コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

黒革の手帖の主題歌は福山雅治の聖域!書き下ろし新曲は妄想交じり?

      2017/08/17

ドラマ「黒革の手帖」が2017年7月20日から主演を武井咲さんに迎えて再び放送されています。
周りを固めるキャストも主演級の方々ばかりでとても豪華なドラマが完成しそうです。
毎週木曜の21時が楽しみ!という方も、たくさんいますよね。

 

そんなドラマ「黒革の手帖」の主題歌が決定しました。
福山雅治が書き下ろした聖域という曲です。
今日は福山雅治さんの手掛けた主題歌について調べてみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

黒革の手帖

ドラマ「黒革の手帖」は松本清張史上最強といわれている悪女のストーリーです。
今年2017年は松本清張没後25年という節目の年
主演を武井咲さんに迎えて、再び放送が始まります。

 

ドラマ「黒革の手帖」は以前2度放送されています。
1度目は1982年のことで山本陽子さんが主演でした。
最高視聴率は18.6%を叩き出すなど、大好評のうちに幕を下ろしたのです。

 

そして2度目の放送は2004年。
主演は米倉涼子さんへと変わりました。
最高視聴率は17.7%で以前の人気は継続していたんですね。

 

そして今年2017年。
米倉涼子さんと同じ事務所に所属されている武井咲さんが主演となり、ドラマ放送が決まりました。
悪女のイメージはなかなかない武井咲さんですが、そこは女優の腕の見せ所。
どういう原口元子を演じてくれるのでしょうか。

 

 

東林銀行世田谷北支店で派遣社員として働く原口元子(武井咲)。
莫大な金を預けにくる顧客や違法な“借名口座”に金を預ける預金者、そしてコネで入行してきた大口取引先の娘と自分の人生を比較し、そのあまりの違いに現実を痛感していた。

 

そんな日々を送りながら、昼は派遣社員、夜は銀座のクラブ『燭台』でホステスとして働く元子。
すべては母親が遺した借金を返済するためだった。

 

容姿もよく、夜の世界の住人にしては純粋な雰囲気の元子は、ほどなくして上客である楢林クリニックの院長・楢林謙治(奥田瑛二)の目に止まる。
ある日、『燭台』のママ・叡子(真矢ミキ)に連れられ、楢林とのゴルフに出かけた元子は、そこで大手予備校・上星ゼミナールの理事長・橋田常雄(高嶋政伸)と衆議院議員秘書の安島富夫(江口洋介)と出会う。
まさかこの出会いが、この後の人生を大きく変えることになるとは、知る由もない一同だったが…?

 

そんな折、東林銀行で、ある事件が発生する。
それを契機に元子はこれまで秘密裏に進めていた“ある計画”を実行に移すことを決意して…?

出典:公式HP

 

キャスト

ドラマ「黒革の手帖」の2017年版キャストです。
武井咲さんと危うい関係になるのは、江口洋介さんですよ。

 

原口元子役/武井咲(主演)
安島富夫役/江口洋介

 

山田波子役/仲里依紗
村井亨役/滝藤賢一
牧野役/和田正人

 

島崎すみ江役/内藤理沙
橋田常雄役/高嶋政伸
岩村叡子役/真矢ミキ

 

中岡市子役/高畑淳子
楢林謙治役/奥田瑛二
長谷川庄治役/伊東四朗

 

仲里依紗さんのホステス姿も気になります。
当たり役だと思いませんか?
また、真矢ミキさんもハマリ役ですよね。
楽しみになります。

 

スタッフ

ドラマ「黒革の手帖」のスタッフのみなさんです。

 

原作:松本清張「黒革の手帖」
脚本:羽原大介
主題歌:福山雅治「聖域」
監督:本橋圭太、片山修
ゼネラルプロデューサー:内山聖子
プロデューサー:中山慎子、菊池誠、岡美鶴
制作協力:アズバーズ
制作著作:テレビ朝日

 

今回、新たに主題歌が決まり、福山雅治さんの名前が加えられました。
主題歌の聖域、とても楽しみです。

 

黒革の手帖の主題歌

ドラマ「黒革の手帖」の主題歌が決定しました。
出演者の中から、主題歌を担当する人が出てくるのかなと思っていましたが、福山雅治さんでした。

 

 

同じドラマと言えば、主題歌をそのまま継続させる形もありますよね。
たとえば同じクールで放送されるドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~」では1stシーズンから3rdシーズンまでずっと変わらない主題歌で放送されています。
今回のドラマ「黒革の手帖」は新たな楽曲を取り入れるようです。

 

主題歌はドラマ「黒革の手帖」のために福山雅治さんが書き下ろした曲となりました。
その名も聖域。
どんな曲に仕上がっているんでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

福山雅治「聖域」

福山雅治さんは、ドラマのために曲を書き下ろしたのは約2年ぶりですよね。
ご自身も出演されたフジテレビ系列の「ラヴソング」での主題歌でしたね。
歌ったのは藤原さくらさんでした。

 

今回は歌われるのは福山雅治さんご自身です。
ちなみに、テレビ朝日のドラマ主題歌を担当されるのは今回が初。
記念すべき1曲となりそうですね。

 

  • したたかさ
  • つやっぽさ
  • 覚悟

 

ドラマ「黒革の手帖」のヒロイン、原口元子が上手く象徴されているこの1曲。
悪女を想像して聴きたいですね。
福山雅治さんからのコメントです。

 

タイトル「聖域」は、自分の中の守るべき場所、あるいは自らが望むあるべき姿への憧れという意味を込めました。
幸せも不幸せも、豊かさも貧しさも、他人が決めるのではなく自分で決める。
武井咲さん演じる主人公は、とても強く、とても繊細な孤高の人、というイメージで作詞をしました。
と同時に、実際の武井咲さんがこんな女性だったら、という妄想も含めて。

 

ドラ男
妄想!

 

ドラ美
私たちも妄想しながら聞きたいね!

 

残念ながら、発売の情報がまだありません。
情報があればすぐにお知らせします。
しかし、これまでにも発売されていない楽曲もあるので、もしかしたら聖域の発売はないのかもしれません。

 

本当にドラマにピッタリな曲なので毎回聞くのがホントに楽しいです。
福山雅治さんのあの大人の魅力が存分に楽しめる楽曲になっていますよね。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ドラマ「黒革の手帖」の主題歌が福山雅治さんの聖域という曲に決定しました。
この曲はドラマのために書き下ろしたという曲で、福山雅治さんはテレビ朝日のドラマに初めて主題歌を提供するという形です。
松本清張没後25年という年に、福山雅治さんにとっても記念の1曲になりました。

 

楽曲を書き下ろされた福山雅治さんは、武井咲さんがこの女だったら…と妄想して書かれたと言われています。
どんな武井咲さんの悪女が見られるのか、そしてこの曲はどんな悪女が描かれているのか、とても楽しみです。

 

ドラマ「黒革の手帖」は2017年7月20日より放送開始となっています。
毎週本当にすごい盛り上がりを見せていますね、仲里依紗さんのキャラが本当に強烈でした。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 - 2017年, 2017年7月期, 黒革の手帖