コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

カルテット第6話で吉岡里帆は死んだ!?来杉有朱の生死を考察!

   

2017年2月21日、ドラマ「カルテット」6話は巻真紀と夫さん、巻幹生との結婚記念日に放送されました。
内容としては、この2人のすれ違いが生じてしまった理由、そしてそのせいで巻幹生が失踪した、という夫婦についてのストーリーでした。
そう、あのエンディングテーマ曲が流れるまでは…。

 

カルテットのエンディングがかっこいい

 

ラスト1分だったでしょうか。
そしてそれプラス次回予告で2分でしょうか。
とんでもない映像に衝撃を受けた視聴者たち。
大きな事件がありそうでした。

 

 

それは吉岡里帆さん演じる来杉有朱が転落死?したかのような事件がありましたね。
本当に死んだのでしょうか。
それとも生きているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

吉岡里帆演じる来杉有朱が死んだ?

 

出典:公式HP

 

ドラマ「カルテット」第6話の最後、吉岡里帆さんが演じている来杉有朱が死んだかのような映像が流れました。
カルテットの4人が住む家のベランダでしたね。

 

 

巻幹生に落とされ、吉岡里帆演じる来杉有朱は転落死?

どうやら、吉岡里帆さん演じる来杉有朱は4人の家に行き、ヴァイオリンを盗んで持ち出そうとしていました。
そのヴァイオリンは、「真紀ちゃんの!」と夫さんである巻幹生がヴァイオリンを奪おうとしました。

 

 

ヴァイオリンの奪いあいをしているとき、事故のようにしてベランダから転落死したように見えました。
巻幹生との戦いに負け、転落して死んだように描写されていたのです。

 

 

実際は吉岡里帆演じる来杉有朱は死んだ?生きてる?

結局のところ、吉岡里帆さんが演じる来杉有朱は死んだのでしょうか、それとも生きているのでしょうか。
私は、いくら図太い性格をしている来杉有朱でも、死んだかのように感じます。
それは、ドラマの中でこんな会話をしている夫婦がいたからです。

 

 

巻真紀「ベランダで脚立使っちゃダメって言ったのに。」
巻幹生「3階から落ちたくらいじゃ死なないよ。」
巻真紀「2階から落ちて亡くなる人だっているの。」
巻幹生「はいはい」

 

 

巻幹生がベランダから転落し、入院しているときに2人で話している時の会話でした。
巻真紀と巻幹生はマンションの303号室に住んでいます。
3階から落ちて死ななかった人ですね。

 

 

吉岡里帆さん演じる来杉有朱は、2階のベランダから転落しました。
セリフでいうと、2階から落ちて亡くなる人ですよね。

 

 

こういう会話を出してきたということは、来杉有朱は死んだんだと思います。

 

 

そもそも何をしに4人の住む家に行った?

吉岡里帆さん演じる来杉有朱はどうして4人の住む家に行ったのでしょうか。
あの家で転落死して死んだとなれば、あの家にさえ行かなければよかったんですよね。

 

 

鍵はどうしてもっていたのか

鍵はどのようにして手に入れたのでしょう。
自分で鍵を開けて家の中に入っていましたね。

 

 

鍵を手に入れた方法としては、カルテット4人がライブレストラン「ノクターン」で演奏中に鍵を盗んで複製したのが有力かと思います。
以前来杉有朱は、4人が演奏中に控室に勝手に入り、巻真紀の携帯を盗み見していました。
なので、簡単に合鍵を作るのは簡単かと思います。
まさか、高橋一生さん演じる家森諭高が合鍵を渡して、逢引していたとは思えませんので、勝手に合鍵を作った可能性が高そうです。

 

スポンサーリンク

 

巻真紀の楽器を抱きしめる来杉有朱の姿

4人の家に入り、来杉有朱は執拗に巻真紀のヴァイオリンを抱きしめていましたよね。
私は前回の放送のあと、予告動画を見てヴァイオリンを肩にかけている来杉有朱に目をつけていました。

 

 

しかしそれは、楽器を演奏したいのかな、カルテットのメンバーに入るのかな、そんな予想でした。
まさかヴァイオリンを盗むという発想には至りませんでした。

 

 

完全に窃盗でしたよね。
盗みに入っていました。

 

 

ヴァイオリンを盗もうとして、巻幹生に落とされたわけですから、このヴァイオリンが吉岡里帆さん演じる来杉有朱が死んだ鍵になりそうです。

 

 

なぜ吉岡里帆演じる来杉有朱はヴァイオリンが必要だった?

吉岡里帆さんが演じる来杉有朱はどうしてあのヴァイオリンが欲しかったのでしょうか。
あのヴァイオリンには何か特別なものがあったのでしょうか。
それともやはり売ってお金にしようとしていたのでしょうか。

 

 

巻真紀はカルテット4人の中で唯一プロとして活動していた過去があります。
なので、使っている楽器も高価なものだと推測できますよね。
実際に、満島ひかりさん演じる世吹すずめを恐喝したりしているので、お金は大好きなはずです。

 

吉岡里帆が満島ひかりを恐喝

 

しかし、家に勝手に入って盗むなんて、リスクが高すぎます。
カルテットのメンバーはお仕事をしていない人が多いとういことは、誰かが家にいる確率が高いんですよ。
実際満島ひかりさん演じる世吹すずめはいましたしね。

 

 

それでもお金が欲しい理由があるのでしょうか。
それとも楽器を奪ってカルテットドーナツホールの活動ができなくしたかったのでしょうか。
謎は未だに解けません。

 

 

まとめ

ドラマ「カルテット」で、なんと吉岡里帆さん演じる来杉有朱が死んだような描写がありました。
ジョーカー疑惑まであった来杉有朱ですが、ここで死んでしまうのでしょうか。

 

ジョーカーは吉岡里帆!?

 

ドラマの内容を見ていると、ベランダから転落し、死んだ説が濃厚に感じます。
しかし、これまでに相当な悪い女を演じてきた図太さがあるので、ここで死んでしまって今後の展開に絡まないということもさみしいですよね。

 

 

また波乱のラストを迎えたドラマ「カルテット」は、今後どのように進んでいくのでしょうか。
それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年1月期, カルテット