コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

コウノドリ佐野夫妻誰?心室中隔欠損とは?現代女性の悩みも紹介!

   

ドラマ「コウノドリ」の第1話に佐野夫妻が登場します。
第1話は2015年に終わった第1シリーズからの2年間を埋めるようなシーンがほとんどになり、登場人物紹介も行われるでしょう。
そんな中、しっかり妊婦さんも登場するのです。

 

  • 佐野彩加役/高橋メアリージュン
  • 佐野康孝役/ナオト・インティライミ

 

この2人は夫婦役で佐野彩加(高橋メアリージュン)はキャリアウーマン。
一体どんな悩みがあるのでしょうか。
そして、佐野彩加(高橋メアリージュン)のお腹の中にいる赤ちゃんの疾患、心室中隔欠損とはいったい何なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

コウノドリに佐野夫妻が登場

ドラマ「コウノドリ」1話に佐野夫妻が登場します。
この2人にもまた、大きな悩みがあったのです。

 

 

 

妻である佐野彩加(高橋メアリージュン)はキャリアウーマン。
働く現代女性が抱える悩みを、ドラマ通じて現在の日本に訴えかけます。

 

佐野彩加役/高橋メアリージュン

佐野彩加はキャリアウーマンです。
そして、今お腹の中に赤ちゃんがいる妊婦さんです。

 

キャリアウーマンであるからこその悩みがあるようです。
現代女性が抱える悩みを持つ妊婦なのです。

 

ドラ美
一体どんな悩みなんだろう?

 

佐野彩加は早く仕事に復帰したいと思っています。
予定通りに生まれるのかを訪ねるのですが、四宮春樹(星野源)から思わぬ事実を告げられます。
それはお腹の中の赤ちゃんは心室中隔欠損
心臓に小さな穴があく疾患にかかっていることが分かったのです。

 

佐野彩加役には高橋メアリージュンさんが選ばれました。
高橋メアリージュンさんは、滋賀県出身のファッションモデルで、ここ最近は女優としての活躍も目立っています。

 

お父さまは日本人、そしてお母さまはスペイン系フィリピン人というハーフの女性。
ファッション雑誌「CanCam」の専属モデルをされていた時期もあったんですよ。

 

  • 「純と愛」狩野(丸山)マリヤ役
  • 「残念な夫。」須藤由衣役
  • 「カルテット」(第4話)大橋茶馬子役
  • 「視覚探偵 日暮旅人」(第6話)ジュン役
  • 「母になる」緒野琴音役
  • 「カンナさーん!」(第10話)沙知役
  • 「コウノドリ」(第1話)佐野彩加役

 

ドラ美
チャマコ懐かしい!

 

ここ最近は、話題の作品で目立つ役を演じられてきましたよね。
今回もインパクトのある役でしょう。

 

キャリアウーマンらしい女の強さを見せながら、妊娠や出産を目の前に悩みを抱える妊婦。
日本の現代社会が抱える問題を自ら演じてくれるのです。

 

佐野康孝役/ナオト・インティライミ

さて、佐野彩加(高橋メアリージュン)の夫、佐野康孝役にはナオト・インティライミさんが決定しました。
佐野康孝のトレードマークはハットですよ。

 

佐野彩加(高橋メアリージュン)との間にできた赤ちゃんはなんと心室中隔欠損。
心臓に小さなあながあく疾患にかかっていることが分かり、佐野彩加(高橋メアリージュン)は激しく動揺してしまいます。
そんな佐野彩加(高橋メアリージュン)を懸命に支える夫が佐野康孝なのです。

 

佐野康孝役を演じるナオト・インティライミさんは三重県生まれ、千葉県育ちのシンガーソングライターです。
ミュージシャンとして活動される傍ら、ドラマ出演もされていました。

 

 

ナオト・インティライミさんは中学時代から曲作りを始めています。
高校生の時にはストリートライブを行ったほど、音楽活動は熱心にされていました。

 

2003年8月から2004年末まで、世界一周の旅へ出ています。
そして帰国後、「ナオト・インティライミ」として活動を開始したのでした。
ライブ、ツアーなどをし、さらに楽曲提供までされていました。

 

  • 山下智久「カリーナ」(作詞・作曲)
  • 山下智久「YOUR STEP」(作詞)
  • SMAP「君とBoogie Woogie」(作詞・作曲)
  • GOLD LUSH「サヨナラスタート」(作曲)
  • LinQ「ハレハレ☆パレード」(作詞・作曲・プロデュース全般)
  • Kis-My-Ft2「AAO」(作詞・作曲

 

また、 役者として演技をすることもありました。
映画やドラマ、舞台などまだまだ作品は少ないですが、これから増えていくかもしれませんね。

 

ドラ男
でも少ないのは、音楽活動が本業であるってことだもんね!

 

  • 「主に泣いてます」(第7話・最終話)吟遊詩人 悟 役
  • 「神様はバリにいる」杉田役
  • 「DNA-SHARAKU」柊健二役
  • 「コウノドリ」佐野康孝役

 

スーツに身を包んだ佐野康孝。
実際に、自分の赤ちゃんに心室中隔欠損が見つかったら動揺するのは父親になる佐野康孝も同じですよね。
しかし動揺はお母さんのほうが大きいことでしょう。
佐野彩加(高橋メアリージュン)をどんな風に支える夫を演じるのか注目です。

 

スポンサーリンク

 

現代女性が妊娠に関する悩み

さて、ドラマ「コウノドリ」第1話に登場する佐野彩加(高橋メアリージュン)はキャリアウーマンです。
働いている女性だからこそ、悩みを抱えているのでした。

 

