コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

明日の約束、脚本は古家和尚さん!火9に期待が高まるワケはこの人?

   

ドラマ「明日の約束」はかなり重たい作品となりそうです。
しかし放送される枠は火曜21時枠。
関西テレビ制作で話題作になりやすい枠ですよね。

 

さて気になるのは脚本家です。
どんな方が担当されるのかと思っていましたが古家和尚さんに決定しました。

 

スポンサーリンク

 

明日の約束脚本

ドラマ「明日の約束」は関西テレビが制作している作品で火曜21時枠にフジテレビ系列で放送されています。
話題作が続いている放送枠です。

 

特長としてはサスペンスや学園ものというジャンルが多く放送されます。
過去に放送された作品を見ていきましょう。

 

  • 「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」
  • 「嘘の戦争」
  • 「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」
  • 「僕たちがやりました」
  • 「明日の約束」

 

皆さんおそらく見たことがあったり、聞いたことがある作品だと思います。
フジテレビ系列で放送ですが関西テレビが制作するということもあり、話題作が放送される枠として知られることになりました。

 

では作品が話題になるのはどういう理由があるのでしょうか。
まずはキャストの話題ですよね。
そして次に脚本が単純に良いか悪いかという問題でしょう。

 

脚本が面白くなければ、見ていてつまりませんよね。
そうなると豪華キャストを揃えても意味がありませんので、脚本の重要さが作品に影響するということががわかるでしょう。
それでは今回ドラマ「明日の約束」の脚本を担当される古家和尚さんについてみていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

古家和尚

古家和尚さんは2006年に「トゥルーラブ」を書き下ろされて脚本家デビューをされました。
2004年に「超能力戦隊エスパーズ」で第17回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞された後の出来事です。
過去作品を見ていきましょう。

 

  • 「ガリレオ」
  • 「メイちゃんの執事」
  • 「任侠ヘルパー」
  • 「幽かな彼女」
  • 「S -最後の警官-」
  • 「ウロボロス~この愛こそ、正義。」
  • 「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」
  • 「明日の約束」

 

見ていくと、色々なジャンルに富んでいらっしゃいますよね。
今回のストーリーはだいぶ重たいものになっていきそうです。
さらに原作がないオリジナル作品となるので、先の展開が読めず期待が高まりますね。

 

 

 

明日の約束ストーリー

ドラマ「明日の約束」の脚本家、古家和尚さんをご紹介しましたが、どんな物語になるのでしょうか。
この作品には原作がありません。
オリジナル作品となることで、古家和尚さんの実力が全面に発揮されることでしょう。

 

 

舞台となるのは高校。
主人公の藍沢日向(井上真央)は、高校のスクールカウンセラーでした。
キーとなるのは謎の死を遂げた男子高校生の吉岡圭吾(遠藤健慎)。
ポイントは毒親の存在です。

 

日々心のケアを行い、生徒に寄り添うスクールカウンセラー。
そんな藍沢日向(井上真央)は男子高校生、吉岡圭吾(遠藤健慎)に告白をされます。
そして告白した吉岡圭吾(遠藤健慎)は翌日不可解な死を遂げるのです。

 

ドラ美
一体何があったんだろう?

 

ドラ男
犯人は誰なんだ?

 

毒親に抑圧されていた亡くなった吉岡圭吾(遠藤健慎)。
しかし毒親を持っていたのはその子だけではありません。
主人公の藍沢日向(井上真央)。
そして藍沢日向(井上真央)の恋人、本庄和彦(工藤阿須加)も家庭環境に問題があったのでした。

 

  • 生きる上で大切なこと
  • 親子の形

 

主人公、藍沢日向(井上真央)は何を思うのでしょう。
どんな結末を迎えていくのでしょうか。
脚本家の古家和尚さんに運命は託されたのです。

 

まとめ

ドラマ「明日の約束」の脚本を担当される古家和尚さんについてまとめてみました。
原作のない作品となりますので、すべては古家和尚さんにゆだねられているということです。
とても楽しみですよね。

 

何かと話題になり期待されるフジテレビ系列の火曜21時枠。
今回も楽しみでしかたありません。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年10月期, 明日の約束