コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

過保護のカホコの脚本は遊川和彦。ひどいと言われる原因と作品一覧!

      2017/08/16

ドラマ「過保護のカホコ」の放送が2017年7月12日から始まっています。
痛快のホームドラマと言われているだけあって、見ていて本当に面白いですよね!
何より、竹内涼真さんと高畑充希さんの2人がかわいいんです!
この2人を見るためだけに見ても絶対損はしないと思いますよ!

 

今日はドラマ「過保護のカホコ」の脚本を担当する遊川和彦さんについてまとめてみました。
なんと脚本家の遊川和彦さんの作品はひどいと言われていたりすることもあるんです。
作品一覧から、ひどいと言われている原因を突き止めようと思います。

過保護のカホコの見逃し配信動画を無料で見る方法は?

 

スポンサーリンク

 

過保護のカホコ

ドラマ「過保護のカホコ」は2017年7月12日から始まった新ドラマです。
痛快なホームドラマとなっています。

 

 

過保護に育てられた根本加穂子(高畑充希)が主人公です。
1人の青年から「お前みたいな過保護が日本をダメにするんだ」と言われてしまいます。

 

ドラ男
これ言われたら結構ショックを受けちゃうよね。

 

ないない尽くしの加穂子(高畑充希)。
全て親がなんでもやってくれていた21歳の女子大生。
どれだけないないなのかというと…。

 

  • アルバイトを1回もしたことがない
  • 1人で服を選んだことがない
  • 送迎付きだったため駅まで歩いたことがない

 

ドラ美
ないないないない!
ないない女だな。

 

これから加穂子(高畑充希)が経験することは全てが初めて。
どうなってしまうんでしょう。

 

キャスト

ドラマ「過保護のカホコ」のキャストをご紹介します。
若手中心となるのかと思いきや、そうでもなかったですね。

 

根本加穂子役/高畑充希(主演)
根本泉役/黒木瞳
根本正高役/時任三郎
麦野初役/竹内涼真
並木初代役/三田佳子
並木福士役/西岡徳馬
環役/中島ひろ子
衛役/佐藤二朗
節役/西尾まり
厚司役/夙川アトム
糸役/久保田紗友
根本多枝役/梅沢昌代
根本正興役/平泉成
根本教子役/濱田マリ

 

 

 

スタッフ

ドラマ「過保護のカホコ」のスタッフの方々です。

 

脚本:遊川和彦
音楽:平井真美子
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:大平太、田上リサ
演出:南雲聖一、日暮謙、伊藤彰記、明石広人
制作協力:5年D組
製作著作:日本テレビ

 

過保護のカホコの脚本

ドラマ「過保護のカホコ」の脚本を担当されるのは遊川和彦さんです。
遊川和彦さんについて、加穂子(高畑充希)の母親役を演じる黒木瞳さんはこんな風にコメントされています。

 

脚本家の遊川和彦さんが、過保護の親に迫るなんて、
興味津々です。過剰な愛の先に何が待っているのか、
撮影が今からとても楽しみです。

出典:公式HP

 

過保護の親に迫るというテーマを手掛ける遊川和彦さん、私も興味津々です。
どんなふうに描かれるんでしょう。

 

遊川和彦

遊川和彦さんは東京都生まれ、広島県育ちの脚本家です。
最初は役者志望だったんです。

 

映画学校に短期間在籍しテレビ制作会社のディレクターを経て脚本家としてデビューされました。
デビュー作は1987年ドラマ「うちの子にかちって…スペシャルⅡ」です。
なんとダウンタウンの浜田雅功を役者として成功させた人でもあります。

 

ドラ男
「ADブギ」や「十年愛」に出演してたもんね。

 

数々のヒット作品を生み出している遊川和彦さん。
ドラマ「過保護のカホコ」も期待通りテンポの良いシーンが多くて面白いですね。
それぞれのキャラクターが個性的なのにケンカせず、程よい空気感を生み出している気がします。
なんかついつい次が気になっちゃうんですよね。

 

ドラ美
黒木瞳さんも楽しみって言ってるから特に気になる!

