コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

カルテット、柊学役に伊達暁がゲスト出演!まさかの加害者役!?

   

2017年1月からスタートしていたドラマ「カルテット」もついに最終回が近づいてきました。
10話の最終回で、伊達暁さんが柊学役でゲスト出演することになりました。

 

 

どんな役がらなのでしょうね。
まさか、巻真紀から母親を奪った加害者役ということも、ありえるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

カルテット最終回に伊達暁がゲスト出演


出典:公式HP

 

 

ドラマ「カルテット」の最終回に伊達暁さんが出演することが決まりました。
みなさん、伊達暁さんのことをご存知ですか?
せっかくなので今日は伊達暁さんについても少し調べてみることにしました。

 

 

伊達暁とは

伊達暁さんは、阿佐ヶ谷スパイダースに所属されている俳優さんです。
慶応義塾大学に入学すると同時に、劇団「笑うバラ」に入団された伊達暁さんですが、その後は阿佐ヶ谷スパイダースお旗揚げに参加しました。
特徴は深く響いてくる声です。
そして鋭い目線が印象的であるように感じています。

 

 

CMにもご出演されています。

 

 

 

 

こちらでも少しのセリフではありますが、深みのある声を披露されていますよね。
舞台では、阿佐ヶ谷スパイダースの公演を中心に、毎年活躍されています。
また、舞台だけではなくTV出演もされているんです。
今回のドラマ「カルテット」では、よく劇団員の方がゲスト出演をされていましたよね。

 

 

カルテットの岡中役はハイバイの平原テツでした

 

 

なんとなくなのですが、ドラマ「カルテット」へゲスト出演された方って、今後も活躍されるような気がします。
今回名前を知った方も多かったと思いますが、覚えた方も多かったことだと思います。

 

 

出演シーンが一瞬だったとしても、インパクトが強いキャラクターを演じている人が多いような気がします。
今回出演される伊達暁さんにもとっても期待できそうですね。

 

スポンサーリンク

 

伊達暁は柊学をカルテットで演じる

そんな伊達暁さんですが、ドラマ「カルテット」では柊学役で出演されます。
この柊学とはどういう方なのかを想像してみました。

 

 

柊学とは

いつも通り、柊学がどんな役柄なのかは明らかになっていません。
そこで私の仮説は、柊学は加害者なのではないかということです。

 

 

加害者と一言で言ってもわからない方がいるかもしれませんね。
巻真紀が戸籍を売買して、現在警察に連れていかれています。

 

 

戸籍売買をした巻(早乙女)真紀・山本晶子の罪は?

 

 

その戸籍売買をした理由が巻真紀の母親が亡くなったことが関係しているのではないかと思われていますよね。
巻真紀の母親は、巻真紀が幼いころ自転車にひかれて命を奪われました。
その時の加害者が賠償金2億円という高額な額を支払うことが決まったのです。

 

 

支払う相手は巻真紀
巻真紀が消えればその賠償金は支払わなくてよくなるということを巻真紀はわかっていたのです。
そこで戸籍売買という犯罪を犯し、加害者を楽にさせようと考えたのではないかと思っている人が多いのです。

 

 

これまでは、カルテットのメンバーに加害者がいるのではないか、加害者家族なのではないかと言われていました。

 

 

巻真紀が名前を変えるきっかけの加害者少年はカルテットの中に…

 

 

しかしここいきて、伊達暁さんが演じる柊学が加害者であるのかもしれないという仮説が出てきたのです。

 

 

おそらく、10話の最終回では、巻真紀の秘密がすべて明らかになると思います。
そのため、加害者が誰なのかも明らかになるのでしょう。
柊学が加害者であったとすれば、もしかしたらカルテットのメンバーのだれかと柊学が知り合いということもありえそうですね。
恐ろしい結末が待っているような気がします。

 

 

まとめ

2017年1月からスタートしている「カルテット」ですが、いよいよ最終回を迎えるのみとなってしまいました。
完全にカルテットロス人間が多いと思います。
もちろん私もその中の1人ですよ。

 

 

今回ドラマ「カルテット」のゲスト出演として伊達暁さんが、柊学役で出演することが決まりました。
柊学は、加害者説があり私もこの説もかなりありだなと思っています。

 

 

最終回はどういうストーリー展開が待っているのでしょうね。
そしてどんな結末を迎えるのでしょうか。
本当に楽しみです。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年1月期, カルテット