コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

屋根裏の恋人の脚本家、旺季志ずかのブログに救われる人がいる理由。

      2017/07/16

ドラマ「屋根裏の恋人」の脚本を務めるのは旺季志ずかさんです。
旺季志ずかさんは過去は女優志望だったという経歴の持ち主だったんですよ。
現在は脚本家として大活躍をされています。

 

 

大ヒットドラマを生み出すなど多くのファンがいらっしゃるんです。
さらに、ブログを書かれていて、悩める社会人のためにブロガーとしても活動されています。
今日はドラマ「屋根裏の恋人」の脚本を担当する旺季志ずかさんについてまとめました。

 

スポンサーリンク

 

屋根裏の恋人

ドラマ「屋根裏の恋人」は2017年6月から放送されているドラマです。
全員が裏の顔を持っているという衝撃的なストーリーが繰り広げられています。

 

 

  • 衣香(石田ひかり)
  • 誠(勝村政信)
  • 帆花(大友花恋)
  • 勇人(髙橋楓翔)

 

 

この4人が誠(勝村政信)の父の死を機に千鶴子(高畑淳子)の家へと引っ越してきたのです。
派手で奔放な姑、千鶴子(高畑淳子)と同じ敷地内で暮らすことに衣香(石田ひかり)は不安がありました。
それでもフラワーアレンジメント教室を開く夢が叶うので衣香(石田ひかり)には嬉しい引っ越しになったのでした。

 

 

そんな時に衣香(石田ひかり)の前に現れたのは、かつての恋人の瀬野樹(今井翼)。
そして西條家の屋根裏に棲みついたのです。
別れたのは18年前ですが突然姿を現したのには理由がありました。

 

 

鎌倉の一軒家。
西條衣香(石田ひかり)は、夫・誠(勝村政信)の父の死を機に、義父が遺した鎌倉の洋館に、夫と娘・帆花(大友花恋)、息子・勇人(髙橋楓翔)と引っ越してきた。
義父の後妻である姑・千鶴子(高畑淳子)に強く勧められたためだ。
同じ敷地内の別棟とはいえ、自分とは違ったタイプの派手で奔放な姑と同じ敷地内で暮らしていくことに不安はあったが、長年の夢だったフラワーアレンジメント教室を自宅サロンで開けること、一家四人が広々と過ごすことができる念願の住処だ。
絵に描くような幸せな光景がみえ、洋館への引っ越しを決意した。

 

洋館の庭で行われた引っ越しパーティーの日。
衣香のもとに、昔の恋人・瀬野樹(今井翼)が突然現れる。
彼は「借金とりに追われているから匿ってくれ」という。

 

18年前に別れた恋人、あれから連絡をとっていなく、新居の住所を知るはずもない。
なぜ、ここにやってきたの?どうして?
とにかく今の衣香には、家族に紹介できる相手では無い。

 

直観的に恐怖を感じ、瀬野を追い返そうとするが、
彼は姿を消していた…。

 

その夜から、西條家では、不思議なことが起こる。
冷蔵庫の食料が減っていたり、夫の洗濯物が無くなったり。
そして、衣香の結婚記念日に信じられないことが起きた。
家族が帰らない家の屋根裏からバイオリンの音色が聴こえてきた。
音に導かれるように、屋根裏へ登っていくと、瀬野がバイオリンを奏でている。

 

彼は、西條家の目を盗んで、屋根裏に棲みついていたのだ。

 

以来、瀬野は、屋根裏から西條家の本当の姿を見つめ始める。
衣香は、家族が黙っていた秘密、裏の顔を知ることになっていく。

 

いじめにあっていた、中学3年生の息子…。
恋人との深刻なトラブルに悩む、高校2年生の娘…。
証券会社に勤務して将来有望の夫。家庭でも良い父親のはずが…。
姑が呼び寄せた本当の理由とは…。
さらに、衣香の良き相談相手の親友・菅沼杏子(三浦理恵子)までもが、大きな秘密を抱えていて…。

 

精神的に追い詰められていく衣香。揺れ動く瀬野への気持ち。
そんな中、1つの殺人事件がさらなる運命の歯車を狂わせていく。

 

果たして、瀬野が屋根裏に棲みついた本当の理由とは。
そして衣香は、壊れかけた家族とどう向き合っていくのか。
“すべての裏”が明らかになる時、衝撃の結末が待ち受けている!

 

いけないオトナの事情が錯綜するドロドロストーリー!
土曜の夜は、愛と恐怖に身もだえる!

出典:公式HP

 

 

ドラ美
土曜の夜は、眠れなくなりそう!

 

 

キャスト

 

西條衣香役/石田ひかり(主演)
瀬野樹役/今井翼
菅沼杏子役/三浦理恵子
和田祐一役/松澤一之
西條帆花役/大友花恋
西條勇人役/髙橋楓翔
金子晃役/速田隆成
西條誠役/勝村政信
西條千鶴子役/高畑淳子

 

 

スタッフ

 

企画:横田誠
脚本:旺季志ずか
音楽:平井真美子
主題歌:BoA「Right Here,Right Everywhere」
プロデュース:後藤勝利、渡辺良介、熊谷理恵
監督:中田秀夫、川村泰祐、大内舞子
制作著作:大映テレビ株式会社
制作:東海テレビ放送

 

 

 

 
おもしろいですよね。
テロップ!!!
 

