コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

コウノドリ続編で脚本家変更!コードブルーの二の舞にはなるなよ…。

      2017/09/12

ドラマ「コウノドリ」の続編が2017年10月13日からTBS系列で放送されることが決まりました。
続編を希望する声は多かったので、視聴者も喜んでいますよね。
放送が終わった数か月後には続編の話があったそうですから、期待は高まるばかりです。

 

しかし1つ気になるのは脚本家が変更されているということです。
これって、あの例の月9ドラマでも大ブーイングが起きていますよね…。
二の舞にならないと良いのですが、今日はじっくり見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

コウノドリ続編では脚本家が変更

ドラマ「コウノドリ」の続編では脚本家が変更になることになりました。
複数人で構成されているこの作品の脚本家、どんな方がいらっしゃるのでしょうか。

 

第1シリーズ 山本むつみ、坪田文
第2シリーズ 坪田文、矢島弘一、吉田康弘

 

坪田文さんは引き継がれるようですが、ほかの方々は変更となります。
みなさんどんな特徴があるのでしょうか。

 

 

山本むつみさんが第2シーズンの脚本から外れたことにショックを受けている方が多いようです。
どんな事情があるのでしょうね。

 

 

 

山本むつみ

山本むつみさんは、北海道出身の脚本家です。
テレビドラマの脚本家デビューをした作品は「御宿かわせみ」。
そのころは、編集者と脚本家を兼業されていました。

 

2006年に担当した「結婚式へ行こう」からは脚本家を専業にされています。
広く注目を集めた作品はNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」で、大河ドラマ「八重の桜」も担当することになりました。

 

ドラ美
注目されると、すぐに次の作品が決まるんだね!

 

  • 「トップセールス」
  • 「ゲゲゲの女房」
  • 「八重の桜」
  • 「相棒」
  • 「女たちの特捜最前線」
  • 「伝七捕物帳」

 

ドラ男
2017年公開の映画「いつまた、君と~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~」も担当だって!

 

ドラ美
売れっ子脚本家さんなんだね!

 

 

坪田文

坪田文さんは第1シリーズ、第2シリーズともにドラマ「コウノドリ」の脚本家を担当されます。
岡山県出身で日本大学藝術学部演劇学科劇作コースを卒業されています。

 

  • 「ずっとずっと愛してた」
  • 「HEAT」
  • 「半沢直樹」(脚本協力)
  • 「プリキュアドリームスターズ!」

 

ドラマだけではなく、映画やアニメ、さらにはゲームや舞台の脚本を手掛けられています。
今回のドラマ「コウノドリ」続編では、脚本の中心人物になるでしょうね。

 

 

矢島弘一

矢島弘一さんは脚本家でありながら演出家や俳優としての活動もあります。
さらに舞台美術・舞台セットの運送業者である「三友社」の代表取締役社長もされているんですよ。

 

ドラ男
宮藤官九郎さんも脚本家や俳優として色々な活動をしているよね。

 

ドラ美
多才ってことだ!

 

  • 「トッカン -特別国税徴収官-」(第3話)三井信彦役
  • 「Woman」(第9話-第10話)藤田役
  • 「釣書バード」脚本
  • 「毒島ゆり子のせきらら日記」脚本
  • 「残酷な観客達」脚本

 

あまり手掛けられた作品は少ないのですが、2016年に「毒島ゆり子のせきらら日記」で初のテレビドラマ脚本を手掛けられています。
その際に、第35回向田邦子賞を受賞しているので、まだまだこれから期待が出来そうな脚本家さんですね。
「コウノドリ」への出演もあると、また話題になりそうです。

 

 

吉田康弘

吉田康弘さんは映画監督です。
助監督作品として、ドラマに関わられていたことはありますが、映画中心の方です。

 

  • 「キトキト!」(監督・脚本兼任)
  • 「旅立ちの島唄~十五の春~」(監督・脚本兼任)
  • 「江ノ島プリズム」(監督・脚本兼任)
  • 「クジラのいた夏」(監督・脚本兼任)
  • 「バースデーカード」(監督・脚本兼任)
  • 「プラージュ」(監督・脚本兼任

 

映画監督ですが、脚本の兼任もされているようです。
スケールの大きなものになるのではないかと期待しています。
楽しみです。

 

 

スポンサーリンク

 

コードブルー続編の二の舞にはならない理由

脚本家が変更になることで、視聴者が不安に思っていることは、雰囲気などが変わってしまわないかということです。
それはドラマ「コードブルー3シーズン」で起きてしまったので、余計に心配になっている方も多いでしょう。

 

ドラマ「コウノドリ」と「コードブルー3rdシーズン」の決定的な違いは原作の有無です。
原作がある「コウノドリ」では、脚本家としても好き勝手にやることは出来ません。
ある程度の枠があるわけですから、「コードブルー3rdシーズン」のように大きく路線が変わることはないでしょう。

 

さらに、ドラマ「コウノドリ」は脚本家が複数人いらっしゃいます。
また坪田文さんは第1シーズンも第2シーズンにも関わっていらっしゃるので、流れが大きく外れることもないでしょね。

 

ドラ男
コードブルーは1人だけだったもんね、脚本家。

 

ということで、ドラマ「コウノドリ」続編はドラマ「コードブルー3rdシーズン」の二の舞にはならないでしょう。
私たち視聴者もそれを望んでいます。

 

 

コウノドリ続編概要

ドラマ「コウノドリ」は2015年10月期に放送されたドラマです。
その続編が2017年10月に帰ってきます。

 

ドラ美
ちょうど2年ぶりだね!

 

ドラマ「コウノドリ」のテーマは、生まれること、そして生きること
命が生まれるという事は奇跡なのです。
命を育て、そして生きることとはいったい何なのかを考えさせられるストーリーとなっています。

 

医療ドラマですが、単なる医療ドラマではありません。
命の誕生を取り扱うことで、葛藤もあり、試練にぶつかることもあります。
その中でそれぞれが決意をする、そんなヒューマン医療ドラマになっています。

 

温かいストーリーに涙なしには見られない作品となりそうです。
命の重みを知れるドラマとなります。

 

キャスト

ドラマ「コウノドリ」続編のキャストです。

 

鴻鳥サクラ(BABY)役/綾野剛(主演)

下屋加江役/松岡茉優
小松留美子役/吉田羊
白川領役/坂口健太郎

大澤政信役/浅野和之
向井祥子役/江口のりこ

四宮春樹役/星野源
今橋貴之役/大森南朋

 

スタッフ

ドラマ「コウノドリ」続編のスタッフです。

 

原作:「コウノドリ」(講談社刊)/鈴ノ木ユウ
脚本:坪田文・矢島弘一・吉田康弘
ピアノテーマ・監修・音楽:清塚信也
音楽:木村秀彬
取材協力:荻田和秀・豊島勝昭・室月淳
プロデューサー:那須田淳・峠田浩
企画:鈴木早苗
演出:土井裕泰・山本剛義・加藤尚樹
製作著作:TBS

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ドラマ「コウノドリ」の続編で脚本家が変更になることになりました。
それには、あるドラマが頭に浮かんだ人も多いのではないでしょうか。
それは同じ医療ドラマ「コードブルー3rdシーズン」。

 

脚本家の変更が、いい方向に転ばずに不評の声も聞かれます。
それを心配している人が多いと思いますが、ドラマ「コウノドリ」は二の舞にはならなさそうです。

 

放送開始が楽しみになりますね。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 - 2017年, 2017年10月期, コウノドリ