高でしたが、コンビニでランジェリーをゲットすることができました。
これしか売ってなかったっていうランジェリーにはウルトラソウルの文字。

 

 

 

 

このウルトラソウルランジェリーが家森諭高が唯一持っているパンツとなりました。

ドラ男
これしかパンツ売ってないコンビニってどこだよ!
ツッコミ満載だったよね!

 

 

ドラマの中でパンツ姿が許されるのは、これまた高橋一生さんだったからですよね。
素敵ではない男性のパンツ姿、しかも脱ぐシーンから、なかなか見たいとは思いません。

 

 

またそのウルトラソウルのランジェリーから高橋一生さんの肉体に目を向けると、程よい筋肉がついていましたね。

 

 

 

 

 

 

ムキムキ筋肉がいいという方もいますが、高橋一生さんに似合う筋肉は程よい程度の筋肉ですよね。
まさかドラマ「カルテット」で高橋一生さんのランジェリー姿を拝めると思っていた女性は少ないでしょう。
そしてそこから垣間見える筋肉をも見られて、幸せな気持ちになった女性は多いでしょうね。

 

 

ドラ美
ドラマって本来はみんなを幸せにする存在だよね。
良いことだらけのドラマ「カルテット」に感謝します!

 

 

まとめ

2017年1月からスタートしているドラマ「カルテット」に出演中の高橋一生さんが今までに増して人気爆発中です。
ドラマではめんどくさい役を演じながらも、視聴者をキャーキャー言わせています。

 

 

今日はドラマ内での高橋一生さんの素敵な人間性にスポットを置いてみました。
今後のストーリーではどんな高橋一生さんの一面が見られるのでしょうか。
ドラマからも目が離せなくなってきましたね。

 

 

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年1月期, カルテット