 

屋根裏の恋人の脚本

ドロドロドラマである「屋根裏の恋人」ですが、脚本を務めている方はどなたなのでしょうか。
大ヒットドラマを作り出している旺季志ずかさんでした。

 

 


本当にどうなってしまうんでしょう。
子どもたちも家から出ていくみたいですし、西條誠(勝村政信)の浮気の行方も気になりますね。
行きつく先が想像できない物語ってすごく面白いですよね。

 

 

なお、こちらのドラマ「屋根裏の恋人」には原作はありません。
しかしモチーフとなった事件があるんです。
そちらについては、この記事をご覧ください。

屋根裏の恋人の原作は?モデルとなったドイツの怪奇事件はどんな話?

 

 

旺季志ずか

旺季志ずかさんは徳島県出身の脚本家です。
なんと大学を卒業した後は、女優を志されていたんです。
しかし残念なことに挫折をしてしまします。

 

 

それでもシナリオ作家協会のシナリオ講座を受講し、脚本家に転身します。
これが大成功を収める原点になったのです。

 

 

ドラ男
こういう世界に憧れを抱いていて、どんな形でも携われるっていうのはすごいよね!

 

 

ドラ美
夢、叶っているって言ってもいいんじゃないかな?

 

 

旺季志ずかさんの強みはなんと言っても豊富な実体験。
50種類の職業を経験されているんです。
例えばこちら。

 

 

  • 高層ビルガラス掃除
  • 銀座ホステス

 

 

ドラ美
だから、旺季志ずかさんの作品にはリアリティがある作品が多いんだね。

 

 

あらゆるテーマでも実体験を元に作ることができるので、視聴者との共感を生み出せているんでしょうね。
だからこそ生まれる旺季ワールド。
仕事や運命に翻弄される逆境の中の人間を、残酷でありながらも、あたたかな目線で描くのが特徴です。

 

 

今までにこんなテーマで作品を書かれています。
普通の生活と隣り合わせの世界がテーマであることも、視聴者が身近に感じることができるのでファンが多いのでしょう。

 

 

  • ド貧乏
  • シングルマザー
  • イジメ、不登校
  • 共依存、恋愛依存
  • 熟年離婚

 

 

テレビドラマでもヒットを生み出しています。
ファンがいるというだけでも、見ようと思いますよね。

 

 

  • カラマーゾフの兄弟
  • 女帝
  • ストロベリーナイト
  • 正義の味方
  • 特命係長 只野仁
  • トイレの神様
  • 佐賀のがばいばぁちゃん

 

 

ドラ美
知ってる作品ばかり!

 

 

ドラ男
旺季志ずかさんが脚本を担当しているって聞いただけで見る人、絶対多いよね!

 

スポンサーリンク

 

旺季志ずかは脚本家だけではない

旺季志ずかさんは脚本家としてだけでなく小説家としても活躍中です。
最新作は小説「虹の翼のミライ」。
こちらの作品は自分自身を取り戻す冒険ファンタジーが描かれています。
映像的な描写と泣けると言われているラストで人気沸騰中なんですよ。

 

 

 

 

虹の翼のミライ
旺季志ずか

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

虹の翼のミライ [ 旺季志ずか ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/6/26時点)

 

 

 

また、こちらの姉妹編となっている小説「臆病な僕でも勇者になれた七つの教え」がありました。
2015年にエンタメ自己啓発という新しいジャンルを切り開いた作品です。
発売5日だけで5万部を売り上げたという大ヒット小説です。

 

 

 

 

臆病な僕でも勇者になれた七つの教え
「自信」が湧きだす不思議な冒険
旺季志ずか

 

 

 

ドラ美
脚本家としても小説家としてもすごいなぁ。

 

 

ドラ男
映像でも文字でも旺季志ずかさんの作品が見られるんだもんね。
ファンが増えるわけだ!

 

 

ドラマ「屋根裏の恋人」でもコアなファンが集まっています。
SNSも盛り上がっているというドラマ「屋根裏の恋人」。
ご自身でも実感があるようですね。

 

 

 

 

旺季志ずかには悩める社会人のためのブログがある

ドラマ「屋根裏の恋人」の脚本を務める旺季志ずかさんは、ブログも開設されています。
その名もドス恋人生の極め方~人生はわくわくジグソーパズル~

 

 

こちらのブログは絶望の中に希望を描くということがモットーです。
すべては自分を好きになることから始まるというその秘訣を教えてくれてるブログとなっています。

 

 

現代社会に苦しめられる社会人。
悩める社会人のために発信されているんですよ。
このブログを読めばポジティブでたくましい感性で人生を捉えることができるヒントを見つけることができるのです。

 

 

旺季志ずかさんはカウンセリングやセラピーの資格を多くお持ちです。
そういう知識も多く含まれているんです。

 

 

  • シナリオづくりから学ぶ主役になって人生を遊びにする法
  • 自分の才能(ソウルビジネス)を見つける法
  • パートナーを魅力的な恋人にかえるメイクラブ

 

 

このようなテーマで講演活動を行っている旺季志ずかさん。
これこそが今の現代人に必要な知識なのでしょうね。
日本に求められている1人です。

 

 

ドラ男
毎日が明るくなりそう!

 

 

ドラ美
明るい人生になりそうだね。
全ては考え方1つで変わるってことなのかもしれないね。

 

 

まとめ

ドラマ「屋根裏の恋人」の脚本を担当されているのは旺季志ずかさんです。
旺季志ずかさんは自分の多くの経験を元に作品を描かれているのでリアリティにあふれ、ファンも多くいらっしゃいます。

 

 

旺季志ずかさんはカウンセリングやセラピーの資格を多く持たれていることから、悩める社会人のためにブログまで発信されているんです。
悩める社会人が多い現代社会、日本には旺季志ずかさんのような方が必要で、未来を明るく変えてくれるんだと思いました。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年7月期, 屋根裏の恋人