 

スポンサーリンク

 

遊川和彦の作品一覧

ドラマ「過保護のカホコ」の脚本を担当する遊川和彦さんの作品一覧をご紹介します。
わかりやすいように連続テレビドラマ、単発テレビドラマ、映画に分けてまとめますね。

 

連続テレビドラマ作品一覧

 

1987年 オヨビでない奴! TBS
1988年 金太十番勝負! フジテレビ
1989年 ママハハ・ブギ TBS
1990年 予備校ブギ TBS
1991年 学校へ行こう! フジテレビ
ADブギ TBS
1992年 十年愛 TBS
1994年 もしも願いが叶うなら TBS
禁断の果実 日本テレビ
1995年 人生は上々だ TBS
1996年 真昼の月 TBS
1997年 智子と知子 TBS
1998年 GTO 関西テレビ
1999年 魔女の条件 TBS
2000年 オヤジぃ。 TBS
2001年 お前の諭吉が泣いている テレビ朝日
恋がしたい恋がしたい恋がしたい TBS
フレーフレー人生!(企画・原案担当) 読売テレビ
2002年 おとうさん TBS
2003年 幸福の王子 日本テレビ
2004年 夫婦 TBS
2005年 女王の教室 日本テレビ
2006年 誰よりもママを愛す TBS
2007年 演歌の女王 日本テレビ
2008年 学校じゃ教えられない! 日本テレビ
2009年 リミット-刑事の現場2 NHK
2010年 曲げられない女 日本テレビ
2011年 リバウンド 日本テレビ
家政婦のミタ 日本テレビ
2012-2013年 純と愛 NHK
2015年 ○○妻 日本テレビ
偽装の夫婦 日本テレビ
2016年 はじめまして、愛しています テレビ朝日
2017年 過保護のカホコ 日本テレビ

 

単発テレビドラマ作品一覧

 

1987.3.15. 家庭の問題 TBS
1987.4.1 うちの子にかぎって…スペシャルII TBS
2000.8.30 百年の物語 第3夜「Only Love」 TBS
2003.9.28 さとうきび畑の唄 TBS
2005.8.29 涙そうそうプロジェクト「広島 昭和20年8月6日」 TBS
2006 ひめゆり隊と同じ戦火を生きた少女の記録 最後のナイチンゲール 日本テレビ
2009.8.29 24時間テレビスペシャルドラマ「にぃにのことを忘れないで」 日本テレビ
2010.12.9 ニセ医者と呼ばれて ~沖縄・最後の医介輔~ 日本テレビ
2011.12.21 さよなら「家政婦のミタ」特別版 日本テレビ
2013.4.20 純と愛スペシャル 富士子のかれいな一日(原案) NHK BSプレミアム
2014.1.2 30分だけの愛 読売テレビ

 

映画作品一覧

 

1991年 ![ai-ou] 原案担当
1992年 喜多郎の十五少女漂流記 原作担当
1997年 恋は舞い降りた。 原案担当
2000年 ekiden 駅伝
2017年 恋妻家宮本 監督・脚本担当

 

遊川和彦の作品がひどいと言われる理由

ドラマ「過保護のカホコ」の脚本を務める遊川和彦さんの作品に対して、ひどいという声が聞かれました。
これはドラマ「過保護のカホコ」を楽しみにしているファンとしては、心配なことです。
理由を調べてみました。

 

遊川和彦の作品の特長が原因

遊川和彦さんの特長をみなさんは知っていますか?
それは、視聴者を不快にさせることで、ドラマの中に引っ張り込むという方法なんです。
たしかに、ドラマ「過保護のカホコ」にイライラする人が続出しているのも事実ですもんね。

 

ドラ男
すごい作戦だなぁ。

 

  • 女王の教室
  • 家政婦のミタ

 

これらも大ヒットドラマ作品となりました。
しかしこれらの作品を見ていて、嫌な気持ちになった日、ありませんでしたか?
それ、まんまと遊川和彦さんの作戦にひっかかっていたんですよ。

