コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

小さな巨人、出演中の芳根京子に「いらない」の声。一体何があった?

   

現在放送中のドラマ「小さな巨人」に出演中の芳根京子さん。
香坂真一郎(長谷川博己)に真剣に憧れる姿は見ていてとても可愛いですよね。
あのドラマに登場するキャラクターの中ではかなり真っ直ぐな性格をしているので、見ていて癒されるという人も多いのではないでしょうか。

 

 

今回はそんな芳根京子さんについて「いらない」という声が上がっているみたいなので、「どうしてそんな声が上がったのか」について調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

芳根京子が出演する小さな巨人ってどんなドラマ?

それではまず、芳根京子さんが出演するドラマ「小さな巨人」についてあまりよく知らない、という方のために軽く説明していきたいと思います。
まずは公式ホームページのあらすじからどうぞ。

 

 

 

 

警視庁捜査一課強行班1係長の香坂(長谷川博己)は、今年三度目の捜査本部事件を解決する活躍をみせていた。その祝勝会と称して、前捜査一課長で今は所轄の署長をしている三笠(春風亭昇太)と料亭で会食していると、どこで聞きつけたのか現捜査一課長・小野田(香川照之)が現れる。三笠と小野田は優秀な部下の香坂を評価しているという共通点はあるが、互いの捜査理論の違いから腹の底ではいがみあっている。
会食を終えた香坂は、料亭の前で中小企業の社長・中田隆一の飲酒運転を疑い取り調べた際、偶然、隆一の車を傷付けてしまう。すると翌朝、大手ニュースサイト・ゴーンバンクの見出しに“飲酒状態の刑事、車を破損”と記事が掲載されていた。香坂は警察官による不正を調査する監察官・柳沢(手塚とおる)に呼び出され、宴席の直後に取り調べをしたのではないかと問いただされる。黙秘を続けるが、上司にあたる小野田が呼び出され、日本酒を飲んだことを打ち明けられ、警察の名誉を傷付けたとして所轄への異動を命じられてしまう。
香坂が所轄にやってくると、日本経済のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長・中田和正(桂文枝)が誘拐される事件が発生する。誘拐犯は身代金を要求している。捜査一課の時と同様に捜査をしようとする香坂であったが、これまで部下であった警視庁捜査一課長付運転担当・山田(岡田将生)に「所轄は後方支援。現場は本庁に任せてください」と釘を刺される。香坂のもとに残されたのは、問題だらけの所轄刑事のみ。彼は窮地を脱し、捜査一課に返り咲くことはできるのか!?

出典:公式HP

 

 

警察の中でもかなりのエリートだった香坂真一郎(長谷川博己)が信じていた人に裏切られ捜査一課から所轄へ強制異動、それでもくじけずの所轄の仲間と自分を裏切った小野田義信(香川照之)へ正々堂々勝負を挑むという熱いドラマです。

 

 

 

 

 

 

小さな巨人で芳根京子が演じる役はどんな役?

さて、そんなアツイドラマ「小さな巨人」ですが、メインキャストの中では紅一点の芳根京子さん。
周りを固める俳優陣もベテラン揃いでかなり豪華なキャストです。

 

 

芳根京子さんが演じるのは三島祐里という新人刑事役。
香坂真一郎(長谷川博己)との関係は、三島祐里(芳根京子)が研修の時に一度会った上司。
周囲の人間には馬鹿にされ続けた自分の夢を唯一応援してくれたかけがえのない大切な上司です。

 

 

見ていて本当に思うのが、香坂真一郎(長谷川博己)がめちゃくちゃいい上司なんですよね。
私もあんな上司がいたらいくらでも仕事を頑張れそうです。笑
偉そうに部下に指示を出すだけではなく、どんなときも自らが率先して動く、まさに上司の鏡のようなキャラクターなんですよねー。
しかも、実際に頭もいいし、勘も冴えてるときたら、憧れない人はいないのではないでしょうか。

 

 

ドラマの中では何度も裏切られる香坂真一郎(長谷川博己)。
警察内部のキャリアをかけて争いと言う展開もあるため結構ギスギスしたシーンが続いたりするのですが、そんな時に登場する芳根京子さんは空気を和ませてくれる要素の一つだと思います。

 

 

小さな巨人に芳根京子が「いらない」って何で?

そんなドラマの中のオアシス的な存在である芳根京子さんが「いらない」と言われてしまっているようです。

 

 

 

 

あんなに可愛くて癒し系なのになんでだろう。
と思ったのでその理由を考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

芳根京子が「いらない」と言われてしまった理由

芳根京子さんがドラマ「小さな巨人」にいらないと言われてしまった理由。
それは単純に出番が少なかったからだと思います。

 

 

というのも、ドラマ「小さな巨人」は今のところ次に紹介する二編に分かれています。

 

 

  • 芝署編
  • 豊洲署編

 

 

私がこの記事を書いている現在放送しているのは豊洲署編です。
ドラマ「小さな巨人」の前編に当たる芝署編ですが、この時三島祐里(芳根京子)は警務部の人事課職員でした。
つまり、物語の主人公香坂真一郎(長谷川博己)とは直接関係がない部署だったのです。
研修の時にあったことがあるというだけで何度か登場することはありましたが、芳根京子さんが話の中心となることはありませんでした。

 

 

ですが、香坂真一郎(長谷川博己)のような警察官になりたい!という理由から、今現在放送されている豊洲署編では刑事として現場の仕事をしています。
自分が目指すべき上司と一緒に仕事をしたい、という理由で異動願を出すのはそれなりに覚悟が必要だったと思います。
本当に香坂真一郎(長谷川博己)に憧れてるんですね。

 

 

今まではどこかサブキャラのような立ち位置だった三島祐里(芳根京子)ですが、豊洲署編からは香坂真一郎(長谷川博己)の部下としてしっかりと働いています。
第6話では犯人を逃してしまうなど大きいミスをしてしまっていましたが、最終的に事件の謎を解く鍵を掴んだのは三島祐里(芳根京子)の聞き込み調査でした。
謝礼として渡した1万円について、「経費で落ちますか…?」って気にしてたのがかわいかったですね。笑

 

 

確かに芝署編までは存在感が薄く正直になくても物語の進行には特に問題がなかったような感じでしたが、豊洲署編からはガンガン前に出てきてくれるのだと思います。
つまり芳根京子さんの活躍がみられるのはここからということですね。
まだ結構頼りない刑事ですが、これからどんな風に活躍してくれるのか楽しみです。

 

 

まとめ

今回はドラマ「小さな巨人」に出演中の芳根京子さんがいらない、といわれている理由について調べてみました。
確かに芝署編では影が薄かった芳根京子さん
豊洲署編での活躍に期待したいですね。

 

 

前に何かのテレビ番組に番宣で出ていた時に、「これからたくさん出ますよ!」と言っていたので期待しても裏切られることはなさそうですよ。
それではここまで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 - 2017年, 2017年4月期, 小さな巨人