A LIFE~愛しき人~9話に出てきた三条さんを演じるのは誰?

      2018/01/31

とうとう壇上深冬の手術も目前になってきたドラマ「A LIFE~愛しき人~」。
手術の前に木村拓哉さんが演じる沖田一光はかなりピリピリしてきましたね。
壇上深冬の手術を自分ではなく旦那であり、副院長の壇上壮大がやることが納得いかないのでしょう

 

 

シアトルに帰ってもいいから、とまで言われては、男としては黙っていられないですよね。
さて、今回はそんな木村拓哉さん!ではなく、今回木村拓哉さんに怒られまくっていた三条千花を演じた咲坂実杏さんについて取り上げてみたいと思います。
ネット上でも三条さんが可愛い!と話題になっているみたいです。

 

 

 

それではいってみましょう!

 

スポンサーリンク

 

A LIFE~愛しき人~の三条さんがかわいいと話題に!

今回、ドラマ「A LIFE~愛しき人~」では壇上深冬の手術を前に大御所の政治家の手術が壇上記念病院に舞い込んできます。
そして珍しく壇上壮大が手術をしましたね。

 

 

ドラ男
壮大のオペ初めて見たけど、やっぱり副医院長だけあってすごいんだねー。

 

 

ドラ美
ね、ただの浮気野郎じゃなかったね。

 

 

そのため、いつも沖田一光のオペナースをつとめていた柴田先生がこの政治家の大御所の手術をするため沖田先生のオペナースを外れることになりました。
そこで柴田先生の代わりに沖田先生のオペナースをつとめることになったのがこの話題になっている三条さんです。

 

 

 

 

今回沖田先生が担当する手術もとても難しいものであったため、オペナースが柴田先生では無いことに怒りを隠しきれない沖田先生。

 

しかし、外科部長の及川光博さんが演じる羽村圭吾が「いつだってベストのメンバーでオペができるわけではない」、と諭し、仕方なく三条さんとオペに望むことになりました。

 

 

いつも一緒にオペをしているわけではないためやはり息が合わず、珍しく沖田先生がかなり三条にキツくあたっていましたね。
松山ケンイチさん演じる井川颯太がこれまた珍しくかなり沖田一光先生に詰め寄っていましたね。
ネットでも、井川先生にかなり賞賛の声が上がっていましたね。

 

 

 

 

そこから井川先生や柴田さんの協力もあり、かなり努力をした三条さんは、手術中のトラブルにも冷静に対処し、結果として沖田先生を助けることになりました。

 

沖田先生も、三条さんに「ありがとう」としっかりとお礼を言っていましたね。
このときの三条さんの笑顔がすごく可愛いと話題になっていました。

 

 

 

 

 

 

今までメインで出てきた役では無い為、あまり目立ってはいませんでしたが、今回の三条さんはすごく可愛かったですよね。
そこでこの三条千花を演じているのが誰なのかを調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

A LIFE~愛しき人~第9話で三条千花を演じたのは?

今回ドラマ「A LIFE~愛しき人~」で三条千花役を演じたのは咲坂実杏さんという人のようです。
実は私はあまり咲坂実杏さんのことをよく知らなかったので今回ちょっと調べてみました。

 

 

ドラ男
オペ終わった後の顔めちゃかわいかったなー…。
一発でファンになっちゃった。

 

 

ドラ美
おーい

 

 

三条千花を演じる咲坂実杏ってどんな人?

咲坂実杏さんはスターダストプロモーションに所属する女優さんみたいですね。
まだ、メディアの露出もそこまで多くは無いみたいですが、やはりそのかわいさから結構熱烈なファンが多いみたいです。

 

 

 

 

 

 

テレビ番組では、 「痛快TV スカッとジャパン」やUSJに新しくできた、「名探偵コナン」のCMなどにも出演していたみたいです。

 

今回出演するこのドラマ「A LIFE~愛しき人~」で一気に有名になったと思いますので、これからメディアの露出が一気に増えるといいですね。

 

 

まとめ

それでは、今回はドラマ「A LIFE~愛しき人~」第9話に出演していた三条千花を演じていた咲坂実杏さんについて取り上げてみました。

 

いつもはメインで登場する役では無いのですが、この終盤で取り上げられただけあって、みんなの注目もなかなか大きかったみたいですね。
まだ若く、これから先が長い女優さんなのでこの作品を踏み台して大きくなって欲しいですね。

 

 

さて、来週はいよいよあの物語のメイン壇上深冬の手術が行われます。
果たして手術は成功するのでしょうか。

 

 

またこの病院を追われた壇上壮大はどうなるのでしょうか。
来週まで落ち着かない一週間が続きそうですね。笑
それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 - 2017年