クライシスにプロレスラー?7分30秒ノンストップアクションに挑む

   

ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(クライシス)」の8話ではなんと現役プロレスラーが出演します。
8話で稲見朗(小栗旬)と田丸三郎(西島秀俊)に立ちはだかるのは新興宗教団体、神の光教団でした。
そこの信者として、プロレスラーが2人も出演するのです。

 

スポンサーリンク

 

クライシス8話のあらすじ

ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(クライシス)」の8話が2017年5月30日に放送予定です。
その8話のあらすじをまずはご紹介します。

 

 

公安の協力者として新興宗教団体“神の光教団”に潜入している林智史(眞島秀和)から、妻の千種(石田ゆり子)を介して「重大な情報を手に入れた」と連絡を受けた田丸(西島秀俊)。
数日後、極秘裏に林と会った田丸は、教団が画策しているテロの情報を教える代わりにスパイを辞めたいと取引を持ちかけられ、動揺する。任務から解放されれば、林は千種の元に帰ることになるからだ。

 

 

さらに林は、テロを阻止した後、自分たち夫婦を保護すると、事前に覚書を交わしてほしいと要求。
田丸から話を聞いた青沼(飯田基祐)はその条件を承諾するが、一方で、田丸と千種の関係を不安視していた。

 

 

林の情報によると、テロの決行は2日後で、標的は文部科学大臣。
青沼からテロ情報の報告を聞いた鍛治(長塚京三)は、意味深な表情を浮かべながら特捜班に警備を一任することを決める。

 

 

テロ決行当日、稲見(小栗 旬)はいつもとどこか違う田丸の様子が気に掛かる。
その頃、大臣が登壇予定のイベント会場には、“神の光教団”の元信者がカバンを手に身を潜めていた。
そして大臣が到着すると、警備の目をかいくぐり、会場内で歩みを進める大臣に急接近。
カバンの中から何かを取り出そうとするが、次の瞬間、駆けつけた稲見と田丸によって間一髪拘束される。
大臣の危機を未然に防ぎ安堵(あんど)したのもつかの間、男からカバンを奪い取って中身を確認した田丸は、教団の真の狙いに気づき、ぼうぜんとその場に立ち尽くしてしまい…

出典:公式HP

 

 

ドラ美
ついに神の光教団が大々的に出てくるんだね。

 

 

ドラ男
今回もかなり楽しみ!

 

 

クライシス8話にプロレスラーが出演

ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(クライシス)」の8話に現役プロレスラーが出演することが分かりました。
この8話では、前代未聞の7分30秒もの間、ノンストップで壮絶な極限アクションバトルがあるのです。
しかも、特捜班5人は150人を相手に戦います。

 

 

ドラ男
野間口さんもアクションするかな?
知る人ぞ知る、元ラグビー部なんだよ!

 

 

ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(クライシス)」第8話予告動画

 

 

プロレスラーは新興宗教団体、神の光教団の信者

今回ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(クライシス)」の8話に出演するプロレスラーは新興宗教団体、神の光教団の信者役を演じます。

 

 

新興宗教団体、神の光教団は1話の冒頭で出てきましたよね。
おそらくドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(クライシス)」のクライマックスで戦うラスボスはこの神の光教団なのだと思います。

 

 

また現在、田丸三郎(西島秀俊)の手引きで林智史(眞島秀和)が出家信者として潜入捜査をしています。
公安の協力者として情報を提供しているのです。

 

 

このなんとも怪しい新興宗教団体、神の光教団の信者としてプロレスラー2人が登場するのです。
8話のクライマックスでは、2人のアクションシーンがあるようです。
かなり迫力があるものになりそうですね。

 

スポンサーリンク

 

クライシス8話に出るプロレスラーは誰?

ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(クライシス)」8話に出てくる2人のプロレスラーは誰なのかが気になってきたと思います。
今日は2人のプロレスラーについてしっかりご紹介します。

 

 

 

 

後藤洋央紀

後藤洋央紀さんは、新日本プロレスに所属している三重県出身のプロレスラーです。
ニックネームはこんなにもありました。

 

 

  • 混沌の荒武者
  • 荒武者
  • 春男
  • 餓狼
  • 野武士
  • 復刻ストロングスタイル

 

 

レスリング出身のプロレスラーなのです。
国士舘大学へ進学したのちに、レスリングで上位に入賞をするなど、好成績を収めていました。

 

 

2002年に新日本プロレスに入団するのですが、肩を脱臼したことで一度退団をされます。
病院に通い、リハビリを続け、トレーニングを重ねます。
そして新任本プロレスに再入団を果たし、復帰されました。

 

 

 

 

後藤洋央紀さんの得意技の1つにGTRという技があります。
今回のドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(クライシス)」8話でも、その技が披露されるようですよ。
楽しみです。

 

 

 

 

GTR

GTRは相手の首にラリアットを打ち込んだ後、自らの右膝に相手の首筋から背中を打ち付けるという技。
ネックブリーカーとバックブリーカーの複合技とされています。

 

 

GTRという技の名前は、荒武者のイメージから脱するために、和名や漢字を用いる技名ではなく、横文字を使っています。。
技の名前であるGTRは「GoTo Revolution」の略という説もありました。
しかし本人は「GTRはなんの略?とくにありません」とのことを発言されているので、意味は特にないようです。

 

 

土井成樹

土井成樹さんはドラゴンゲート所属で奈良県出身のプロレスラーです。
2000年にプロレスデビューをした際は、元読売ジャイアンツの土井正三さんから取ったセカンド土井という名前でした。
しかしなかなか結果はのこせなかったのです。
2005年に本名である土井成樹に名前を戻し、そこから目まぐるしい活躍をされてきました。

 

 

土井成樹さんは2009年には神宮球場で始球式に登板しました。
東京ヤクルトスワローズのマスコットであるつば九郎に対し、ブログのアクセス数で上位ランクを競う間柄であることから一球勝負を挑みます。
結果は頭部にビーンボール。
間一髪よけたつば九郎が怒ってしまい、マウンドに駆け寄り乱闘に発展してしまいました。

 

 

土井成樹さんがコブラツイストで応戦するも、つば九郎が腰投げで土井を投げます。
しかし、つば九郎は土井成樹さんに倒され、腕ひしぎ逆十字固め。
つば九郎がギブアップしたため、土井成樹さんの勝利となりました。

 

 

その後は、土井成樹さんもつば九郎も握手で互いの健闘を讃え合い、今後は協力し合うことを誓い合ったのです。
なんとこの始球式を記念として、Tシャツがヤクルト球団から発売されているんですよ。

 

 

ドラ男
スポーツマンシップってこういうこと?

 

 

土井成樹さんは、探偵!ナイトスクープに出演記録がありました。
それ以来は出演は内容なので、今回のドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(クライシス)」8話でひときわ話題をもっていってくれることでしょう。

 

 

まとめ

ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(クライシス)」8話になんと現役のプロレスラーが出演することになりました。
新日本プロレスの後藤洋央紀さんとドラゴンゲートの土井成樹さんです。
2人の壮絶なアクションシーンが見られそうです。

 

 

 

 

ドラ美
とにかくすごそう!

 

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 - 2017年