コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

過保護のカホコにイライラする人が続出!発達障害疑惑まで浮上?

      2017/08/25

ドラマ「過保護のカホコ」はみなさんご覧になられていますか?
過保護の部分に共感する意見も多く、反響の多い作品になっていますね。
カホコは無事に過保護を卒業することが出来るのでしょうか。
気になりますよね。

 

しかし一方で、加穂子(高畑充希)にイライラする人もおおいようです。
発達障害疑惑まで浮上しているんですよ。
過保護と発達障害とは、かけ離れているようにも思えますが、この真相に迫っていきます。

過保護のカホコの見逃し配信動画を無料で見る方法は?

 

スポンサーリンク

 

加穂子にイライラする!発達障害なの?

ドラマ「過保護のカホコ」の主人公は根本加穂子(高畑充希)です。
この演技に発達障害疑惑が浮上しているんです。
イライラする人が続出していることも、発達障害疑惑浮上の原因の1つだと思います。

 

発達障害と過保護とは全く別ものですよね。
しっかり区別して判断していきたいと思います。

 

発達障害とは

そもそも発達障害とはどういう事を言うのでしょうか。
発達障害とは、肉体的や精神的な不全をもたらす慢性的症状のことを言います。
個人の生活におき、様々な困難をもたらします。

 

  • 言語
  • 移動
  • 学習
  • セルフヘルプ
  • 自立生活

 

このあたりが難しいと言われています。
また、発達障害は子供の発育期に発見される事が多いのです。
一生継続する障害と言われています。

 

  • 広汎性発達障害 (PDD)
  • 注意欠陥・多動性障害 (ADHD)
  • 学習障害 (LD)
  • 自閉症スペクトラム

 

一般的にこれらを発達障害と言います。
医学的には能機能障害の1つと言われています。
子どもの時の発達障害の他に、大人の発達障害もあるんです。

 

  • 他人とのコミュニケーション
  • 暗黙のルール
  • 集中・関心を保つ
  • 社会生活を送る

 

これらが難しいと言われていますが、発達障害の人の割合は少なくないんですよ。
なんと100人に数人の割合で生じると言われています。
先天性のものであるので根本的な治療はまだありません

 

さて、ドラマ「過保護のカホコ」に置き換えてみましょう。
発達障害疑惑があるのは主人公の根本加穂子(高畑充希)です。
自立生活や、社会生活を普通に送ることが難しそうですよね。

 

しかし、それって難しいわけではなく未経験なだけです。
出来ないから親がやってくれるのではなく、親がやってくれるからできないんです。
これは、発達障害ではなく完全に過保護であると言っていいでしょう。

 

 

 

そもそも、大学などでも授業のシーンはまだ放送されていませんが、麦野初(竹内涼真)とはコミュニケーションを取っています。
自分の意思を伝えたりできていますよね。
1人でいるときに他人のコミュニケーションを親に手伝ってもらっていませんし、しっかりと一人で生きています。
なので、根本加穂子(高畑充希)は過保護なだけでしょうね。

 

加穂子にイライラするわけ

根本加穂子(高畑充希)にイライラする人が続出しています。
この理由はなんなのでしょうか。
私が感じるのは、根本加穂子(高畑充希)の表情です。

 

口をポカンと開けていたりしますよね。
困った顔をすれば、誰かが助けてくれると思っているかのようです。
過保護に育ったからこそ、そういう表情で親は読み取ってくれているのでしょう。

 

しかし、過保護と言ってもここまで過保護にされている人ではなければ理解に苦しみます。
そんな加穂子(高畑充希)にイライラする人が多いんでしょうね。

 

 

 

とは言えもちろん、全ての人がイライラしているわけではありません。
かわいい!と思っている人もいるんです。

 

 

スポンサーリンク

 

イライラする理由は加穂子だけじゃない?

