コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

【追記】カルテット第9話に登場したアイスの棒?のドミノの正体は?

      2017/08/01

ドラマ「カルテット」9話で、すごくド派手なドミノ倒しがあったのを覚えていますか?
でもあれ、ドミノより存在感があって、ド派手すぎましたよね。
あれって何なのでしょう。
ご存知の方、いらっしゃいましたか?

 

※2017年3月22日追記
公式が公開してくれた動画を追加しました!

 

スポンサーリンク

 

カルテットでアイスの棒でドミノをしていた

出典:公式HP

 

 

「カルテット」9話の中で、巻真紀と世吹すずめがド派手なドミノ倒しをしていましたね。
あれって、実はスティックボムというそうです。
世界の果てまでイッテQにも登場したようです。

 

 

スティックドミノと言ったり、クロスボムといったり、様々な言い方があります。
しかし、一番定着している言い方はスティックボムです。
スティックはアイスの棒を表しているのでしょうね。
クロスボムのクロスは、並べ方を象徴していそうですね。

 

 

ドラマの中でスティックボムをやっていたとき、泣いた後でしたがとっても楽しそうでニヤニヤしました。
とっても楽しいシーンになりました。
巻真紀と世吹すずめも、楽しそうに追っかけていました。
そして世吹すずめは動画を撮っていましたから、思い出作りをしたかったのかもしれませんね。
2人の笑顔がほほえましかったです。

 

スポンサーリンク

 

スティックボムを購入する方法

さて、スティックボムってどうやったらできるのでしょうか。
市販で売ってありましたよ、アイスの棒でドミノをするグッズ。

 

 

食べ終わった後のアイスの棒で行うと、虫が出てくる可能性があるので、こういうキットを使うのがよいでしょう。
それに、食べ終わった後のアイスの棒だと、カビてくる可能性もありますからね。
衛生的にもおすすめするのは市販のキットでのアイス棒で行うやり方です。

 

 

楽天

スティックボムのセットがなんと楽天で売っていましたよ。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スティックボム DX
価格:17999円(税込、送料別) (2017/3/15時点)

 

 

 

すごい!
これ楽しそうですね。

 

 

でも結構お高めの値段になっています。
けどこれ払ってでもやってみたいです!

 

 

派手なことが好きな人は楽しそうです。
結婚式の余興で全員でやってもいいですよね。
挙式のリングリレーとかも工夫をしたらできるような気がします。

 

 

アマゾン

アマゾンでも売っているのを発見しました。
なんか箱を見るだけでテンションが上がります。

 

 

 

 

こちらは、楽天で買うよりも少しお安めに購入できそうですよ。
アイススティックが魔法をかけてくれる遊びって感じがしますね。
ドミノ倒しよりド派手でかっこいいです。

 

 

ドラ男
これさ、できたらめっちゃかっこいいよね。
僕モテちゃうかもなー。
どうしよう。
バレンタイン終わったのが残念だなあ。

 

 

ドラ美
今日ホワイトデーだよ。
ドラ男くん。
何かちょうだいよ!

 

 

ドラ男
じゃぁこのスティックボム買って2人でやろうか。
楽しそうだもん。

 

 

【3月22日追記】公式が公開してくれたドラマで録っていた動画

皆さん覚えていますか、このスティックボムで遊んでいた時に満島ひかりさんが演じる世吹すずめが動画を録っていたこと。
やはり、視聴者からのリクエストが多かったのでしょう。
公式が要望に応えて動画を公開してくれました。
その動画がこちらです。

 

 

我々視聴者の要望にこんなにしっかりと応えてくれるドラマはなかなか無いのではないでしょうか。
本当にありがたいですね。

 

 

まとめ

2017年1月から放送されているドラマ「カルテット」の9話で、面白いドミノをしていましたね。
ドミノの地味さはなく、ド派手という感じでした。
何かと思って調べてみたところ、スティックボムという遊びのようですよ。
楽天やアマゾンで購入できますので、ぜひ遊んでみてください。

 

 

お子さんがいらっしゃる家庭のお父さんなど、これをやっていたらヒーローになれるかもしれません。
ホームパーティでやったら盛り上がりそうですよ。
それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年1月期, カルテット