ぼくは麻理のなかのオープニング曲!鐘泣く命は川谷絵音が手掛けた?

   

ドラマ「ぼくは麻理のなか」にはオープニング曲が存在します。
良い曲なので、誰のなんという曲か調べたところ納得しました。

 

それはindigo la Endの鐘泣く命という曲。
そして手掛けていたのは、川谷絵音さんだったのです。

 

スポンサーリンク

 

ぼくは麻理のなかオープニング曲

ドラマ「ぼくは麻理のなか」のドラマ開始直後、オープニング曲があるのはご存知でしょうか。
通常のドラマでは劇伴音楽が流れたりしますが、わざわざオープニング曲を設定してあるのです。
主題歌とはまた違う音楽なので、これを聞くとドラマが始まるんだろうなぁと感じるようになります。

 

ドラ男
ドラマ「僕たちがやりました」でもオープニング曲があったよね。

 

ドラ美
あったあった!
あれだけで印象が変わったよね!

 

オープニング曲があるだけで、また一段とドラマが盛り上がります。
そんな効果があるオープニング曲、ドラマ「ぼくは麻理のなか」ではどんな曲が設定してあるのでしょう。

 

 

鐘泣く命

ドラマ「ぼくは麻理のなか」のオープニング曲はindigo la Endの鐘泣く命という曲です。
ミュージックビデオが公開されていたのでご紹介しますね。

 

 

ドラ美
ミュージックビデオもドラマと重ねてあるね!

 

また、こちらのアルバムにも収録されています。
気になるかたはチェックしてみてくださいね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Crying End Roll (初回限定盤 CD+DVD) [ indigo la End ]
価格:3452円(税込、送料無料) (2017/9/26時点)

 

 

スポンサーリンク

 

indigo la End

ドラマぼくは麻理のなか」のオープニング曲、鐘泣く命はindigo la Endの曲でした。
indigo la Endについてみていきましょう。

 

indigo la Endはロックバンドです。
バンド名はスピッツのアルバム「インディゴ地平線」から取られたそうですよ。
現在メンバーは4人で活動されています。

 

  • 川谷絵音/ヴォーカル・ギター・作詞・作曲
  • 長田カーティス/ギター
  • 後鳥亮介/ベース
  • 佐藤栄太郎/ドラマ

 

タイアップ作品は今回が初めてではありません。
これまでにもありましたのでご紹介します。

 

  • 渚にて幻/スペースシャワーTV2012年9月度POWER PUSH
  • ダビングシーン/JAPAN COUNTDOWN2014年4月度オープニングテーマ
  • 瞳に映らない/JAPAN COUNTDOWN2014年9月度エンディングテーマ
  • 心雨/「消滅都市」CMソング
  • 鐘泣く命/「ぼくは麻理のなか」オープニングテーマ
  • プレイバック/「シャキット!」2017年7月度エンディングテーマ

 

ドラ男
結構いろんなタイアップ作品があったんだね。

 

川谷絵音

さて、indigo la Endのメンバーの中に川谷絵音さんがいらっしゃいます。
そう、ゲスの極み乙女。のメンバーですよね。
実はドラマ「ぼくは麻理のなか」の劇伴音楽も担当されているんですよ。

 

川谷絵音さんと言えば、少しお騒がせな話題を持ってきていた方ですが、音楽家としては本当に天才的な才能をお持ちです。
そんな素敵な音楽がオープニング曲「鐘泣く命」にも表れていますよね。

 

indigo la Endでも作詞作曲を担当している川谷絵音さん。
鐘泣く命ももちろん手掛けられています。

 

indigo la Endでは情景描写のような歌詞が好きな川谷絵音さんの好みが現れています
川谷絵音さんが所属されているもう1つのゲスの極み乙女。よりもロマンチックな心象風景が描かれています。

 

ドラ美
2つを掛け持ちしているってことは、工夫も必要になってくるんだね!

 

ドラマ「ぼくは麻理のなか」のオープニング曲を聞いた時、すごくいい曲だと感じ、心に響く何かがありました。
その理由はやはり川谷絵音さんが手掛けられたことにあったのでしょうね。
すごく納得です。

 

まとめ

ドラマ「ぼくは麻理のなか」のオープニング曲について調べてみました。
すごくいい曲だなという印象を受け、調べたところindigo la Endの鐘泣く命で川谷絵音さんが手掛けられていました。

 

鐘泣く命のミュージックビデオや収録アルバムについてもご紹介しました。
是非チェックしてみてくださいね。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年