コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

セシルのもくろみがドラマ化。あらすじやキャストは?原作は共感多し

      2017/08/17

ドラマ「セシルのもくろみ」が2017年7月13日から放送されました。
フジテレビ系列で木曜夜10時スタートです。
現在放送中の「人は見た目が100パーセント」の後枠ですね。

 

今日はドラマ「セシルのもくろみ」の登場人物やあらすじ、原作についてお伝えします。
キャストのみなさんも気合が入っているようです。

セシルのもくろみの見逃し配信動画を無料で見る方法は?

 

スポンサーリンク

 

セシルのもくろみのあらすじ

フジテレビ系列で2017年7月13日から放送されているドラマ「セシルのもくろみ」はファッション雑誌業界を舞台にした物語です。
登場人物は女性が中心です。

 

ドラ美
ひとパーの後枠ね!

 

  • 専業主婦
  • 独身
  • 共働き
  • シングルマザー

 

様々な立場の女性たちが幸せを探していくのです。
お互いにぶつかり合いながらも、女性としての生き方や、人から幸せそうに見られることの虚栄心などをテーマとして取り上げられます。

 

物語がすすむにつれて、ミヤジのファンも増えてきています。
後半に入ってからのドラマの勢いがすごいですよね。
低視聴率と言われていますが、この勢いが最初から出せたら…、と思ってしまうのは私だけじゃないはず…!

 

あらすじ

ドラマ「セシルのもくろみ」のあらすじをご紹介します。

真木よう子さん演じる主人公・宮地奈央(みやじ・なお)は、自分を着飾ることに興味がなく、実を取る専業主婦で、金型仕上げ工の夫と中学1年生の息子との3人暮らし。
贅沢はできないけど、息子に少しでも多くご飯を食べさせることや、パート先の惣菜屋のお手製ポテトサラダが人気なことなど、日々の小さな幸せが自分の幸せだと満足している母親です。
抜けたところもありますが、体育会出身で威勢がよく、気持ちのいい女性です。

 

そんなある日、人気女性ファッション誌『ヴァニティ』の編集デスクにたまたま読者モデルとしてスカウトされたことから、生活が一変。これまで読んだこともなかったファッション誌の世界に足を踏み入れることになるのです。
自分にはまったく水の合わない表層的な世界だと毛嫌いし、“自分を美しく見せること”自体に抵抗を感じていた奈央でしたが、タッグを組むことになった仕事崖っぷちライターや、美しさとプロ意識で他を圧倒するトップモデルらと接していくうち、徐々に、新たな世界の扉が開いていき、それまで感じたことがなかった価値観を見つけていくことに。
それは、“いつまでも美しくありたい”と願い、“いつまでも愛されたい”と願う、女たちの“もくろみ”で…。
嫉妬、見栄、生存競争、経済格差、禁断の男女関係など、かつては真っ向から否定していた“オンナの世界”でもがきながら、主人公の奈央は、その先に何を見つけるのでしょうか?
そして、“いつまでも美しくいなければならない”という女性たちが抱える呪縛を解くことができるのでしょうか?

出典:公式HP

 

ドラ男
女の生き様が露わになりそう!

 

1話あらすじ

1話のあらすじです。
7月13日に放送されます。

 

宮地奈央(真木よう子)は、金型仕上げのエンジニアである夫・伸行(宇野祥平)、中学生の息子・宏樹(佐藤瑠生亮)と北春日部に暮らす主婦。息子に少しでも多くご飯を食べさせることや、パート先の惣菜店のお手製ポテトサラダが人気なことなど、日々の小さな幸せが自分の幸せだと満足している、体育会出身の威勢が良い女性だ。

ある日、奈央は、人気女性ファッション誌『ヴァニティ』の編集デスク・黒沢洵子(板谷由夏)から読者モデルとしてスカウトされる。南城彰(リリー・フランキー)が編集長を務める『ヴァニティ』は、「ハマユカ」の愛称で知られ、絶大な人気を誇る浜口由華子(吉瀬美智子)がカバーモデルとして君臨。情報番組のコメンテーターとして活躍中の安永舞子(長谷川京子)も、かつてはモデルとして在籍していた。

