コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

カルテットでお馴染み「愛してるけど好きじゃない」夫婦が急増中!?

   

2017年1月からスタートしているドラマ「カルテット」で気になる発言がありました。

 

 

それは「愛してるけど好きじゃない」です。
巻幹生が居酒屋で元同僚に愚痴った言葉でした。
阿部力さんがちょっとだけ写ったシーンですね。

 

 

西村役の阿部力

 

 

そしてこの「愛してるけど好きじゃない」というもの、巻夫婦が陥ってしまった現象ですね。
これってどういうことなのでしょうか。
そしてそれを象徴するシーンをドラマ「カルテット」で見てみましょう。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ「カルテット」の巻夫婦で見る「愛してるけど好きじゃない」

 

出典:公式HP

 

ドラマ「カルテット」で巻夫婦から見られた「愛してるけど好きじゃない」を見てみようと思います。
結婚しても恋人同士でいたかった巻幹生が言った言葉が、ドラマの中でしっかり表現されています。

 

 

元カノとはご飯に行くけど家への誘いは断る

巻幹生の元カノ、水嶋玲音が登場してきましたね。

 

 

水嶋玲音役の大森靖子

 

 

映画を見た後、2人でご飯に行きました。
端から見ればとってもいい関係のように見えましたよね。

 

 

巻真紀と一緒にいる巻幹生より、生き生きしていて楽しそうでした。
笑顔も素敵だったように思えます。

 

 

しかし、その後に家に来ないかという元カノの誘いには、全く応じませんでした。
それは、巻真紀を愛しているということを表現したのでしょうね。

 

 

好きな人がいないから、ごはんには行ける。
しかし、愛している人がいるから、家には行けない。
こういうことだと思いました。

 

 

元カノのペットが死んだとき慰められない

元カノからのLINEがきました。
それは、元カノのペット、猫のギロチンが亡くなったという内容でした。

 

 

落ち込む巻幹生でしたが、LINEの返信は、慰めることができないという内容でした。
これも、巻夫婦の「愛してるけど好きじゃない」が現れていますね。

 

 

好きな人がいないからLINEのやり取りをする。
愛している人がいるから、慰めることはできない。

 

 

身近にあふれる愛してるけど好きじゃない

夫婦ってそもそもなんなのでしょう。
巻夫婦も、本当に夫婦って言えるのでしょうか。

 

 

カルテットに学ぶ夫婦とは?夫婦の恋愛について

 

 

夫婦の恋愛、それって愛なのか恋なのか、難しいところではありますよね。
それは「愛してるけど好きじゃない」っていうことではないんでしょうか。
私たちの周りにも、「愛してるけど好きじゃない」ってあふれているんですよ。
気付いていましたか?

 

 

嫌いじゃないけど、別れよう

 

 

これも1種の愛してるけど好きじゃない、に当てはまると思います。

 

 

例えば、愛している?と聞いて、たぶんと答えるのも、ある意味そういうことでしょうね。
愛しているんだけど、好きじゃないっていう感覚は、本当に愛しているのかわからなくなってしまった。
その結果が、愛している?の問いに、たぶん、やわからないと答える人がいるのでしょうね。

 

 

愛しているのに抱けない、これも「愛してるけど好きじゃない」ですよね。
愛しているから一緒にいる。
でも好きじゃないから抱くことはできない。
切ないけれど、実際にこういうカップルや夫婦が実在しているんです。

 

 

恋人同士の夫婦を目指すのか、家族としての夫婦を目指すのか、それが相違していると、こんな現象になってしまうのかもしれませんね。
「愛している」と「好き」は違うんです。

 

 

まとめ

2017年1月からスタートしているドラマ「カルテット」は夫婦の奥深いところも描かれていて胸に響いている人も多いのではないでしょうか。
そんな中、居酒屋で巻幹生が「愛してるけど好きじゃない」と会社の元同僚に巻真紀のことを愚痴っていました。
それを巻真紀は聞いていたのです。

 

 

そんな引っかかる言葉、「愛してるけど好きじゃない」をドラマ「カルテット」の巻夫婦で見ていきました。
この世の中にも、「愛してるけど好きじゃない」案件ってたくさんあるように感じます。

 

 

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年1月期, カルテット