そう、キャリアウーマンが妊娠をするということには悩みがつきものなのです。
一体、働く現代女性はどんな悩みを抱えているのでしょうか。

 

妊娠するタイミングが分からない

出産とは女性にとって大きな転機になります。
妊娠は奇跡で授かりものとはいいますが、それでも働きたい女性にとっては妊娠し、出産するタイミングが難しいと考える人もいます。

 

  • 体力のある20代
  • 管理職になってから

 

妊娠のしやすさは20代のメリットですよね。
さらに、まだ若いこともあり体力面でも妊娠には向いているといえます。
また、1人だけでなく、2人目以降を考えているのなら、なおさら最初の出産は早いほうが良いのです。

 

20代で産むという事は、働きだして間もなく産休を取らなければならないという事です。
産休を取る前までに、戻ってきてほしいと思われるような人材になっておく必要があるでしょうね。

 

では、管理職になってからの出産メリットは何でしょう。
それはやはり、代わりがいないと思われている人材になっていることで復職がスムーズになるということです。

 

さらに、経済的に安定することができますよね。
シングルマザーも多くいる中、経済的に不安を抱えて妊娠出産することは、母親の体のメンタル部分でもかなりの負担になります。
そういう意味でも経済的に安定した環境での出産はものすごいメリットとなるのです。

 

その逆でデメリットはやはり体力のなさ。
体力が衰えているうえに、妊娠のしづらさ、高齢出産になるということでリスクが伴うということです。

 

産休からの復帰が困難

さて、赤ちゃんを出産し、産休から仕事へ復帰することのことを考えましょう。
意外にこれが難しかったりするのです。

 

というのも、復職できたとしても、出産前に所属していた部署に戻れない可能性が多いのです。
産休をしている間、今まで自分が受け持っていた仕事は誰かが行っています。
自分がいた席には、代わりの誰かが存在していることを忘れてはいけません。

 

いつ復職してくるかわからない人の席を空けておくほど、企業も余裕はありません。
ということは、もし復職したとしても、別の席へ、別の部署での仕事になる可能性があるのです。
それを産休前に伝えてくれれば、まだ復職のイメージはしやすいのでしょうけれど、同じ仕事ができると思って復職しても思った仕事ができないジレンマがあれば、辛くなってしまうだけですね。

 

また、子供の急病などで急に仕事を休まれては会社にとっても大ダメージです。
それだけ出産後の女性を雇う事は会社側もリスクがあるので、復職をする側だけが悩みを持っているわけではないということも理解する必要があるでしょう。

 

はやり復職後のイメージが、母親も会社もできるかできないかも重要となってくると思います。
企業は、その人が働いてくれればいいのであり、家庭があったり子供がいることなど、関係ないと考える場合もあるからです。

 

身近な方、旦那さんなどしっかりと話を聞いてくれる人に相談できる環境があるとずいぶん変わってくると思います。
また、それでも現代は復職しやすい会社なども徐々に出てきているので、1人で悩まずしっかりと会社とも話し合いが持てると良いですね。

 

佐野夫妻の赤ちゃんの疾患、心室中隔欠損とは

さてドラマ「コウノドリ」第1話で佐野夫妻がぶつかる問題は赤ちゃんの疾患でした。
その病名は、心室中隔欠損
一体どんなものなのでしょう。

 

心室中隔欠損は心臓に小さな穴があいているという病気で、先天性心疾患としては最多頻度のものと言われています。
1000人に3人の割合で出生すると言われていて、約半数は生後1年以内に自然閉鎖するといわれています。

 

ドラ男
穴が小さいと自然に閉鎖するんだね!

 

穴が大きいと心臓や肺に負担のかかるものもあります。
そういう場合は手術をすることになるのです。

 

何事も素人感覚で考えるのではなく、専門的なお医者さんとしっかり相談してみてください。
症状は個々に差がありますので、それぞれ個人に合った処置が必要になります。

 

心室中隔欠損の子を持つ親

さて、ドラマ「コウノドリ」第1話で佐野彩加(高橋メアリージュン)の子は心室中隔欠損を患っていることがわかります。
心室中隔欠損の子を持つ親としては、どんな悩みがあるのでしょう。

 

まず仕事に復帰したいと考えている方は復職の時期が遅れるでしょう。
赤ちゃんが生まれ、手術となるとそれだけ付きっ切りになります。
手術前もそうですが、術後の経過も観察しなければならないので、すぐの復職は難しいですね。

 

さらに定期健診も受ける必要があります。
穴が小さくなってふさがっていればいいのですが、すべてのケースが自然閉鎖するわけではありません。
定期的な検査が必要となるのです。

 

それより何より、赤ちゃんの命が心配ですよね。
母親は出産前からすでに赤ちゃんと同じ体で過ごしています。
それだけ責任感を背負っている場合が多いのです。

 

自分のせいで、などと考え落ち込む方も多くいます。
そんなことはないのに、真面目で真剣な母親だからこそ陥りやすい症状。

 

赤ちゃんのことを心配するあまり、自分で思っている以上にストレスを感じている場合があります。
そんな時は、心許せる人にそっと話してみてください。
気持ちが少しでも楽になるように、気分転換も時には必要です。

 

まとめ

ドラマ「コウノドリ」第1話に佐野夫妻が登場します。
佐野彩加(高橋メアリージュン)と佐野康孝(ナオト・インティライミ)も間もなく親となる2人。
しかしこの2人の赤ちゃんは心室中隔欠損であることが分かります。

 

そんな時に、キャリアウーマンである佐野彩加(高橋メアリージュン)は何を思うのでしょうか。
今日は現代女性が抱える悩みや、心室中隔欠損についてご紹介しました。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年10月期, コウノドリ