コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

カルテットの7話で使われた劇中曲一覧!車で家森と有朱が歌ってたのは…。

      2017/03/22

2017年1月からスタートしているドラマ「カルテット」の劇中曲を紹介します。
今日ご紹介するのは7話です。
これまでのもご紹介しているので、こちらも見てくださいね。

 

 

劇中曲〜4話

劇中曲5話

 

 

世吹すずめがソロで弾いていた曲や、家森諭高が来杉有朱と一緒に熱唱していた曲も紹介しますよ。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ「カルテット」の劇中曲

 

出典:公式HP

 

 

ドラマ名が「カルテット」というだけあり、ドラマの中には音楽がたくさん出てきます。
これまでにもご紹介してきたとおり、今日は7話の劇中曲をご紹介します。

 

 

軽井沢音頭

中山晋平作曲
軽井沢音頭

 

 

 

 

これ、いつ出てきた?と思われる方がいると思います。
それは、家森諭高と来杉有朱が車の中で熱唱していた曲ですね。
笑えました。

 

 

ってか何?状態でしたけど!笑
2人で仲良く歌っていてほほえましかったですね。

 

 

それにしても、なかなか高橋一生さんの運転する姿は見られませんね。
息子を取り返しに行ったときくらいでしょうか?
この熱唱シーンも来杉有朱が運転していました。

 

 

ドラ男
ねぇ、ドラ美ちゃん。
今度夏休みに軽井沢行こうよ!

 

 

ドラ美
うん。
盆踊りしたいよね!

 

 

ドラ男
お、いいねー。
浴衣来て盆踊り!

 

 

ドラ美
よし、決定!
軽井沢音頭デートね!

 

 

青春の光と影

Joni Mitchell作曲
青春の光と影
both sides now

 

 

 

 

これは、世吹すずめが1人で軽井沢の家で弾いていましたね。
何かに憑りつかれたように、急に思い立って弾き始めました。

 

 

それが、この曲。
歌詞が付いていて、また哲学的なんです。
一部ですがご紹介しますね。

 

私はたくさんのことをするつもりだった。
でも雲が私の行く手をふさいだ。

 

 

別れるときは笑顔を残して相手が傷つかないように自分の本音は伝えない。
日々暮らしていく中で、生きていると得るものもあるが失うものもある。

 

 

こんな切ない歌詞がちりばめられているんです。
1曲すべてを翻訳すると、また変わった見方ができます。

 

 

しかしドラマ「カルテット」の世吹すずめ目線で見てみたところを抜粋しました。
何度聞いても、何回も聞きたくなる名曲ですね。

 

スポンサーリンク

 

カヴァレリア・ルスティカーナ

マスカーニ作曲
カヴァレリア・ルスティカーナより間奏曲

 

 

 

 

こちらは6話で巻夫婦を表す曲として流れた切ない曲でした。
今回7話でも、夫婦を描くシーンで使われていましたね。

 

 

カヴァレリアルスティカーナで巻夫婦を表現

 

 

やっぱり巻夫婦は2人で幸せになれないんだ、と思ってしまいました。
この美しい旋律が、本当に切なく悲しい音楽に聞こえてきますね。

 

 

Music For A Found Harmonium

民謡
Music For A Found Haemonium

 

 

 

 

実際にドラマ「カルテット」で演奏されているクァルテットパパスの演奏を見つけました。
ドラマで聞ける演奏そのまま、本物ですよー。

 

 

最近はドラマの中で、落ち込んだらこれを演奏して元気を出そう的なシーンで流れますよね。
聴いている私たちも体が自然にリズムに乗ってくるような曲になっています。

 

 

7話での演奏は、世吹すずめと巻真紀の2人での演奏でしたね。
ヴァイオリンの旋律と、チェロのベースの支えで、しっかり曲として成り立っていました。

 

 

まとめ

2017年2月28日に放送されたドラマ「カルテット」7話で流れた劇中曲をまとめました。
今回びっくりしたのは、謎の熱唱です。
家森諭高と来杉有朱の軽井沢音頭でした。

 

 

また、世吹すずめのソロも完全に泣かせに来てくれましたよね。
これを機にブームがきそうな気がしました。

 

 

次週8話もまた、まとめますね。
それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

ドラマ「カルテット」の動画もう一度ご覧になりたい方はこちらの記事もどうぞ。

ドラマ「カルテット」をもう一度見る方法。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年1月期, カルテット