コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

カルテットの時間軸がずれてる気がしたからまとめたけどずれてなかった

      2017/08/01

2017年1月からスタートしているドラマ「カルテット」ですが、私も以前時間軸について記事を書かせていただきました。
今回の記事は前回の記事を受けての内容になるので、まだ見ていない方は先にそちらを見てからだとわかりやすいかと思います。

 

 

カルテットの時間軸がずれてる気がしたからまとめたらやっぱりずれてた

 

 

SNSを中心に、ドラマ「カルテット」の時間軸がズレているということが話題になりましたよね。
伏線がちりばめられているドラマだけに、携帯電話がアップで写っていたりすると、気になる視聴者も多かったようです。
しかしこの時間軸、ずれてなかったという情報が入ってきました。

 

スポンサーリンク

 

公式ツイッターが謝罪?弁解?お詫び?

出典:公式HP

 
ドラマ「カルテット」の公式ツイッターアカウントが5つ分のツイートで、こんなお詫びの文章をツイートしていました。

 

 

いつもカルテットをご覧頂き、本当にありがとうございます。
毎回、皆様からの貴重なご意見やご感想を読ませて頂いております。
その中で、ここ最近、「カルテット時間軸ズレてる問題」というのをよく目にするようになり、ハラハラしながら見守っていたのですが、あまりにも広がっていくのを黙って見ていられず、どうにか食い止めたく思いました。
第6話で、別府さんの携帯画面に映されていた2月6日という表記、および家森さんの携帯画面に映されていた時刻は、私達の単純なミスです。
本当に申し訳ありませんでした。
ドラマは基本的に第1話から時間順に進んでおります。
つまらないミスで、楽しんで観てくださっている皆様に誤解を与えてしまい、心よりお詫び申し上げます。
軽井沢は時に突然雨が降り、諭高は単に食べたかったから鮭茶漬けを食べ、真紀は久しぶりに自宅に帰り、気付いた時に、カレンダーを変えたのだと思います。
本来作り手は、作品の中で伝えたいことの全てを伝えるべきですし、100人100様の楽しみ方ができるドラマでありたいと強く思っているので、こんなやり方は邪道だと思いますが、この後も皆様に楽しく観ていただきたいと思い、長々と書かせて頂きました。
3月21日の最終回まで、最後まで皆様に楽しんで頂けるよう、キャスト・スタッフ一同、全力で制作に取り組みますので、これからもカルテットを愛してくださると嬉しいです。
何卒宜しくお願い致します。
長文失礼致しました。
2017年3月2日 「カルテット」プロデューサー 佐野亜裕美

出典:公式ツイッター

 

 

これには賛否両論ありましたよね。
単なるミスだったということで、SNS利用者が、制作のあらさがしをしていたかのようにも感じ取れますが、それがこのドラマの面白さだとも思えます。

 

 

設定が細かいが故、これってもしかして仕掛けなの?と思った人がいるということです。
それってすごいことだと思いませんか?
風に考えて時間軸をズラしてドラマが制作されていただなんて気にしたこともありませんでした。

 

 

だからこそ、この公式ツイッターは謝罪する必要ってなかったのではないかな?と思います。
単なるミスなので、時間軸説はないです。
この一言でお詫びだなんてしなくてよかったのではと思います。
訂正でよかったと思うんです。

 

 

だって、カルテットファンは時間軸がミスであってもこのドラマを楽しんでいます。
楽しませてもらえているんですから、いろいろとやかく言う人はいないはずです。
こうして異例の放送中でのミスを発表するというドラマ「カルテット」がまた好きになりました。

 

スポンサーリンク

 

伏線と時間軸と巻き戻しの違い

さて時間軸説が公式ツイッターで否定されましたが、このドラマ「カルテット」には伏線と巻き戻しがあふれていますね。
伏線はともかく、巻き戻しと時間軸のズレ、これって何の差があるのでしょうね。

 

 

巻き戻しについても、いろいろと書いておりますので、こちらの記事もぜひご覧ください。

 

 

巻き戻しが伏線?

 

 

まとめ

2017年1月からスタートしているドラマ「カルテット」はドラマの中に仕掛けが多く隠されているドラマですよね。
実際にいろいろな伏線を回収しているものも多くあります。

 

 

その中の仕掛けとして、時間軸がズレているのではないかという問題がありました。
すると公式ツイッターがそれに対して否定をしたのです。
ミスを認め謝罪をしていました。

 

 

今日はそちらについてまとめてみました。
それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年1月期, カルテット