【速報】水野美紀さん演じる森山蘭が歩けることが判明【奪い愛、冬】

   

2017年1月からスタートしているドラマ「奪い愛、冬」ですが、衝撃的事実が判明しました。
速報です。

 

 

なんと、水野美紀さん演じる森山蘭が、なんと歩けたのです。
今までずっと杖を使って歩いていた森山蘭が、ついに杖を捨てて階段を駆け下りました。

 

 

速報です。
速報をお伝えいたします。
水野美紀さん演じる森山蘭は歩けました。

 

スポンサーリンク

 

森山蘭、実は歩けた

 

出典:公式HP

 

 

ドラマ「奪い愛、冬」で足を怪我しているはずだった森山蘭さんに、衝撃的事実が発覚しました。
なんと、杖なしで歩けたのです。
あんなに足を執拗に引きずって歩いていましたが、それは嘘でした。

 

 

奥川康太に突き落とされそうになった瞬間、杖を捨てた!

「奪い愛、冬」5話で、森山蘭がいなくなれば、光は自分の元へ戻ってくると確信した奥川康太は、階段から突き落とすことを考えました。
そして、あと1歩というところで、森山蘭に振り向かれ気づかれてしまいます。

 

 

その時です、なんということでしょう。
恐怖のあまり、森山蘭は杖を捨て、階段をさささっと両足を使って駆け下りたのでした。

 

 

その瞬間を目撃した奥川康太は、いいネタを掴んだと思い、ニヤついていました。
何を企んでいるんでしょうね。

 

 

なぜ森山蘭は今まで杖をついて歩いていたのか

森山蘭は、なぜ今まで嘘をついてまで杖をついて足が悪いフリをしていたのでしょうか。
歩けてしまうとなにか問題があったのでしょうか。

 

 

森山蘭には足より失いたくない相手がいた

森山蘭には心から愛する森山信がいます。
そんな森山信を自分の近くに置いておきたいがために、足を失ったフリをしているのです。

 

 

森山蘭の足のケガは、森山信を通り魔から守った時にできた傷です。
その責任を背負った形で、当時付き合っていた池内光を捨て、森山信は森山蘭と結婚をしたのでした。

 

 

もし、自分が歩ける事を森山信が知ったら、森山信が自分から離れていくと思った森山蘭は、ずっと杖をつき歩けないフリをしていました。
自分の足を失ったとしても、森山蘭は森山信を失いたくなかったのです。

 

 

愛なのか、嘘なのか、森山蘭なりの醜い愛の形でしょうね。

 

スポンサーリンク

 

森山蘭、歩けた

森山蘭が普通に歩けたことについての視聴者の反応です。

 

 

 

 

歩ける事、実際勘付いているひとはいましたよね。
森山蘭が4人で行った流れ星に願ったことも、この足が動くということを森山信にバレないようにというお願いでした。

水野美紀演じる森山蘭が流れ星に願った秘密

 

 

どんな時も、杖をついて、足を引きずるように歩いていた森山蘭でしたが、ついにボロがでました。

 

 

 

 

自分の身の危険を感じてしまったとき、人間は防衛力が働いてしまうのでしょう。

 

 

まとめ

2017年1月からスタートしているドラマ「奪い愛、冬」ですが、初回からずっと杖をつかって歩いてた森山蘭がついにボロを出して歩けました。
歩くことだけではなく、実際は階段を駆け下りるシーンでの発覚でしたので、足はなんともないんだと思います。

 

 

杖がなくなることで、歩ける事がわかってしまえば、自分の元から森山信はいなくなると思っている森山蘭。
だからこそ、一生懸命この嘘を隠し通そうとしていたのでしょう。

 

 

自分の足を犠牲にしてまで、傍に置いておきたかったほど、森山信の事を愛しているのでしょう。
森山蘭は怖いだけの女性ではなく、切なく哀れでかわいそうな女性でもあったんでしょうね。

 

 

さて、ドラマの展開が気になり始めました。
森山蘭が歩けないことは、みんなに知り渡ることがあるのでしょうか。
それを知ったとき、森山信の反応はいかに。

 

 

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年1月期, 奪い愛、冬