コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

カルテット、来杉有朱はクビになり不思議の国に帰った!?

      2017/08/01

とうとう来週が最終回となってしまったドラマ「カルテット」。
今回は最終回へとむけて様々な謎が明らかになってきましたね。
そんな中、ネット上で話題になっていたのは、もちろん吉岡里帆さんが演じる来杉有朱です。

 

 

なんと、あの来杉有朱働いていたノクターンを解雇されてしまったのです。
その辞め方がなんとも来杉有朱らしいとゆうか、まぁ…。
今回はそのあたりを中心にまとめてみました。

 

 

まだカルテット第9話を見ていないという方は、こちらで見逃し配信の無料視聴方法をまとめていますのでどうぞご覧ください。

 

カルテット第9話の見逃し配信動画を無料で視聴する方法

 

スポンサーリンク

 

来杉有朱が谷村大二郎を誘惑!?

出典:公式HP

 

 

来杉有朱がノクターンを辞めるそもそもの原因となったのは、サンドウィッチマンの富澤たけしさんが演じる谷村大二郎とのワンシーンでした。
それでは、詳細をお伝えしますね。

 

 

株?をやっていた来杉有朱

場面は、ノクターンの楽屋でした。
この楽屋も、カルテットのメンバーからしたら、たくさんの思い出が詰まった場所ですよね。

 

 

この楽屋で、携帯を見ながら何やら落ち込んでいる来杉有朱。
その画面を見てみると、なんと株のチャート?の画面でした。

 

 

満島ひかりさんが演じる世吹すずめを恐喝したり、巻真紀や別府司のバイオリンを売ろうとしたり、なにかとお金を欲している感じが強い、来杉有朱ですが、なんと株にも手を出していたんですね。
しかも、大勝ちしているわけではなく、チャートを見ている限りでは、大負けしているように見えました。

 

 

自らヒールを折り修理を依頼

そんなところに、富澤たけしさんが演じる谷村大二郎が来ました。
八木亜希子さんが演じる谷村多可美を探しに来たのです。

 

 

落ち込んでいた来杉有朱ですが、この時に何かまた悪いことを企んだのでしょう。
楽屋を出ようとした谷村大二郎を引き止めます。
そして引き止めるのと同時に、自らがはいていたヒールのかかとを手で折りました。

 

 

そして、谷村大二郎にヒールの修理をお願いし、その間褒めちぎる作戦に出たのです。
谷村大二郎がシェフを務めるお店のノクターンを褒め、さらに谷村大二郎の肩幅を褒め始めました。

 

 

ドラ男
サンドウィッチマンの2人はラグビー部だったから当然肩幅が広いよね。

 

 

ドラ美
うんうん、肩幅広い人って頼りがいがあるよね。

 

 

肩幅が広いことを褒めると同時に、かなり激しいボディタッチが始まりました。
そして、ここで以前世吹すずめに教えた恋愛講座が出てきたのです。

 

 

まずは、「疲れちゃった」、と言って谷村大二郎の肩に手をおきました。
これはですね。
そして次に「最近寂しくって」、と傍に寄ります。
これは雨に濡れた犬ですね。
そして最後に「あのね、大二郎さん」と詰め寄ります。
これが仕上げのですね。

 

 

そして仕上げの虎からもペットボトル1本分の距離を保ち続ける、と言う世吹すずめに施した恋愛講座をそのまま実践していました。

 

 

ドラ男
実際に自分でやってみて、本当に効果があったんだろうね。
谷村大二郎にはあまり効果がなかったみたいだけど。

 

 

ドラ美
男ってこんなのに引っかかるの?
単純というかなんというか

 

 

谷村大二郎の妻多可美への愛の深さにネット民歓喜

そう、株で大負けしてお金がなくなった来杉有朱は、きっと谷村大二郎と浮気をしてそれをネタにお金をゆすろうとしていたに違いありません。
私を始めとした、テレビの前の視聴者たちは震え上がったはずです。
あ、富澤たけしさんがだまされる…。
と思った、その時でした。

 

 

君何してんの?
そういうのやめてくれる?
僕ままのこと愛してるから。

 

 

なんと、真顔で迫り来る来杉有朱をたしなめたのです。
これには流石の来杉有朱もタジタジ。

 

 

あ、そうですか
はーい

 

 

といって折れたヒールを奪い取り、逃げるようにその場を去っていきました。
それを扉の外で隠れながら見ていた妻の多可美は「パパ!!」といって抱き合っていましたね。

 

 

 

 

 

 

ドラ男
ここで誕生日のサプライズ料理持ってきたケーキを燃やしちゃうのが別府さんのいいところだよね。

 

 

