夫・誠(勝村政信)への情を再確認した衣香(石田ひかり)は、瀬野(今井翼)との関係に揺れていた。落ち着いて考える時間が欲しいと瀬野に告げ、しばらく距離を置くことに決める。しかし、瀬野の存在は彼女を大きく変えていた。これまで言われるがままだった千鶴子(高畑淳子)の嫁いびりに反論するようになったのだ。そんな衣香の変化が面白くない千鶴子は、ホームパーティーをしようと提案する。

その頃、瀬野は、妹の小町(芦那すみれ)に会い、母親の近況を聞く。そして、小町に父親の復讐を果たすための証拠が全て揃ったと告げる―。

数日後行われた、西條家のホームパーティーに、千鶴子は杏子(三浦理恵子)と瀬野をゲストに呼んでいた。

千鶴子は、杏子が誠と別れ話でもめている所や、母屋から出てきた瀬野と傍らにいた衣香の姿を目撃していたのだ。渦中の2組のカップルは、千鶴子の策略で呉越同舟に。千鶴子は、意図的に会話の中心となり、衣香と瀬野、誠と杏子のそれぞれの反応を伺う。さらに、杏子に誠と別れるように言い、誠には後日勤務先まで出向いて、衣香が浮気をしていると煽る。千鶴子の誠への愛は過熱するばかりだった。

そんなある日、瀬野に改めて告白され、ある提案をされた衣香は気持ちを抑えられなくなり…。一方、誠の会社に刑事の和田(松澤一之)が再び訪れ、井沢(横堀悦夫)との関係を追求した。そして、瀬野が瀬野機器の亡くなった社長の息子で、衣香の昔の恋人だと告げる。パーティーの時の2ショットを思い出し絶句する誠…。

衣香に愛を告げながらも、瀬野は復讐との狭間で揺れていた。瀬野が復讐を遂げた時、西條家はどうなってしまうのか…。その時、2人の関係は…。