コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

左江内氏ではねこが使っていた財布はツモリチサト?ド派手なジャージは実は…

      2017/08/01

パロディや佐藤二朗さんの毎回のジョブチェンジなど、毎回楽しみが絶えない「スーパーサラリーマン左江内氏」。
今回は第5話ではねこが使っていた財布について取り上げてみたいと思います!

 

 

 

 

はねこを演じるのは元AKBのぱるること島崎遥香さん。
元AKBということもあってやはり話題性はバツグンですね。

 

 

また、ぱるるといえば「塩対応」ですが、ドラマ内でもお父さんにばっちり「塩対応」してますよね。

 

 

ドラ男
自分の娘にあんな態度取られたら悲しいだろうなぁ…。

 

 

ドラ美
でも女の子ってそういうものだよ?

 

 

ドラ男
…。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ぱるる演じるはねこのつかっている財布がかわいい!と話題に!

 

出典:公式HP

 

第5話にあった、島崎遥香さんが演じるはねこが、堤真一さん演じるお父さんにお金を渡すシーン。
そこではねこが使っていた財布がかわいい!!と話題になっています。

 

 

ドラマに出てくる衣装や小道具は良く話題になりますが、それがぱるるが使っていたものだとするとやっぱり気になりますよね。

 

 

左江内氏はねこが使っている財布のブランドはツモリチサト!

調べてみたところはねこが使っていた財布がこちらになります。

 

 

tsumori chisato CARRY

ご購入はこちら

 

 

たしかにかわいいですね。
はねこはまだ高校生のため、ハイブランドは買えないからお手頃な価格のお財布なんですね。

 

 

それにお父さんがあんな感じだと給料もたくさんもらっている、という風にも見えないですし…。
よくドラマに出てくる衣装は10万くらいするものが多いですが、この位の価格なら高校生の方もマネしやすいのではないでしょうか。

 

 

ドラ美
学校で自慢できるね!

 

 

オーディションの時に着ていたジャージがかわいい!!

また、衣装ネタ、ということで、第3話、ルージュパンクのオーディションのときに着ていたジャージについても取り上げてみたいと思います!
高校生の役、ということで、やはり私服が出て来ることが少ないですよね。

 

 

今回ぱるること島崎遥香さんが着用していたジャージがこちら
adidas アディダス
MHS97-BK6814-J/M [HM FLGM ジャージ レディース Mサイズ ステリーブルーS17]

 

ご購入はこちら

 

 

ドラマを見ていたときも思っていましたが、やっぱりド派手ですね。笑
これ着てたら「ぱるる意識してるっしょ!!」って思われちゃってもしょうがないかもしれません。

 

 

ドラ男
派手、奇抜、個性…。
うーん、どれもしっくりこない…。

 

 

スポンサーリンク

 

 

はねこのジャージには元ネタがあった!

元ネタ、というと語弊があるかもしれませんが、今回はねこが着ていたジャージは以前「ある人」が着て話題になっていたジャージなんです。
それが島崎遥香さんと同じく「元AKBの宮澤佐江さん」なんです。

 

 

どうやらこのジャージは以前宮澤佐江さんが着ていて「変なジャージ」として話題になっていたみたいですね。笑

 

 

 

 

確かに「ド派手」って言うのは見方によっては「変」ってことですよね。
ちなみに私は絶対に買わない柄です。笑

 

 

ドラ美
若くてかわいいから許されるんやでぇ…。

 

 

まとめ

さて、今回は「スーパーサラリーマン左江内氏」に出演中のぱるること、島崎遥香さん演じる「はねこ」の使っていた財布、そしてジャージについてお伝えしました。
ジャージはちょっと奇抜すぎるかな、と思いますが存在感はバッチリだと思いますので目立ちたい!というかたは是非購入してみても良いのではないでしょうか。

 

 

でもお財布はお求めやすい価格なのではないでしょうか。
しかも、はねこが高校生、ということでちょうど高校生、という方には特におすすめですよ!
ドラマにも出てましたし、ぱるるが使っていた、ということなので話題になること間違いナシです!

 

 

気になる方は是非チェックしてみてくださいね!
それでは、ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク

 - 2017年, 2017年1月期