コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

嫌われる勇気の最終回のみんなの感想と動画の視聴方法は?

   

ついに終わってしまったドラマ「嫌われる勇気」。
ベストセラー小説が原作と合って放送前から色々と話題を集めて来ました。
途中ではアドラー心理学会から苦情が入ったりと良くない話も上がりましたが、最終回まで放送できて本当に良かったと思います。

 

 

それでは、今回はそんなドラマ「嫌われる勇気」の最終回のあらすじ、動画を見た皆さんの感想と動画の視聴方法をお伝えしたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

嫌われる勇気最終回(第10話)のあらすじ

出典:公式HP

 

 

病院を抜け出した青山(加藤シゲアキ)は、大文字(椎名桔平)の研究室に駆け込むと室内を物色し、古びたファイルを見つける。そこには、18年前の蘭子(香里奈)の誘拐事件の記事とともに、赤い印が付いた森の地図があった。
一方、監禁された蘭子のもとへ、大文字がやってくる。大文字は、気を失っていた蘭子を起こし、拘束を解いてやる。自由になった蘭子は、何者かに撃たれ倒れている土方(寿大聡)と、そのそばに自分の銃が落ちているのに気付く。そこへ、青山と道子(飯豊まりえ)が入って来る。青山は、銃を拾い大文字に向けると、蘭子から離れろ、と命じた。大文字は、ゆっくりと手を挙げた。

 

 

その後、梶(正名僕蔵)らが行った検証の結果、現場に残された足跡が、土方と警察関係者を除くと、大文字のものだけだったことが分かる。
半田(升毅)は、大文字を取り調べ、監禁場所にいた理由を問いただす。大文字は、蘭子が監禁されているのなら、18年前と同じ場所の可能性があるからだと説明。しかし半田は、当時、監禁場所が公開されていなかったことを指摘する。
そんな中、大文字は、自分と土方が共犯関係だと考えるのは浅はかだと反論。蘭子とともに取り調べを見ていた青山は、取調室に乱入すると、あなたが土方らの狙撃を指示した「メシア」だろう、と怒りを爆発させる。
取り調べが終わり、部屋から出た大文字は、すれ違いざま蘭子にハンカチを手渡した。そこには、メモがはさんであり…。

出典:公式HP

 

 

嫌われる勇気最終回(第10話)を見たみんなの感想

ドラマを見るまでは絶対に大文字先生が犯人だと思っていました。
作中って先生って呼ばれていたのは土方先生だけですし…。
と思っていたらやはり大文字先生が犯人だと思っていた人はたくさんいたみたいですね。笑

 

 

sさん(40代、女性)

お墓参りのシーンが出てきた時、もしかして青山刑事は無くなってしまったのか?と思ってしまいました。
しかし、最後は犠牲者もなく、なんとなく無事に終わって良かったと思っています。
大文字教授は怪しい感じがしましたが、犯人とは一見関係のなさそうな人が実行犯だったことがわかりました。

 

 

今回の蘭子の誘拐事件の犯人は、警察内の人間の仕業でした。
警察内の身内が起こした事件が題材になっているものが多いような気がします。
このドラマではアドラー心理学を学びながら、ストーリーも楽しめるものでした。
2倍のお得感があり、さらにアドラー心理学をもう少し深く考えてみたいと思うようになりました。

 

 

結局、自分に対しての弱さが出てしまったことが、今回の事件に繋がってしまったような気がします。
警察だけではなく、大きな組織の中で生きていこうとすると、どうしても真実に目をつむってしまうことがあるのかもしれません。
表面上は繕うことができたとしても、いずれそれは何らかの形で綻びてきてしまいます。
いつも真実に向き合うことは、自分自身にいつも正直でいることなのだと思います。

 

 

これは複雑な人間社会の中では難しいことかもしれません。
しかし、よりよい人間関係を作っていくためにも、やはり真実と向き合っていく必要があるのだと思います。

 

 

sさん(30代、男性)