ドラ美
絶対なんかやると思ってたけど、まさかケーキを燃やすとはね。
ノクターンと相性悪いのかな…。

 

スポンサーリンク

 

来杉有朱は大金を受取りカルテットを後に

そして、場面は変わって、いつもカルテットドーナツホールの面々がライブをやっているホールになりました。
そこでは、来杉有朱と谷村多可美が向かい合って座っていました。
来杉有朱はかなりの大金を受け取り、谷村多可美にお礼を言っていました。

 

 

解雇のための手切れ金なのでしょうか。
結構な額を受け取っていましたよね。
そして、ここからお世話になった人たちの最後の挨拶がはじまりました。

 

 

谷村多可美

そもそも、解雇される原因ともなった谷村多可美へはこのような挨拶でした。

 

 

多可美さん、どうもありがとう。
多可美さんだーいすき。

 

 

からのハグ。
棒読み感が半端なかったですね。
絶対思ってないであろう大好きでした。

 

 

巻真紀

そして次はいろいろと因縁のある巻真紀です。

 

 

まきさんわたしのことわすれないでね

 

 

これに対して、巻真紀は。

 

 

たぶん忘れられません。

 

 

と答えていましたね。
確かに、自分のバイオリンを盗もうとした犯人であり、さらに自分の旦那がベランダから突き落とした相手、ともなれば忘れられるはずがないと思います。
ちなみに巻真紀ともしっかりとハグをしていました。

 

 

家森諭高

実家に連れて行ったりと、何かと話題にもなっていた家森諭高。
どんな挨拶になるのかと思いきや、

 

 

家森さん、いつスキーに連れてってくれるんですか。

 

 

でしたね。
これに対し、家森諭高は

 

 

こっちから連絡します。

 

 

と、これまた棒読みで言っていました。
もちろん、家森諭高ともハグをしていました。

 

 

別府司

そういえば、ドラマの中で来杉有朱と別府司がが絡んでいるシーンはほとんど記憶にありませんよね。
なので、どんな最後の挨拶になるのかな、と思いきや。

 

 

えっと…。

 

 

だけでした。笑
これに対して別府司は、

 

 

別府です。

 

 

と答えていましたが、かぶせ気味に来杉有朱が、

 

 

別府さん!だいすき

 

 

と答えてなぜかすぐ世吹すずめにハグをしました。

 

 

ドラ男
クビになったのはわかるとして、
なぜ別府くんを無視してすずめちゃんに…。

 

 

ドラ美
絡むネタもないし、気まずかったんでしょー。
もうクビだから気をつかう必要もないしねー。

 

 

世吹すずめ

何故か別府司には反応しなかった来杉有朱ですが世吹すずめにはハグをしながらこう質問をしました。

 

 

すずめさん、私と組んで何か大きいこと…。

 

 

しかし、この問いに世吹すずめは、
ふるふると首を横に振るだけでした。

 

 

そして、全員の挨拶が終わったあと、来杉有朱はみんなを見渡しこうつぶやくのでした。

 

 

そうですか。

 

 

なんとなく意味深な台詞でしたね。

 

 

来杉有朱の最後の決めゼリフがこれだ!

さあ、ノクターンをさる最後に来杉有朱は何と言ったのでしょうか。
それがこちらのセリフです。

 

 

ふしぎのくににつれてっちゃうぞー。
そういって耳に手をあてました。
何かしらのレスポンスが欲しかったんでしょうね。

 

 

家森諭高は反応しようとしていましたが、周りの様子を見てやめていました。
その様子を満足げに見た来杉有朱は、

 

 

ありすでした!
じゃあね!
ばいばい!

 

 

といってノクターンを後にしたのでした。
ちなみに画面から見えなくなったあとに転んでいましたね。
自分でヒールのかかとを追ったのですから、自業自得と言えるのではないでしょうか。

 

吉岡里帆のブログをチェックせよ!

 

来生有朱が画面から消えたあと、家森諭高と巻真紀が「淀君」「楊貴妃」とつぶやいていましたね。

 

「淀君」のあだ名の理由は?

 

まとめ

それでは、今回はカルテットの魔性の女「来生有朱の最後」についてまとめてみました。
ノクターンをやめることにはなりましたが、おそらく来生有朱の快進撃はまだ止まらないのではないでしょうか。
これまでの登場シーンからみるとあっさりとしすぎていた解雇でしたし。
来週放送のカルテット最終回は、今日の日付から1年後の物語となっていますが、きっとまた来生有朱はその魔性の女っぷりを発揮してくれることでしょう。

 

 

来週で終わるのは本当に寂しい、ドラマ「カルテット」ですが最後まで思いっきり楽しみましょうね。
それではここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年1月期, カルテット