コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

ブラックリベンジは元文春記者中村竜太郎が監修!リアリティ感満載!

   

ドラマ「ブラックリベンジ」は、スキャンダルを報じた週刊誌「週刊星流」がストーリーの軸となっています。
週刊誌やスキャンダルといったものは私たち一般人はよくわからない部分が多いですよね。

 

そこでこのドラマ「ブラックリベンジ」には監修している方がいたのです。
それもなんと大物のプロですよ。
その方とは元週刊文春記者の中村竜太郎さん。
今日は中村竜太郎さんについてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

ブラックリベンジには監修がいる

ドラマ「ブラックリベンジ」はねつ造されたスキャンダルを週刊誌に報じられてしまい、苦となり自殺した男の存在がキーとなります。
ストーリーとしては、自殺した男の妻が主人公です。

 

主人公である今宮沙織(木村多江)は、夫のスキャンダルがねつ造であったことを知って復讐を誓います。
なんとスキャンダルを報じた週刊誌「週刊星流」に契約ライターとして働くことになります。

 

私たちは週刊誌の裏側やスキャンダルなどに対して、あまり知識がありませんよね。
ということは、ドラマ「ブラックリベンジ」のリアリティさが分からないのです。

 

 

しかし今回ドラマ「ブラックリベンジ」には監修がつくことになったのです。
監修の方がいるということは私達はストーリーを素直に受け入れて信じられますよね。
元週刊文春記者である中村竜太郎さんについて迫っていきます。

 

中村竜太郎

中村竜太郎さんはジャーナリストとして活躍されています。
大学卒業後はアパレルメーカーに入社されました
その後「女性自身」の記者を経て、1995年から「週刊文春」の記者となりました。

 

  • 政治
  • 経済
  • スポーツ
  • 芸能
  • 皇室

 

このように様々な特集記事を担当されてきました。
そして2014年11月からフリーの記者となり、元週刊文春の記者という表記になっています。

 

ドラ美
フリーになった今でも「週刊文春」で執筆しているよ。

 

  • 「2020年日本の姿 ジャニーズの未来」(文藝春秋 (雑誌)、2016年7月号)
  • 「強欲資本主義と決別せよ」ホセ・ムヒカ元ウルグアイ大統領単独インタビュー(文藝春秋 (雑誌)、2016年6月号)
  • 「SMAPを壊した独裁者メリー」(文藝春秋 (雑誌)、2016年3月号)
  • 「日本を変えた平成51事件 光母子殺人」(文藝春秋 (雑誌)、2016年1月号)
  • 「失われた神話 紅白レコード大賞」(文藝春秋 (雑誌)、2015年8月号)
  • 「井上晴美・熊本地震被災告白」(週刊文春、2016年5月16日号)
  • 「高倉健に養女がいた」(週刊文春、2016年1月1日・8日号)

 

ここ最近では、このような記事を執筆されています。
タイトルだけでも興味深いものがありますよね。

 

ドラ男
記事のタイトルって結構すごいんだね!

 

さらに中村竜太郎さんはすごいんです。
なんと編集者が選ぶジャーナリズム賞の大賞を3回受賞されていたんですよ。

 

「NHK紅白プロデューサーが制作費8000万円を横領していた!」。
こんなタイトルの記事も選ばれています。
やはり興味深いものを執筆されてきたんですね。

 

スポンサーリンク

 

ブラックリベンジのスキャンダルとは

さて、ドラマ「ブラックリベンジ」でのスキャンダルとはいったい何なのでしょう。
監修の中村竜太郎さんがいるという事は、ドラマ作品とは言え、結構やばい題材が取り上げられるのでしょうか。

 

ドラマ「ブラックリベンジ」でスキャンダルによって自殺してしまう男は寺田圭吾(高橋光臣)です。
主人公の今宮沙織(木村多江)の夫であり、若手政治家のホープとしてテレビに多く出演するなど期待されていたのです。

 

さらに国民からの好感度も高く、当選2回で経済省の政務官に抜擢されていました。
まさに将来を嘱望されていたと言ってもいいでしょう。

 

しかし自殺をしてしまいます。
それは5年前にスキャンダルを報じられてしまったのです。

 

  • 金銭スキャンダル
  • 愛人スキャンダル

 

この2つが「週刊星流」によって報じられたのですが、これはねつ造されたものでした。
このスキャンダルを報じたのは天満龍二(平山浩行)
しかしねつ造だという事は知らなかったのでした。

 

というわけで、今回中村竜太郎さんが監修しているという部分はスキャンダルの部分ですよね。
政治家の金銭スキャンダルや愛人スキャンダルとは、今まさに現代の日本の問題と言っても良いと思います。

 

横領などのスキャンダルも聞きますし、愛人問題は不倫として取り上げられています。
この人もか、などと思うときもありますよね。

 

そんな今の日本を象徴したかのようなドラマ作品
中村竜太郎さんが監修されることで、よりリアルな作品に仕上がっていくことでしょう。

 

まとめ

ドラマ「ブラックリベンジ」には監修がついていました。
どんな方なのかと思っていたら、元週刊文春の記者だったのです。
その名も中村竜太郎さん。
最近ではコメンテーターとして情報番組で見かけることもあります。

 

  • バイキング
  • 直撃LIVE グッディ!
  • Mr.サンデー
  • ひるおび!

 

この他にも多く出演されていることもあります。
ぜひ見つけてみてくださいね。

 

よりリアルを求めたドラマ「ブラックリベンジ」。
どんな展開になるのか楽しみです。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年10月期, ブラックリベンジ