コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

ブラックリベンジは原作なしのオリジナル作品!脚本家は佐藤友治!

   

ドラマ「ブラックリベンジ」についてご紹介していきます。
原作はあるのかないのかも気になるところですが、原作はないオリジナル作品となるようです。

 

では、脚本は誰が担当されるのでしょうか?
過去作品も気になるところですよね。
脚本家佐藤友治さんについてもご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

ブラックリベンジ脚本は佐藤友治

ドラマ「ブラックリベンジ」は原作がないオリジナル作品ということがわかりました。
原作があれば、ネタバレなど最終回の結末予想もできるのですが、オリジナルという事で、展開がわからない楽しみな作品ですね。

 

ここ最近でオリジナル作品では、秋元康さんが企画原案を担当されたドラマ「愛してたって、秘密はある。(愛ある)」でしょうか。
原作がないために、誰が犯人なのかがわからず視聴者を楽しませてくれましたよね。

 

このドラマ「ブラックリベンジ」も今宮沙織(木村多江)の夫を自殺に追い込んだ3人の犯人が出てきます。
一体犯人が誰なのか気になりますし、どんな方法でリベンジしていくのかも興味がわいています。
その脚本を手掛けられる佐藤友治さんについてご紹介していきます。

 

ブラックリベンジとは

ドラマ「ブラックリベンジ」とは2017年10月5日に放送開始されるドラマ作品です。
原作はないオリジナル作品となっています。

 

主人公である今宮沙織(木村多江)の夫がねつ造されたスキャンダルによって苦しみきれず自殺をしたという所から始まります。
当初はねつ造されたスキャンダルとは知らなかった今宮沙織(木村多江)ですが何者からかUSBが届き真実を知ります。

 

そこで、復讐を誓うのです。
スキャンダルを報じた週刊誌「週刊星流」に契約ライターとして働きつつ、夫の復讐を果たそうとしています。

 

登場人物は全員ゲス。
誰がどんな風にゲスで、復讐は成功するのか?
すごくハラハラドキドキな作品となっています。

 

さらに、ドラマ放送前から話題になっているのは木村多江さんの動画です。
番組公式Twitterアカウントが投稿したのですが、なんとも松居一代さんを彷彿させるもの。
放送前から話題になっている作品のため、期待が高まっている人も多いはずです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

脚本家:佐藤友治

脚本家の佐藤友治さんは、ケイファクトリー制作部に所属されています。
1980年に大阪府で生まれました。
最初から脚本家として活動されいたわけではないのです。

 

  • バラエティ番組のAD
  • ディデクター
  • ドラマのAP

 

これらを経て脚本家になられました。
脚本家デビューをしたのは「幸運の壺」で、こちらは共同脚本となっています。

 

  • 「幸運の壺 Good fortune」
  • 「悪夢ちゃんスペシャル」
  • 「地獄先生ぬ~べ~」(3話・5話・7話)
  • 「THE LAST COP」(ドラマ・Hulu・映画)
  • 「臨床犯罪学者 火村英生の推理」(4話・7話・アナザーストーリーHulu)
  • 「鼠、江戸を疾る2」(1話・7話・最終話)

 

やはり「THE LAST COP」が代表作でしょうね。
破天荒なストーリー展開の中に、コメディ要素が盛り込まれました。
さらに重力は絶対に無視しているだろうアクションまでありましたよね。

 

笑って泣けるエンターテインメントドラマとして大人気となり、映画化までされているこの作品。
そんな作品を手掛けられている脚本家がドラマ「ブラックリベンジ」も担当されるのは楽しみで仕方ありませんよね。

 

佐藤友治が描くスキャンダル

ドラマ「ブラックリベンジ」はねつ造されたスキャンダルを苦に自殺してしまうという男がキーとなっています。
では佐藤友治さんはどんなスキャンダルを描くのでしょうか。

 

  • 金銭スキャンダル
  • 恋愛スキャンダル

 

自殺してしまう男は政治家です。
ということは、割と現代の日本社会を象徴しているようなスキャンダルが描かれるのでしょうね。

 

最近ワイドショーを見ていると、政治家のスキャンダルが多く報じられています。
もちろん事実なのでしょうけど、今回のドラマはねつ造されたスキャンダル。
どんな風に描かれているのか楽しみです。
佐藤友治さんの作品、とても期待が高まってきました。

 

まとめ

ドラマ「ブラックリベンジ」の脚本家、佐藤友治さんについてご紹介してきました。
なんと大人気作品「THE LAST COP」を手掛けていた方だったんです。

 

これは期待が高まる作品となりそうです。
原作がないので、展開がわかりません。
それも含めて楽しみですよね。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年10月期, ブラックリベンジ