NHK朝ドラ「ひよっこ」のあらすじ!いよいよ明日スタート!

   

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」がついに明日4月3日にスタートします。
新しい朝ドラが始まると、いよいよ新年度かという気持ちになりますね。
新しい気持ちでまた新年度を迎えるという、そんな心境になります。

 

 

今日はNHK連続テレビ小説「ひよっこ」のあらすじについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

朝ドラ「ひよっこ」のあらすじ

今シーズンの朝ドラと言われているのは、NHk連続テレビ小説「ひよっこ」ですね。
こちらがスタートするのは2017年4月3日からです。
放送がスタートする前に、少し物語のあらすじを追っておきましょうね。

 

 

朝ドラ「ひよっこ」の概要

物語は1964年、昭和で言えば39年の秋。
東京オリンピックが目前に迫っているこの時期ですが、17歳になる谷田部みね子はいまひとつ実感がわきません。
谷田部みね子は、茨城県の北西部にある山あいの村、奥茨城村で育ちました。

 

 

ドラ男
この奥茨城村っていうのはドラマの中だけで存在する架空の村なんだって。
茨城県にはないから、みんな要注意だよ!

 

 

ここは交通の便がよくありません。
同じ関東とはいえ、東京は遠い世界のように思えるほどなのです。

 

 

谷田部みね子の家は6人家族。
借金を返すために谷田部みね子の父は東京に出稼ぎに行っています。
谷田部みね子は、高校を卒業したのちには、農家の仕事を手伝おうと思っていました。
祖父と母を楽にさせてあげたいという谷田部みね子の考えがありました。

 

 

しかし、谷田部みね子の人生は、とあることをきっかけに大きく変わってしまいます。
それはお正月に父が東京の出稼ぎから帰ってこなかったことでした。

 

 

お父さんの分も働いて仕送りします。
東京に行かせてください。

 

 

と、谷田部みね子は上京したのでした。
東京に行けば、いつか父に会える気がしていたのです。
2人の幼馴染と一緒に集団就職で谷田部みね子は上京しました。
そして墨田区にある工場で働き始めます。

 

 

東京は想像をはるかに超えた大都会。
戸惑うことばかりでした。

 

 

仕事では低賃金に対して長時間労働をさせられています。
突きつけられた現実に時々くじけそうになる谷田部みね。
しかし、東北各地から上京してきた寮の仲間たちや舎監さんたちが心の支えとなっていたのでした。

 

 

友人や仲間たちと、泣いたり笑ったりする日々の中で、谷田部みね子は様々な出会いと別れを経験します。
そして試練を乗り越え、来たばかりは右も左もわからなかった東京で、しっかりと生きていくのでした。

 

スポンサーリンク

 

1週目のあらすじ

4月3日から8日までの第1週目。
お父ちゃんが帰ってくるというテーマで放送されます。

 

 

世間がオリンピックに向けて騒がしくなっていた1964年の秋。
茨城県の北西部、奥茨城村で暮らす谷田部みね子は、父である谷田部実が帰ってくるのを楽しみに待っていました。
もちろん待っていたのは谷田部みね子だけではありません。
母の谷田部美代子、祖父の谷田部茂、そして妹と弟も心待ちにしていたのです。

 

 

1年の大半は出稼ぎに出ている父の谷田部実。
帰郷の日に赤坂の洋食屋「すずふり亭」に立ち寄ります。
このお店を営む鈴子とその息子である省吾と巡り合うのでした。

 

 

ドラ男
この洋食屋で、なにかあるんだろうなぁ。
すごくどんな話になるのか気になる。

 

 

まとめ

2017年4月3日から新しい朝ドラがスタートします。
みなさんしっかりあらすじは頭にはいっているでしょうか。

 

 

あらすじを見てドラマを見るのとあらすじをしらないでドラマをみるのとでは楽しみ方が違います。
スムーズにドラマの世界へ入り込むことができると、15分という短い放送時間もたっぷり楽しむことができると思います。

 

 

朝8時は毎日NHK総合テレビを見る人が増えそうですね。
主演の有村架純さんにも期待が高まります。

 

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年