コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

カルテットに出演中の吉岡里帆に降板の声!本当?代役は誰?

      2017/08/01

2017年1月よりスタートしているドラマ「カルテット」は毎回謎めいた出演者たちに楽しませてもらえてますよね。
なかでも、かなり怖い存在となってきた吉岡里帆さん演じる淀君こと来杉有朱なんて、本当にいいキャラをしています。

 

 

ドラマを見ているといいキャラとか思う余裕はなく、怖い、ひたすら怖いと思いますけれどね。
そんな吉岡里帆さんに関する心配な噂を耳にしました。

 

スポンサーリンク

 

「カルテット」吉岡里帆が降板?

 

出典:公式HP

 

 

ドラマ「カルテット」に出演中の吉岡里帆さんに、降板の噂があるようです。
なんということでしょう。

 

 

あんなに好演の吉岡里帆さんが降板だなんて、全く信じられません。
まだ噂の段階ですが、煙のないところに火は立たない、実際のところどうなのでしょうか。

 

 

「降板」のキーワードで多く検索されている

吉岡里帆さんのことを調べようとすると、降板というキーワードが出てきます。
検索窓にキーワードを入力すると、降板と出てくるようになってしまったのです。

 

 

これは、吉岡里帆さんとと共に降板というキーワードで、数多く検索されているということなのです。
ということは、どこかに降板の情報が隠れているのでしょうか。

 

 

実際に降板はありえるのか

実際のところ、降板するのかしないのかはドラマ関係者でないとわからないことだと思います。
現在のところ、降板するという情報は見当たりませんでした。

 

 

実際にあり得るのかというとあり得ないことではないと思います。
例えば、こんなことなら降板はありえるのではないでしょうか

 

 

  • 軽井沢まで足を運んでのロケが難しくなった
  • 入院するほどの病気・ケガをした
  • 淀君役に没頭して自分自身がコントロールできなくなった
  • ドラマ関係者ともめ事があった

 

 

このようなことがもしあれば、ドラマ出演を続行するのは難しいですよね。
しかしこんな事実も耳にしません。
降板はありえるか、ありえないかと言われれば可能性としてはあり得なくはないと思いますが、それは限りなく0に近いことでしょうね。

 

 

今までにもドラマ放映中に降板した人はいた

実際に今までにドラマ放映中にドラマ出演を降板した人は多くいました。

 

 

NHK大河ドラマ「勝海舟」でがは勝役の渡哲也さんが急病で降板しました。
途中からは松方弘樹さんが代役を務めましたね。

 

 

『がんばっていきまっしょい』では内博貴さんが飲酒問題で降板。
代役となったのが田口淳之介さんです。

 

 

このように数を上げればきりがない降板問題ですがここ最近ではあまり聞かないようになりましたね。

 

スポンサーリンク

 

降板後の来杉有朱役は?

もしもこの降板という噂が本当であれば、今後の来杉有朱の役は誰が務めるのでしょうか。
キャラが怖い役なだけに、代役は難航しそうです。

 

 

代役候補

万が一、吉岡里帆さんが降板となれば、続きの来杉有朱役は誰が務めることになるのでしょうか。

 

 

  • 有村架純
  • 高畑充希

 

 

この2人も良いと思いましたが、これでは「いつかこの恋を思い出してしまう」が再結成されすぎますね。

 

 

  • 剛力彩芽
  • 広瀬すず

 

 

この2人もいいですね。
代役になるとすれば、若くてアイドルっぽい人でなくてはなりません。
それに加えて目が笑わない笑顔ができる演技派女優であることは必須になりますね。

 

 

現在の吉岡里帆さんのインパクトが強い分、かなり大変な代役になることは間違えなしです。

 

 

まとめ

2017年1月からスタートしているドラマ「カルテット」では、ジョーカーとまで言われている吉岡里帆さんが活躍されていますね。
そんな吉岡里帆さんですが、降板というキーワードでよく検索されていることがわかりました。

 

 

この降板という噂は、事実なのでしょうか。
今日は吉岡里帆さんのドラマ「カルテット」降板について書いてみました。

 

 

この噂がただの噂であってほしいとおもいます。
そして今後のドラマ展開でも来杉有朱役として、活躍を期待したいです。

 

 

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年1月期, カルテット