メシアの正体が警察内部にいるとは、前回の放送を見て薄々感じていました。
しかし、具体的にどの人物が犯人であるかまでは察しがつきませんでした。
まさかあの饒舌な鑑識の加地さんが犯人だったとは、予想だにしませんでした。
今から思えば、鑑識の作業中に必ず奥さんの話題が上っていたことが、伏線になっていたのかなと思います。
奥さんを失った悲しみ、正義のための告発がもみ消されたことが、加地さんの心を変えてしまったのかもしれません。
警察内部の誤りを正すために、蘭子を18年前に誘拐したことで、いつしか正義から遠いものになったことを自身は気づいていなかったのでしょう。

 

 

蘭子自身にとっても今回は、実の父親が冤罪をもみ消した事実と向き合わなければならない厳しい現実が待ち受けていました。
しかし、逃げることなくこのドラマのタイトル通り勇気をもって自分の課題を受け入れて、それと向き合い、父の犯した過ちを告発しようとする姿に共感しました。
このドラマは放映当初からいろんな問題が指摘されていましたが、しっかりと自分の弱さと向き合う心の強さを教えてもらったような気がします。
何か自分に悪いことが降りかかると、自分の外のせいにしがちですが、しっかりと自分を見つめることの大切さに気づかされました。

 

 

kさん(60代~、男性)

正直、梶監察官が黒幕のメシアだったとは驚きました。
この人はドラマの脇役でシリアスな筋書きのなかで唯一村上監察官との掛け合いで気楽なキャラがアクセントになっている登場人物だとばかり思っていたのが大誤算でした。
このドラマを途中まで見ていた人は誰しも、メシアが大文字教授だと考えていたのではないでしょうか。
それに青山刑事が最後に腹を抱えて倒れるシーンと蘭子が墓参りをするシーンと遺書で殉職したのではないかと思わせる演出の後、倫子の姿を見つけて元気に駆け寄ってくる設定には完全に騙されました。
墓石に青山家って書いてあったような気がしたのが庵堂家に代わっていたのはなに?偶然近くに青山家の墓石あったってこと?それから、三宅刑事もてすぎだね。

 

 

村上監察官のショック状態なのを慰めて抱き着かれたのはいいとしても、相馬監察医にまで手を出そうとする態度は許せん!半田係長が三宅刑事に甘すぎるからやりたい放題じゃないか!それはいいとして、蘭子ケーキ食べすぎだと思いませんか?青山刑事が蘭子を好きなのはシャープな頭の回転と行動力。
動きの鈍い口先女になったら誰からも嫌われてしまいますよ。
嫌われる勇気があってもアドラーは助けてくれないと思います。
それは私の課題ではないですって言って。

 

 

mさん(30代、女性)

前回の状況からして椎名桔平演じる大文字教授がメシアではないかと疑わしい事ばかりで、更には寿大聡演じる土方に監禁されていた香里奈演じる蘭子が気を失っているところへ現れた大文字教授。
しかも、そこには蘭子の銃で撃たれた土方が。
この状況では、限りなく大文字教授がメシアだと思ってしまいます。
しかし、蘭子が聞いた足音は大文字教授のものとは違っていたというのです。
ここまで大文字教授が怪しいと、返って真犯人は違うのではないかとうすうす思ってはいたけれど、では一体誰がメシアなのかと警察内部の人間を思い浮かべてみましたが、私には全くもって見当がつきませんで、まんまと上手く騙されてしまいました。

 

 

蘭子の父親がまさかの冤罪事件の隠蔽を図っていたとは、父親の正義を信じて疑わなかった蘭子には、その衝撃から、記憶を封印してしまったのも致し方ない事だったのかもしれません。
そして、当時蘭子の父親と一緒に誘拐事件を追っていた大文字教授もまた、その真相を知りたいと強く願っていたからこそ、蘭子に協力していたのではないかと思いました。
そしてメシアはまさかの正名僕蔵演じる梶さんだったとは衝撃でした。
最初はその隠蔽事件をどうにかしたいという正義感からだったのだと思うと遣る瀬無い気持ちになりますね。

 

 

sさん(20代、女性)

蘭子が土方に誘拐されて、絶体絶命のピンチの時に、黒幕である先生が現れます。
しかし撃たれたのは土方で、蘭子は助かりました。
しかも助けたのは大文字先生でした。
その状況や、土方に先生と呼ばれている人物として、大文字先生は容疑者になってしまいました。

