貴族探偵のネタバレ!井川遥の正体に関係があるのはチョコって何で?

   

ドラマ「貴族探偵」では井川遥さんが演じている喜多見切子の正体がかなり不思議がられています。
一体何者なのでしょうか。
ネタバレを含んでいる原作についてもご紹介します。

 

 

また、気になる仕掛けとしてチョコが出てきています。
このチョコにも何か秘密が隠されているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

井川遥演じる喜多見切子とは

ドラマ「貴族探偵」には喜多見切子という女性が出てきます。
女探偵ですよね。
井川遥さんが演じているのですが、この喜多見切子の正体が大変気になります。

 

 

喜多見切子

まずはじめに喜多見切子について、ご紹介します。
井川遥さんが演じる喜多見切子は、元探偵です。
高徳愛香(武井咲)が憧れている女探偵とは、この喜多見切子のことだったんですね。
喜多見切子のことを師匠と呼んで慕っている高徳愛香(武井咲)ですが、探偵をいろはを教えてもらったからなのです。

 

 

しかし、喜多見切子は謎の死を迎えてしまいました。
なぜか過去に貴族探偵(相葉雅紀)との推理対決に敗れ、すぐの出来事でした。
謎に包まれた女性なのです。

 

 

喜多見切子とチョコの関係

みなさんはお気づきになられましたか?
ちょこちょこチョコが出現していたことを。

 

 

このチョコと井川遥さん演じる喜多見切子が何か関係しているのではないかと言われていたりします。
ちょっと調べてみました。

 

 

ドラマ「貴族探偵」2話にチョコが出てきましたよね。
チョコが1粒、勝手になくなるシーンでした。

 

 

演出としては、井川遥さん演じる喜多見切子が食べたのかと思わせるようなものでした。
しかし貴族探偵の影も映りましたよね。
不思議で深い意味を持っているのかと思いました。

 

 

このチョコで、自分が亡くなったことには貴族探偵と関係があるということを表しているのでしょうか。
おそらく伏線になってくると思うのです。

 

 

喜多見切子の正体は一体何者?

ドラマ「貴族探偵」を見進めていくと、喜多見切子の正体が気になってくると思います。
貴族探偵に関係してくるような感じの雰囲気もありますよね。
原作からも読み解こうと思います。

 

 

原作から喜多見切子の正体を暴く

さて、ドラマ「貴族探偵」は原作のあるドラマですよね。
原作が気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。
ネタバレを含みますが、原作とドラマとでは、違う設定になっていたりもするので、面白いですよ
ドラマ「貴族探偵」の放送が決まったばかりのころは、売り切れ続出でしたが現在は在庫もしっかりあるようです。

 

 

貴族探偵

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

貴族探偵 (集英社文庫) [ 麻耶雄嵩 ]
価格:712円(税込、送料無料) (2017/6/2時点)

 

 

 

貴族探偵対女探偵

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

貴族探偵対女探偵 (集英社文庫(日本)) [ 麻耶 雄嵩 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2017/6/2時点)

 

実写ドラマ化が決定した「貴族探偵」!

 

 

原作とドラマでの喜多見切子の違い

さて、原作とドラマでの喜多見切子(井川遥)の描かれ方が違います。
違いをご紹介します。

 

 

作品 原作 ドラマ
性別 男性 女性
死因 ガン 事故死
貴族探偵との関係の有無 なし あり

 

 

これらの違いがあります。
井川遥さんが演じる喜多見切子は、オリジナル性のあるキャラクターとして描かれているのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

貴族探偵と喜多見切子の関係は?

喜多見切子の正体を暴くには貴族探偵(相葉雅紀)との関係を明らかにしなくてはならないようです。
そしてすでにドラマ「貴族探偵」7話以降で喜多見切子と貴族探偵(相葉雅紀)との関係が明らかになってきています。
気になるセリフも出てきていますよね。

 

 

「確実に殺せ、鈴木」

 

 

こんな恐ろしいことを、貴族探偵(相葉雅紀)は真顔で淡々と言っていました。
鈴木とは特命秘書のことで、ギリの声を担当している仲間由紀恵さんが演じています。

 

 

喜多見切子(井川遥)が亡くなったことについては、貴族探偵(相葉雅紀)が関係してくるのではないかと、高徳愛香(武井咲)は思いました。6話の終盤あたりでした。

 

 

6話で桜川家にて毒を飲まされて重体だったはずの人間が、すでに退院しており、そもそも入院していた形跡が消えていました。
その不自然さに気づいた高徳愛香(武井咲)はとあることを知ることになるのです。
それが、自分の師匠である喜多見切子(井川遥)の死亡届が出されていたのが桜川病院だったということです。

 

 

桜川家と貴族探偵(相葉雅紀)とは親しい関係にあるようだったので、余計に怪しく感じたのでしょうね。
喜多見切子(井川遥)が事故死とされていることも、何か秘密が隠されているのではないかと感じ始めたのです。

 

 

そもそも喜多見切子は頭の切れる人間でした。
簡単に事故死をするとは思えなかったのです。

 

 

今後、喜多見切子(井川遥)についてはもっと明らかになってくるでしょう。
その中には貴族探偵(相葉雅紀)と喜多見切子(井川遥)の関係も詳しく描かれるはずです。
おそらく貴族探偵(相葉雅紀)の正体もわかってくるでしょう。

 

 

まとめ

ドラマ「貴族探偵」で、ひときわ気になるのは、井川遥さん演じる喜多見切子の正体です。
また、意味深に出てきたチョコについても気になっている方が多いようでしたね。
今日はネタバレを含む原作についてもご紹介しました。

 

 

ドラマが最終回に近づくにつれ、喜多見切子(井川遥)の正体や貴族探偵(相葉雅紀)についても明らかになっていくことでしょう。
どういう結末が待っているかがとても楽しみですね。

 

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年