 

ドラ美
大ヒット作品が生まれる理由って、ここにあったんだ。

 

大ヒットドラマが生まれている裏で、嫌な気持ちにならせるという手法。
それは、万が一嫌な気持ちになってドラマを見るのを止めた人にとっては嫌な気持ちのままで止まっているんですよね。
それが、遊川和彦さんの作品がひどいと言われている理由になっているんです。

 

1つの作品が物議を醸しだした

遊川和彦さんが手掛けた脚本の作品がひどいと言われている理由はもう1つありました。
それはNHK連続テレビ小説の「純と愛」が原因です。
2年越しで脚本を依頼された遊川和彦さんは、この作品に対して、いくつかの提案を出しました。

 

  • これまでの連続テレビ小説っぽくないもの
  • 演出家や役者にも口を出す

 

この提案がなんと受け入れられたんです。
現場に行くのは週1にもなり、珍しいこととなりました。
しかし「純と愛」は思うような反響はありませんでした。
伏線を張るだけ張って回収していないという意見もありました。

 

ドラ男
伏線って回収がおもしろいのにね。

 

結末も主要人物が昏睡状態から目覚めることなく放送が終了するなど、賛否両論でした。
嫌な雰囲気で終わってしまっているのもひどいと言われている原因ですね。

 

本当に遊川和彦の作品はひどいの?

遊川和彦さんの作品がひどいと言われているとドラマ「過保護のカホコ」を楽しみにしている人たちは不安になりますよね。
本当に遊川和彦さんの作品ってひどいのでしょうか。

 

そもそも嫌な気持ちになるというのは遊川和彦さんの脚本の手法ですよね。
それで視聴者をドラマ作品に引き込めるというのは才能の1つです。

 

ドラマ「純と愛」は思わしくない結果となってしまいましたが、それは全て遊川和彦さんの責任ですか?ということですよね。
ドラマって脚本家が全てではありません。
ということは、遊川和彦さんの作品がひどかったわけではないんです。

 

ドラマ「過保護のカホコ」を楽しみにしている方は安心してほしいと思います。
大ヒットドラマを数々生み出している脚本家、遊川和彦さんが手掛けるんですよ。
期待していいに決まっているんです。

 

最初に根本加穂子(高畑充希)をみたとき、「この子本当に大丈夫かな…。」って思ってたんですけど過度に世間知らずなだけでまっすぐなんですよね。
それが逆に不安でもあるのですが…。
人に言われたことは素直に受け入れるし、しっかりと実践するため、このままだと本当に化けるかもしれませんよ!

 

それに、根本加穂子(高畑充希)に襲いかかる試練はどれも誰にでも降りかかるものです。
普通の人では何も思わないことが根本加穂子(高畑充希)にとってはすごい試練なんですよね。
個人的には結構面白いと思うんですが、どうなんでしょう。

 

それに個人的には根本加穂子(高畑充希)と麦野初(竹内涼真)のやり取りはすごく良いと思うんですよね。
SNSでもかなり盛り上がっていましたね。

 

 

 

実際にはSNSを中心に話題沸騰中で、今まで見てなかったけど途中から見始めた、という人がどんどん増えています。
回を追う毎にSNSのタイムラインの盛り上がりがすごくなってきてます。笑

 

 

それに登場人物と動物のCGを上手に組み合わせることでキャラ付けがとてもわかりやすいですよね。
他のドラマに比べてもキャラが多いとおもうのですがあの動物のおかげで覚えやすくなってるんだと思います。
なにより的確ってのがすごいと思うのですがどうでしょう!

 

 

まとめ

ドラマ「過保護のカホコ」の脚本を担当するのは遊川和彦さんです。
遊川和彦さんの作品がひどいという噂を耳にしました。
新ドラマが始まる前に、その真相を明らかにしてみました。

 

ドラマ「過保護のカホコ」の初回放送予定は2017年7月12日です。
遊川和彦さんの脚本、楽しみですね。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年7月期, 過保護のカホコ