コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

カルテット好きなら常識?あの時の餃子は伏線だった!

      2017/08/01

ドラマ「カルテット」は、伏線の多いドラマですね。
時間軸もずれているという噂まであります。

 

 

今日は、ドラマ「カルテット」に出てくる餃子について伏線を考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

「カルテット」に出てきた餃子の伏線

 

出典:公式HP

 

ドラマ「カルテット」で餃子が意味深に出てきたシーンを覚えていますか?
私が発見できただけでも2か所ありました。

 

 

唐揚げにレモン問題でも、夫さんに絡む何かがありましたので、餃子も伏線があるのではないかと怪しんでいました。

 

 

ドラマ「カルテット」2話でブイヤベースを食べながら餃子の話題

ドラマ「カルテット」の2話の冒頭、軽井沢で4人がブイヤベースを食べていたのを覚えていらっしゃいますか?
おいしそうでした。

 

 

おそらく男性陣が作ったのでしょうね。
お腹がすいてくるほどの鮮やかなお料理になっていて、見ているだけでも体があたたまりそうでした。

 

 

しかし、そんなブイヤベースを食べているシーンで、家森諭高以外の3人が話題にしていたのが餃子でしたね。
ブイヤベースを食べているのだから、餃子の話をするなという家森諭高、ごもっともだと思いました。笑

 

 

無理して餃子の事を嫌いだとか言っていたりしましたが、ふと気づくとまた餃子の話をしている家森諭高以外の3人に、うんざりしている家森諭高。
このシーン、なにか意味深に感じていました。

 

 

ドラ美
私も何か餃子には秘密があると思ってた。
実際唐揚げとか餃子とか、美味しそうと思うだけではなかったってことだよね。
深いドラマだなー。

 

 

ドラマ「カルテット」夫さんが出て行った日の夕飯は餃子だった

ドラマ「カルテット」で夫さんが失踪した日の夜、巻真紀が作っていたのは餃子でした。
その餃子は、食べられることなく、夫婦は別々の道へと行ってしまいましたね。

 

 

餃子を作って、家にあるのにもかかわらず巻真紀はラー油を買いに行きました。
夫への想いや、夫婦の思い出の曲に耐えられなくなり、家を飛び出したのです。

 

 

そんな巻真紀と同じように、夫さんもすべてに耐えられなくなったのでしょう。
家を飛び出しました。

 

 

飛び出した先には巻真紀がいましたが、その後姿を見て、追うこともなく自分は別の方向へと逃げ姿をくらまし失踪したのです。

 

 

この餃子を食べなかったこと、それはどんな意味を成しているのでしょうかね。
夕飯が餃子の日に失踪したこと。
これにも理由がありそうです。

 

スポンサーリンク

 

餃子から見るドラマ「カルテット」の伏線

巻真紀が、こんなことを言っていますね。
昼から食べる餃子とビールは、人類の到達点です。
これって、餃子は到達点であり、そこが人類のゴールだと言っているのではないかと感じました。

 

 

例えば、夜ではありませんでしが、2話で餃子の話をしていましたよね。
それってブイヤベースを食べている今は人類の到達点ではないことを表しているのではないかと思います。

 

 

しかし、人生の到達点である餃子の話題をしているということは、この先にあるゴールの夢についての話題で夕ご飯を食べているような気がします。
そんな温かいシーンだったのでしょう。

 

 

そして、巻真紀の夫さん、巻幹生が家を飛び出し失踪した日、巻夫婦は餃子を食べようとしていました。
食べずに終わりましたね。
夫さんが失踪したからです。
その日の夕飯を食べることはありませんでした。

 

 

ということは、人類の到達点を目前に、到達点へたどり着くことがなかったのです。
むしろ、自ら到達点へ行くことを拒否したかのようにも感じます。

 

 

夫さんの限界点だったのかもしれませんね。
そういうことを表したかったのでしょうか。

 

 

別の見方「紅と白」という考え方

餃子を白に見立てて、対比をさせていると言う考え方もできますね。

 

 

例えば2話で4人が食べていたものと話していた内容。
ブイヤベースをを紅に見立てると、餃子の話題は白を表現しています。

 

 

夫さんが失踪した日に作りかけていた餃子も同じように考えることができますよ。
餃子を白、そして巻真紀が家にあるにもかかわらず買いに行ったラー油を紅とする。

 

 

身の潔白を白、そして殺人を血のいろ紅としても考えることができますよね。

 

 

実際に、別府司と九条結衣もカラオケで歌っていた曲も対比が使われていました。
スピードの大ヒット曲、White Loveを白と見立てると、X JAPANの紅は紅ですね。
その2曲を歌っているわけですから、この対比表現で2色を使っていることは明らかでしょう。

 

 

まとめ

2017年1月からスタートしているドラマ「カルテット」では、いろいろな伏線が考えられるようになりました。
今日はその中の1つ、餃子についてとりあげています。

 

 

何かと登場している餃子、これは最終的に何を表すのでしょうか。
最終回まで目が離せないドラマの1つですね。

 

 

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年1月期, カルテット