ドラマ「過保護のカホコ」でイライラさせてくる原因は根本加穂子(高畑充希)だけではないと思います。
そもそも過保護に育てられた根本加穂子(高畑充希)にイライラするよりも、親にイライラしませんか?
親や環境が過保護に育てているわけですから、視聴者がイライラする理由は、根本加穂子(高畑充希)だけにあるわけではないのです。

 

根本泉

まず、黒木瞳さんが演じている、根本加穂子(高畑充希)の母親、根本泉にもイライラしますよね。
本当に過保護すぎます。

 

さらに過保護でありながら夫に対しては冷たいですよね。
謎の境界線もあり、それを境に態度が急変します。
そこも謎が多いですしイライラする原因にもなっています。

 

大切な1人娘を育て上げる事はとても大変な事だと思います。
しかしある程度、見守る子育ても必要ですよね。
この過保護さにイライラしている人が多いようです。

 

根本正高

時任三郎さんが演じている根本加穂子(高畑充希)の父親、根本正高にも驚きます。
過保護に育てている現実を理解しつつも、それを口にすることができません。
ズバッと言ってくれれば、視聴者もスッキリするのではないでしょうか。

 

おそらく視聴者が感じていることを根本正高(時任三郎)は感じています
心の声でも出てきますもんね。
しかしそれを根本泉(黒木瞳)に言う事はできません。

 

さらに自分も毎日のようにケーキなどのデザートを買って帰ってくるなど、甘やかしが目立ちます。
まぁ女性は甘いものに弱いですから家族が平和に過ごす事には必要なのかもしれませんけど。

 

その他の親戚

根本加穂子(高畑充希)の両親だけに限らず、周りの親戚にもイライラする人が多いですよね。
根本家は、祖父母それぞれから現金のお小遣いをもらっています。

 

並木家も、本当に甘いような気がします。
誕生日パーティーを開いて、親戚一同集まっているんです。
唯一、糸ちゃん(久保田紗友)はまともなような気がしますが、ストレスは溜まっているでしょうね。

 

回を重ねる毎に成長するカホコ

確かに最初こそイライラする人も多かったカホコですが、実は回を重ねる毎に少しずつ成長していませんか?
私と同じように感じている人もいました。

 

 

第5話ではバイトをし始めるなど本当に成長したなー、と関心しながらみてしまってました。
そして、カホコが成長すればするほどいらーっとするのはお母さんですよね。
あんたが過保護だからー、とついつい口に出したくなっちゃいます。

 

 

しかし、見に覚えのある、と言う人もいるみたいです。
親だと自分の子供を見ているみたいだなーって思う人もいるのではないでしょうか。

 

 

過保護のカホコ概要

ドラマ「過保護のカホコ」は、過保護に育てられた1人の女の子が主人公です。
親に頼りっきりで何も1人でしたことのない根本加穂子(高畑充希)が成長していくストーリー。
ないないだらけの女の子に心配したくなるような、イライラするような…。

 

  • アルバイトをしたことがない
  • 1人で服を選べない
  • 駅まで歩いた事がない

 

ここまで過保護に育てられ1人で何もできない根本加穂子(高畑充希)ももう21歳。
就職間近で、親に頼み込むも採用はなし。
花嫁修業をするという選択肢まで浮上したのです。

 

大学で出会った麦野初(竹内涼真)に、ズバズバと正しいことを言われてしまい、悩みつつも成長していく女の子の物語。
自分探しのスタートです。

 

そんな根本加穂子(高畑充希)の家族には様々な問題がありました。
根本加穂子(高畑充希)は、なんとその問題を次々の解決。
痛快なホームドラマとなっています。

 

キャスト

ドラマ「過保護のカホコ」のキャストです。

 

根本加穂子役/高畑充希(主演)
根本泉役/黒木瞳
根本正高役/時任三郎
麦野初役/竹内涼真

 

並木初代役/三田佳子
並木福士役/西岡徳馬

 

環役/中島ひろ子
衛役/佐藤二朗
節役/西尾まり
厚司役/夙川アトム
糸役/久保田紗友

 

根本多枝役/梅沢昌代
根本正興役/平泉成
根本教子役/濱田マリ

 

スタッフ

ドラマ「過保護のカホコ」のスタッフです。

 

脚本:遊川和彦
音楽:平井真美子
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:大平太、田上リサ
演出:南雲聖一、日暮謙、伊藤彰記、明石広人
制作協力:5年D組
製作著作:日本テレビ

 

まとめ

ドラマ「過保護のカホコ」でイライラする人が多いようです。
それはやはり過保護すぎる育て方をされた根本加穂子(高畑充希)に対してですよね。
あまりにもその演技がうますぎて、逆に発達障害疑惑まで浮上しているんです。

 

過保護と発達障害では全く意味が違います。
この差を演技でつけるのは難しいのかもしれませんね。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年7月期, 過保護のカホコ