ファッションブランドのPRの職を失い、今はファッションライターとして大成しようともがいている沖田江里(伊藤歩)は、洵子から奈央のことを聞き、北春日部まで会いに行く。そこで江里は、命がけで稼げるモデルにする、と必死に説得し、一度は誘いを断っていた奈央をオーディションに参加させる。が、自分を美しく見せること自体に抵抗を感じていた奈央は、撮影でも上手く笑うことすらできない。それでも奈央は、江里やカメラマンの山上航平(金子ノブアキ)、カリスマヘアメイクの安原トモ(徳井義実)の力を借りて撮影に挑み…。

出典:公式HP

 

スタッフ

ドラマ「セシルのもくろみ」のスタッフです。
ドラマのプロフェッショナルが揃いました。

 

原作:唯川恵「セシルのもくろみ」
脚本:ひかわかよ
音楽:井筒昭雄
主題歌:夜の本気ダンス「TAKE MY HAND」
プロデュース:太田大、金城綾香、浅野澄美
演出:澤田鎌作、並木道子、高野舞
制作:フジテレビ第一制作センター

 

セシルのもくろみの原作

ドラマ「セシルのもくろみ」には原作がありました。
ファッション誌「STORY」で2008年から2010年に連載された小説「セシルのもくろみ」です。
唯川恵さんの作品で、主婦層から多くの共感を呼んだ話題作なのです。

 

 

唯川恵さん

ドラマ「セシルのもくろみ」の原作を書かれた唯川恵さんについて取り上げてみます。
唯川恵さんは石川県出身の小説家です。

 

数々の恋愛小説を発表後、2001年に「肩ごしの恋人」で第126回直木賞を受賞されています。
「肩ごしの恋人」よりも以前に書かれた作品は、深刻なテーマを扱ったものが続いていました。
軽いものが書きたくなって書かれた作品が功を奏したようです。

 

唯川恵さんはこれまでにも映像作品に関わられていました。

 

  • 彼女の嫌いな彼女
  • 恋愛偏差値
  • 27歳の夏休み
  • 肩ごしの恋人

 

「セシルのもくろみ」は購入可能です。
気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セシルのもくろみ (光文社文庫) [ 唯川恵 ]
価格:637円(税込、送料無料) (2017/5/26時点)

 

 

アマゾン

 

セシルってなに?

さて、ドラマ「セシルのもくろみ」はどういう意味なのでしょうか。
セシルというものにも気になりますよね。

 

タイトルにあるセシルとは、フランスの小説家フランソワーズ・サガンの名作「悲しみよこんにちは」の主人公が由来です。
そう、「悲しみよこんにちは」の主人公の名前がセシルなのです。
原作「セシルのもくろみ」ではかわいい顔をしていて恐ろしいもくろみを持った少女が抱く女の悩み、葛藤、思惑などをセシルに置き換えて描かれています。
女性自身の中に潜むオンナという意味で、セシルが使われているのです。

 

スポンサーリンク

 

悲しみよこんにちは

「悲しみよこんにちは」についても、せっかくなので触れておきましょう。
あらすじをご紹介します。

 

主人公は大人びた17歳の少女、セシル。
セシルは父親が再婚相手に選んだアンヌに反発を抱います。
深く考えることはせず、ある策略で父親とアンヌを引き裂こうとするのです。
しかしそれは、セシルが思っている以上の事態を招いてしまうのでした。

 

楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

悲しみよこんにちは [ フランソアーズ・サガン ]
価格:529円(税込、送料無料) (2017/5/26時点)

 

 

アマゾン

 

セシルのもくろみの登場人物

ドラマ「セシルのもくろみ」の登場人物をキャストと合わせてご紹介します。
実力派の女優さんが勢ぞろいしていますよ。

 

宮地奈央役/真木よう子(主演)

宮地奈央は自分を着飾ることに興味がない専業主婦です。
夫と中1の息子と3人で暮らしています。

 

ドラ男
旦那さんや息子さん役も気になるね。
早く公開されないかな。

 

日々の小さな幸せに幸せを感じ、満足する母親。
体育会出身なので威勢がよくて、見ていてすがすがしいほどに気持ちのいい女性なのです。
そんな生活が一変するのは突然の出来事からでした。
人気女性ファッション誌「ヴァニティ」の編集デスク、黒沢洵子(板谷由夏)に読者モデルとしてスカウトされたのです。

 

タッグを組むことになったのは崖っぷちライター、沖田江里(伊藤歩)。
そして美しさとプロ意識で他を圧倒するトップモデル浜口由華子(吉瀬美智子)。
彼女たちと接していくうちに、新しい世界の扉が開いていきます。
宮地奈央(真木よう子)は、それまでに感じたことがなかった価値観を見つけていくのでした。