 

 

しかし、大文字先生は蘭子のお父さんと一緒に、蘭子の誘拐事件を捜査をしていました。
その時の話で、犯人は警察内部の人間だという事が分かりました。
さらに蘭子は大切な記憶を喪失している事も分かりました。
そこで、青山は昔の事件をあらいながら、警察内部の人間を探し出し、蘭子は大文字先生と共に、自分の記憶を取り戻そうとします。
そして青山が発見した事件と、蘭子の取り戻した記憶が、鑑識の梶が犯人である事を証明します。

 

 

しかし、梶が何故こんな事をしたかの発端は、蘭子の父親の冤罪の隠蔽でした。
上からの指示とはいえ、父親を信じていた蘭子にとっては、辛い事実だったと思います。
その上犯人がとても身近にいた人物だった事からも、これからどう立ち直っていくのかなと思いました。
でも今では、この事件をきっかけに、青山とも本当のバディになれ、8係の仲間とも距離が縮まり、今までの蘭子とは明らかに違った心境になれたと思います。

 

 

hさん(40代、男性)

ドラマ「嫌われる勇気」はスタートから見続けていました。
スタート当初は、ドラマの展開が単調に感じていましたが、回を重ねるにつれ、徐々に展開が面白くなっていき、最終回まで楽しく見る事ができました。

 

 

特に、大学教授役の椎名桔平さんが良かったです。
最初は、まるで特別出演の様に出番も少ないので、「このままの展開で終わる筈が無い。
蘭子の父親を殺したのか?」と思っていましたが、父親と共に、蘭子の誘拐事件の真犯人を捜しだすバディというのが良かったです。

 

 

正直、最終回まで蘭子の父親の失踪と、蘭子の誘拐事件の繋がりが分からず、真犯人が鑑識の梶(正名僕造)さんとは思いませんでした。
素直に脚本家の方に、白旗を上げて「参りました」と言いたいです(笑)
主人公の庵堂蘭子を演じた香里奈さんですが、これまでも様々な作品に出演されてますが、今回の役が、ベストではないか?と私個人は思いました。
今回の蘭子の様に、普段はあまり感情を露にせず、時々見せる、笑顔や怒り、悲しみの表情が、とても良かったと思います。

 

 

バディの青山役の、加藤シゲアキさんも、新米刑事を熱演していました。
最終回のラストで、椎名桔平さんが「青山さんから、自分に万が一の事があったら」と手紙を蘭子に渡した時、「えっ!死んじゃったの?」と思ってしまいました。
最後まで、脚本家さんにやられました。

 

 

nさん(20代、女性)

この日で最終回となってしまうのが少し寂しかったです。

 

 

このドラマは一見よくある刑事ドラマとは違い、このドラマを見ながらアドラーの心理学が学ぶ事ができるという他とは違う楽しみ方ができました。
また、その心理学が事件とかとうまく連携しているのが凄いなといつも感じていました。

 

 

最終回となった第10話は、主人公安堂蘭子の謎がついに解き明かされる事になります。
安堂蘭子はアドラーの心理学、「嫌われる勇気」を持った堂々とした女性でした。
堂々として周りに左右されない、そして自分の意見を貫く姿はとてもカッコよくて憧れでした。

 

 

そんな蘭子は一匹狼のように1人で行動する事が多かったです。
しかし今回、ようやくチームが一丸となって事件を解決していきます。
途中まではいつものように「これは私の課題であなたの課題ではありません。
」と蘭子も一点張りでした。
しかし、その言葉を覆すバディの青山の言葉「これは事件を解決するという警察全体の課題です。」というシーンが個人的になんかいいなって思いました。

 

 

このドラマを通してアドラーの心理学を見て、そんな考え方もあるんだなと学ぶ事が出来ました。
そして、最後にこれからは「「幸せになる勇気」を学びましょう」という言葉が出ていました。
ですから何かの形で続編が出てきて、「幸せになる勇気」の考えが学べたらいいなと思います。

 

