ごめん、愛してる1話のあらすじ。アノ人の撮影秘話が気になりすぎる

   

ドラマ「ごめん、愛してる」の初回放送が2017年7月9日に決定しました。
放送開始まで3週間ということで、あっという間のような、早く見たいような、そんな気持ちです。

 

このドラマ「ごめん、愛してる」は韓国ドラマとして放送された際は、社会現象にもなるほど、かなり話題作になっています。
だからこそ、日本での放送を待ち遠しく感じている人は多いことでしょう。

 

 

早速ドラマ「ごめん、愛してる」の1話のあらすじが発表されましたので、ご紹介します。
これを読むと、ますます放送が楽しみになりますよ。

 

スポンサーリンク

 

ごめん、愛してるの1話あらすじ

2017年7月9日に放送されるドラマ「ごめん、愛してる」の1話のあらすじです。
ついに初回の放送日も決定し、あらすじも公開されました。

 

 

幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた岡崎律(長瀬智也)。
底辺で生きる彼の居場所はもはや裏社会にしかなかった。
そんな暗澹とした日々を送っていた律は、ひょんなことから一人の女性・三田凜華(吉岡里帆)を助ける。
後に、これが二人にとって運命を変える出会いとなる…。

ある日、律は事件に巻き込まれ頭に致命的なけがを負い、命がいつ尽きるかわからない状態に。
せめて最期に親孝行がしたいと実母を探し始めた律は情報を掴み、母親・日向麗子(大竹しのぶ)を探し当てる。
しかし律が目にしたのは、貧しさゆえに自分を捨てたと思っていた母親が息子のサトル(坂口健太郎)に溢れんばかりの愛情を注ぐ姿。
裕福で幸せそうな二人の様子に愕然とした律は、母親への思慕と憎しみに葛藤する。
そんな時、律は凜華と再会する。
凜華は幼馴染みであるサトルに思いを寄せていたが、その想いは届かず寂しさを抱えていた…。

出典:公式HP

 

ドラ男
初回から、いろんな人の愛しくて切ない想いが出てきそう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

ごめん、愛してる1話の見どころ

ドラマ「ごめん、愛してる」の1話のみどころをお伝えします。
続々とキャストの方々がクラインクインしていらっしゃるようで、撮影秘話もどんどん出てきているようです。
そんな中、2017年7月9日に初回の放送が決まったドラマ「ごめん、愛してる」1話の見どころをまとめてみました。

 

 

 

 

2人の運命的な出会い

まず重要になるのは、ドラマの役どころを掴むことでしょう。
1話で岡崎律(長瀬智也)と三田凜華(吉岡里帆)は出会うようですね。
運命的な出会いとは、どんな形での出会いなのでしょうか。

 

 

三田凜華(吉岡里帆)が岡崎律(長瀬智也)に対して、日本人ですか?というセリフがあることから2人の出会いは韓国でしょうかね。
裏社会で生きる岡崎律(長瀬智也)の容姿にも、期待しています。

 

 

細かいセリフのニュアンス

どんなドラマであっても、大切なのはセリフや表情ですよね。
セリフといっても、いろんな言い方や言い回し方で受け取り手、視聴者側の反応や感じ取り方は変わってきます。

 

 

そんなことから、表現方法やセリフの細かい部分のニュアンスなどを、監督、長瀬智也さん、吉岡里穂さん。
そして、そんな3人のセッションの中で、こんなやり取りがあったようです。

 

 

ところで、ここで律が時代錯誤なある言葉を言って、「いつの言葉ですか!?」と凜華にツッコまれるシーン。
この“ある言葉”、長瀬さんは知らなかったそうですが、この言葉を知ってるか知らないかで年齢が分かってしまうかも…(笑)。

出典:公式HP

 

 

このある言葉とは、何なのでしょうね。
ちょっとしたことですが、ドラマの1つの見どころではないでしょうか。
とっても気になります。

 

 

まとめ

ドラマ「ごめん、愛してる」の1話のあらすじが公開されました。
放送開始日まで、あと3週間となった今、本当に楽しみで仕方ありません。
かなり気合いが入っているキャストが揃っているので、期待している人が多いでしょうね。
もちろん私もその中の1人です。

ごめん、愛してるの日本版キャストとあらすじをどこよりも詳しく紹介

 

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年7月期, ごめん、愛してる