 

そんな宮地奈央を演じるのは真木よう子さん。
真木よう子さんは千葉県出身の女優さんです。

 

ルイ・ヴィトンの街頭広告のモデルに日本人で初めて起用され、世界的に認められた美の持ち主。
「さよなら渓谷」では第37回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。
「そして父になる」で最優秀助演女優賞を受賞されています。

 

  • 「最高の離婚」上原灯里役
  • 「MOZU」明星美希役
  • 「精霊の守り人II 悲しき破壊神」シハナ役

 

今回ドラマ「セシルのもくろみ」で2年ぶりに主演となりました。
女性の生き方を真剣に考えさせてくれるような作品に、とても期待が高まります。

 

 

ドラマのしょっぱなからかなりパンチの効いたスタートでしたね。
真木よう子さんの存在感がありすぎてびっくりしました。笑

 

浜口由華子役/吉瀬美智子

宮地奈央(真木よう子)が憧れれている女性が浜口由華子です。
浜口由華子は、「ヴァニティ」のカバーモデルで、女性のすべての要素を完璧に兼ね備えているのです。
のちに、宮地奈央(真木よう子)の最大のライバルとなっていきます。

 

カリスマモデル、ハマユカとして社会的にも大きな影響を与える役。
本当に美しい姿を見せてくれると思います。

 

そんな浜口由華子を演じるのは吉瀬美智子さんです。
吉瀬美智子さんといえば、大人の色気をプンプン匂わせるような役が多かったですよね。

 

  • 「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」滝川利佳子役
  • 「オトナ女子」大崎萠子役

 

実は、吉瀬美智子さんは元ファッションモデルだったんです。
今回の役どころでは、経験が生きてきそうですよね。

 

 

沖田江里役/伊藤歩

沖田江里は「ヴァニティ」のライターです。
元々ファッションブランドのPRとして働いていた沖田江里ですが、職を失ってしまいファッションライターに転身しました。
今はファッションライターとして一日も早く大成しようと毎日必死。
しかし自分の理想と目の前の現実とのはざまで、もがいています。

 

そんな崖っぷちのライターを演じるのは伊藤歩さんです。
伊藤歩さんんは東京都出身の女優さんですよ。

 

世間に伊藤歩さんの名が広まり注目された作品があります。
それは吉瀬美智子さんとも共演があったドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」です。
夫役の斉藤工さんを不倫相手(上戸彩)に奪われまいとする妻、北野乃里子役で好演されました。

 

黒沢洵子役/板谷由夏

黒沢洵子は宮地奈央(真木よう子)をスカウトし、ファッション業界へと引き込みました。
「ヴァニティ」の編集部デスクです。
黒沢洵子次第で、宮地奈央(真木よう子)の運命が左右されるため、重要な役どころとなりそうです。

 

板谷由夏さんと言えば現在放送中のドラマ「母になる」にも出演中です。
西原莉沙子役で1人の母親として、母親を辞めそうになりながらも、、もがきながら生きている様子を演じていらっしゃいます。

 

ドラマ「母になる」では普通のお母さん役を演じていたにもかかわらず今回はバリキャリな感じでしたね。
イメージのギャップが凄すぎてびっくりしちゃいました。
なんとなく板谷由夏さんには今回の役の方がピッタリな気がします。
ドラマ「母になる」の時との共通点はどちらもクリエイティブな仕事ということでしょうか。

 

安永舞子役/長谷川京子

安永舞子は「ヴァニティ」の元No.2モデルでした。
物言いはきついのですが、自分なりの正義と仁義を持っていて、バイタリティあふれる元一流モデル。
現在はテレビコメンテーターとして活躍する個性の強い女性です。

 

そんな安永舞子を演じるのは長谷川京子さんです。
長谷川京子さんと言えば、ファッション雑誌のモデルをされていましたよね。

 

ドラ美
ハセキョンだなんて言われていたりしたよね。

 

今回も過去にもモデルをされていた役です。
過去の自分と重ね合わせて演じられるのでしょうか。

 

山上航平役/金子ノブアキ

山上航平は宮地奈央(真木よう子)が読者モデルをしている雑誌ヴァニティの専属カメラマンです。
イケメンでノセ上手と言われています。
プロ意識の高いモテ男なのです。

 

山上航平を演じるのは金子ノブアキさんです。
金子ノブアキさんと言えば人気ロックバンドRIZEのドラマーとして有名ですよね。
なんと幼少期は子役として活動されていたのです。
その当時は大人との仕事が苦手だったそうですよ。

