ブラックリベンジ音楽は校閲ガールの大間々昂!これは期待しかない!

   

ドラマ「ブラックリベンジ」を盛り上げる要素として音楽が挙げられます。
正直シーンごとに、よりリアル感を感じるためには音楽がなければならないのです。

 

今回のドラマ「ブラックリベンジ」は結構恐ろしいシーンになる場面が多そうですよね。
なんたって復讐していくストーリーなので、特にシリアスに描かれるときも多いでしょう。

 

そんな音楽を担当するのは大間々昂さんです。
どんな方かと調べてみたら「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の音楽を担当された方でした。

 

スポンサーリンク

 

ブラックリベンジの音楽は大間々昂

ドラマ「ブラックリベンジ」は主人公が夫の復讐を誓って、どんどん黒幕を復讐していくというストーリー。
しかし夫が自殺をした原因となったスキャンダルはねつ造されていたのです。

 

ねつ造されたスキャンダルだと知った主人公、今宮沙織(木村多江)はスキャンダルを報じた週刊誌「週刊星流」に契約ライターとして働き始めます。
そして、次第に復讐を開始するのです。
やはりここで、音楽が大切になるシーンというのはこのあたりでしょうか。

 

  • 今宮沙織(木村多江)を良い人に見せる
  • 衝撃の事実を知る
  • 復讐をする

 

この3つをリアルに音楽で描くことで、よりリアルなドラマ感、情景が表に出るという事ですね。
音楽を効果的に使っていけるかが、ドラマの中に視聴者を引き込めるかのポイントの1つになっていくわけです。

 

大間々昂

ドラマ「ブラックリベンジ」の音楽を担当するのは大間々昴さんに決定しました。
大間々昴さんのことを、みなさんはご存知でしょうか?

 

大間々昂さんは作曲家、編曲家、そしてギタリストです。
1988年生まれでまだ29歳の若手でした。
洗足学園音楽大学にて作曲やアレンジメントを渡辺俊幸さんに師事されていました。

 

ドラ男
渡辺俊幸さんは八日目の蝉などの劇伴を担当された方だよ。

 

  • ディア・シスター
  • 予告犯
  • 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子
  • 死幣 – DEATH CASH –
  • 真昼の悪魔
  • 機動戦士ガンダム Twilight AXIS
  • ブラックリベンジ

 

大間々昂さんは主に映画音楽やドラマ、アニメなどの作編曲をされています。
主題歌や挿入歌に関しても手掛けることが増えているのです。

 

さらに大間々昂さんのすごい所は様々なジャンルの音楽を融合させた曲に仕上げられるのです。
オーケストラの音楽とともに、エレクトロニカルな音楽を混ぜることをしているのです。
またギタリストでもあるのでギターをメインにする楽曲も増えてきていますよ。

 

ドラ美
ギターの音色って素敵だよね!

 

ドラ男
ブラックリベンジはどんな音楽に仕上がるのか楽しみ!
スポンサーリンク

 

大間々昂の音楽が聴きたい

さて大間々昂さんの音楽って聴いてみたくないですか?
色々な商品が出ていましたのでご紹介していきますね。
代表作は「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の音楽ですからね。

 

 

 

ディアシスター」も結構評判になりましたよね。
最終回も盛り上がりましたが、やはり音楽が効果的だったと思えます。

 

 

 

さらに、一番ドラマ「ブラックリベンジ」に近いかなと思うのは「真昼の悪魔」です。
オトナの土ドラ枠で放送され、かなり恐ろしいシーンもありました。
このあたりと雰囲気は似てくるのかもしれませんね。

 

 

 

ドラ美
興味わいてくるなぁー!

 

ドラ男
聞いてみたくなっちゃう!

 

まとめ

ドラマ「ブラックリベンジ」の音楽は大間々昂さんが担当されます。
大間々昂さんのことを調べてみたら、なんとドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の音楽を担当されていました。
他にも有名な作品を手掛けていらっしゃるので楽しみです。

 

ドラマ「ブラックリベンジ」を盛り上げる存在となる音楽。
大間々昂さんがどんな音楽を作られるのかが楽しみです。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年