 

hさん(30代、女性)

3/16(木)放送嫌われる勇気第10話の見所1つめは、メシアの正体が一体誰なのかということでした。
第9話までのお話では椎名桔平演じる大文字教授がメシアではないかと思わせることが多く、さすがにそれはないだろうと思っていました。
しかし、正名僕蔵演じる鑑識官の梶準之助が実はメシアだったということにとても驚いたとともに、考えてみたら内部事情は把握できる、一番先に現場を調べる鑑識だからこそ証拠を残さないなどつじつまがあうことが多く、気づかなかったことに悔しさを感じました。

 

 

もう一人の鑑識官である岡崎紗絵演じる村上由稀菜との奥さんについてのやり取りは、このドラマにコミカルさをあたえるためのものだと勝手に思って毎回楽しくみていたので、そこにそんな鍵があったなんて今後刑事ドラマを見る際の犯人予想の勉強になりました。
見所2つめは、香里奈演じる庵堂蘭子の父親はなぜいなくなったのか、そして本当に殺されたのかです。
大文字教授のもと過去を思い出し始めた蘭子は、父親が過去に冤罪事件の証拠を隠していたところを見つけるも、正義感にあふれる父親像を守ることで自分も守るためにその記憶をなくします。

 

 

アドラー心理学に基づいている行動をとり、一見強そうに見える蘭子にそんな過去があったなんて正直納得しました。
何か傷を抱えるからこそ、傷を守るからこそ生まれる強さもあるんだなと思い傷つくことを恐れない勇気を学んだ気がしました。

 

 

pさん(20代、女性)

18年前と同じ場所で監禁されてしまった蘭子が大文字先生に助けて貰うシーンから始まったので、その時点であれ?っと思いました。
蘭子は大文字先生を怪しんでいた節があったので、私も大文字先生がメシアではないかと思っていました。
明らかに大文字先生は蘭子を助けに来ただけでした。

 

 

警察での事情聴取でも大文字先生が怪しいところはなかったので、私の予想は見事に外れました。
他の真犯人、自分の娘を巻き込んで自作自演で蘭子の父親の道則が真犯人?っと考えたのですが、土方は道則の死体を見たと言っていたので、違います。
話が進むにつれて、蘭子が誘拐される3年前の冤罪事件が関係していたみたいで、そこで警察関係者と言われ、蘭子の上司の係長が怪しいなと思いましたが、違いました。
警察関係者で毎回ドラマに出ていた人物、係長の他には一人しか思い浮かびませんでした。
ほんとに予想外でした。

 

 

まさか鑑識官の梶さんが真犯人メシアだったとは驚きです。
いつも奥さんとの話をしていたので、すでに奥さんを亡くしていて、しかも蘭子の父親の道則も殺害していたなんて。
しかし、梶さんは自分を見つけて欲しかったのだなと思います。
蘭子が梶さんに拳銃を向けた時に打てばいいと言ったので、自分で自分を止められなかったのだなと思いました。

 

 

私は警察ドラマを見るときは必ず犯人の予想をしますが、今回は見事に外れてしまいました。
悔しい気持ちがありますが、逆に予想を裏切る形になって、とても面白かったです。
最後に蘭子が昔飼っていた犬がエマだったのは良かったです。

 

 

嫌われる勇気最終回(第10話)を見逃してしまったときは?

どうも最初の方はテンポが掴みづらかったドラマ「嫌われる勇気」ですが、中盤から最終回にかけてはすごく面白かったですよね。
出演している俳優さんたちが皆さんベテランで、演技があまり上手でない人の演技力が気になる、ということが少なかったのも良かったのかもしれません。

 

 

嫌われる勇気の視聴方法はこちらの記事にまとめていますので是非ご覧になってくださいね。

 

 

まとめ

視聴率やアドラー心理学会からのクレーム等、色々とよくない噂が多かったドラマ「嫌われる勇気」ですが中盤から最終回にかけては本当に面白かったですね。
最後は蘭子と青山くんも最後は本当に打ち解けていましたし、これからもきっといろんな事件を解決していくのだと思います。

 

 

それではここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 - 2017年, 2017年1月期