 

現在はミュージシャンとしての活躍だけではなく、ドラマや映画など数多くの作品に出演されています。
存在感のあるお芝居をされていて、それは多くの方から好評を得ているんです。

 

  • 「いちばん大切なひと」結城一彦役
  • 「池袋ウエストゲートパーク」RIZE役
  • 「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」代々木廉役
  • 「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」池澤宏人役
  • 「モテキ」山下ダイスケ役
  • 「楽園」三和明夫役
  • 「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(クライシス)」結城雅役

 

先日放送されたドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(クライシス)」では、ドラマのクライマックスで主人公の最強で最強の敵を演じました。
アクションシーンも素晴らしく、金子ノブアキさんの無限のパワーや能力に驚きました。

 

クールでセクシーなルックスを持っていらっしゃいますよね。
今回のドラマ「セシルのもくろみ」でもイケメンでモテ男にはピッタリだと思います。
こんな素敵な方がカメラマンだったら気持ちもノリノリになりそうですよね。

 

この役を演じることへの意気込みのメッセージが金子ノブアキさんから届いています。

 

いろいろな場面で素晴らしいカメラマンと幾度も出会ってきました。
いいキャラクターを作り上げることで彼らへの敬意を表す事ができればと思っています。

出典:公式HP

 

演技も上手だなぁ、と思っているのですがそれよりもかっこいい!!
毎回ホント癒やされてます。
ライブをやっているときとはまた別な魅力がありますよね。

 

安原トモ役/徳井義実

安原トモは宮地奈央(真木よう子)の良き理解者です。
ヘアメイクのカリスマと言われています。
お姉系と言われていましたが、そこまでないですよね。

 

宮地奈央(真木よう子)にとっては絶対的なっ見方で、現場では絶大な信頼を寄せる特殊な存在です。
常に冷静沈着でソフトな語り口でオシャレに決めています。

 

そんな安原トモを演じるのは徳井義実さん。
チュートリアルのボケを担当していらっしゃいます。
モテ芸人として活躍されていますが、俳優さんとしても大活躍ですよね。

 

私が徳井義実さんの演じられた役で忘れられないのはドラマ「Nのために」で野口貴弘役です。
本当に演技力の高い方なのだと思いました。
いろんな役をいろんな表情で演じられますよね。

 

今回のドラマ「セシルのもくろみ」ではカリスマヘアメイク役です。
ただのヘアメイク担当ではなく、カリスマというのがポイントになりそうです。
どのようにカリスマ部分を演じられるのかが楽しみです。

 

徳井義実さんからコメントが届いています。

出演にあたっての心境について
ジェンダーレスな役は前からやってみたいと思っていたんです。
取材で“演じたい役柄は?”と聞かれたときは“オネエの殺人鬼”と答えてきましたから(笑)。
うっすらそこに近づいたかなと。面白そうな役だと思います。

 

役への意気込み
女装とかコントですることも多いので、女性的な身のこなしなどはこれまでにも意識はしてきました。
そういった部分を生かしてやっていきたいですね。
女性の身のこなしの演技も嫌いではないので、もう準備はできているかもしれません(笑)。

出典:公式HP

 

南城彰役/リリー・フランキー

南城彰はヴァニティの編集長です。
多くのファッション誌を成功させるなど、温厚な敏感編集長
宮地奈央(真木よう子)と何か愛が生まれたりなんかしたりして。

 

リリー・フランキーさんはオックの肩書をお持ちですよね。
多才であることが一目瞭然だと思います。

 

  • イラストレーター
  • 作家
  • 俳優
  • フォトグラファー
  • ミュージシャン

 

独特な空気感を持つリリー・フランキーさんがどのように演じるのかも楽しみです。
編集長として、いろんな女性と接していく様子も楽しみです。

 

また、リリー・フランキーさんはこのドラマ「セシルのもくろみ」と同時期に放送されるドラマ「ハロー張りネズミ」にも出演されます。
ドラマ「ハロー張りネズミ」でも出版社に勤めているのです。
というか、出版社の経営者、社長なのです。
2つのドラマでどう役を使い分けるか、作り分けるかも見どころの1つでしょう。

 

リリー・フランキーさんのコメントです。

役への意気込みについて
編集長役はこれまでにも何度かやらせていただいていますが、変わった編集長役が多かったので、今回のようなしっかりした役は初めてですね。
女性誌の編集部で“世渡りの上手い毒気の抜けたオジサン編集長”として、“男”を強く出さないように演じていきたいですね。

出典:公式HP

 

小池雅美役/小野ゆり子

小野ゆり子さんが演じる小池雅美はヴァニティの編集部員役です。
小野ゆり子さんは旦那さんが大森南朋さん、麿赤兒さんを義父、大森立嗣 さんを義兄に持つという芸能環境にいらっしゃいます。

 

ドラマ「最高の離婚」でテレビドラマに初出演を果たされました。
2014年のドラマ「天誅~闇の仕置人~」でテレビドラマ初主演を務められたのです。

 

石田信也役/眞島秀和

眞島秀和さんが演じる石田信也はヴァニティの副編集長です。
ヴァニティの編集長、南城彰(リリー・フランキー)の言動に右往左往してしまいます。

 

眞島秀和さんと言えば、どこかで見たことがあると思う人が多いんですよ。
大変多くの作品に出演されているからでしょう。
今年に入ってからもすでに6つの作品へ出演されています。

 

  • 「お母さん、娘をやめていいですか?」太田和幸役
  • 「警視庁特命刑事☆二人2」柳瀬信也役
  • 「探偵・日暮旅人」雪路勝彦役
  • 「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(クライシス)」林役
  • 「緊急取調室」峰岸充彦役
  • 「プラージュ」彰役(2017年夏放送予定)

 

どちらかというと、しっかりしている人間を演じていらっしゃるイメージです。
今回編集長であるリリー・フランキーさんに振り回される役というところも見どころの1つでしょうね。

 

平井早紀役/石橋けい

石橋けいさんは平井早紀役でセレブ主婦ライターを演じます。
モダンバレエを特技とされている石橋けいさん。
セレブの雰囲気が似合いますよね。

 

登坂千絵役/伊藤修子

伊藤修子さんは安原トモ(徳井義実)と一緒に宮地奈央(真木よう子)を支えるスタイリスト役、登坂千絵です。
よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属されているのです。
今回タッグを組むのは徳井義実さん。
2人で面白いユニークな雰囲気を出してくれるのでしょうか。

 

実際にドロドロドラマであるといわれているドラマ「セシルのもくろみ」。
少しはユーモアにあふれるシーンもほしいですよね。

 

坂下葵役/佐藤江梨子

佐藤江梨子さんが演じるのは宮地奈央(真木よう子)と同期の新人主婦モデルです。
坂下葵役で美脚美人を演じます。

 

佐藤江梨子さん自身、モデルとして活動をされています、
さらに女優さんとして主演を務めるなどの実力もあるのです。
美しい容姿を生かしたモデル役がとても楽しみです。

 

小田萌子役/藤澤恵麻

藤澤恵麻さんはセレブ風な美人読者モデル、小田萌子を演じます。
藤澤恵麻さん自身、元「non-no」や「MORE」の専属モデルを務められていました。

 

専属モデルとして経験されているので、読者モデル役もバッチリでしょうね。
ファッションやスタイルなどにも注目したいと思います。

 

宮地伸行役/宇野祥平

宇野祥平さんが演じるのは宮地奈央(真木よう子)の夫です。
宇野祥平さんは映画を中心に活動されている俳優さんです。

 

宮地宏樹役/佐藤瑠生亮

佐藤瑠生亮さんは宮地奈央(真木よう子)の息子役を演じます。
中学生です。

 

佐藤瑠生亮さんの実年齢は12歳。
宮城県出身の子役さんです。

 

続編が決まったドラマ「コウノドリ」1stシーズンの第1話にも出演されていました。
誰かの幼少期を演じることも多いですし、ドラマではゲストとしての出演も多いです。
笑顔がとても素敵な俳優さんなので、今回のドラマ「セシルのもくろみ」での活躍が楽しみです。

 

森泰生役/加藤雅人

加藤雅人さんが演じるのは宮地奈央(真木よう子)の学生時代からの地元の友達です。
ラブリーヨーヨーを結成し主宰を務めています。
空気感を大事にする俳優さんです。

 

まとめ

ドラマ「セシルのもくろみ」が2017年7月から放送される予定です。
今日は原作からあらすじをご紹介しました。
また登場人物をキャストとともにまとめてみました。

 

女性の生き方を考えさせてくれそうなドラマになりそうです。
放送開始が楽しみですね。

 

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年7月期, セシルのもくろみ