オトナ高校の主題歌は高橋優ルポルタージュ!ロックナンバーを歌う!

      2018/09/16

ドラマ「オトナ高校」の主題歌が決定しました。
高橋優さんが書き下ろしたルポルタージュという曲になりました。

 

高橋優さんは、今最も心に響く音楽を作るシンガーソングライターと言っても過言ではないでしょう。
そんな方が書き下ろした曲は、ロック。
既に発売も決まっています。

 

スポンサーリンク

 

オトナ高校の主題歌

ドラマ「オトナ高校」の主題歌が決定しました。
人気シンガーソングライターの高橋優さんに決まったことで、喜びの声が多く聞かれています。

 

 

 


ドラマ書き下ろしの曲、期待が高まりますよね。
ルポルタージュ、早く聞いてみたいです。

 

高橋優

高橋優さんは秋田県出身のシンガーソングライターです。
秋田県音楽大使第1号とされています。

 

高橋優さんのお父さまは、民謡歌手です。
小さい頃から、音楽に触れあって育ってこられたのでしょうね。

 

ドラ男
音楽の才能も遺伝しているんだろうね!

 

札幌にある大学に入学し、狸小路でストリートライブを開始されます。
その後札幌のライブハウスでスカウトされたことで2008年に上京することになったのです。

 

ドラ美
スカウトしてきたのが今のチーフマネージャーなんだって!

 

また、活躍は日本だけにとどまりません。
アメリカのニューヨーク中心部でもストリートライブを行われました。
この様子はUstrreamで全世界に配信されたんですよ。

 

実力派のシンガーソングライターである高橋優さん。
今回はドラマ「オトナ高校」の主題歌を担当されますが、これまでもタイアップ作品がありました。

 

  • 陽はまた昇る/「桐島、部活やめるってよ」(主題歌)
  • 太陽と花/「アリスの棘」(主題歌)
  • クラクション/「悪党たちは千里を走る」(主題歌)
  • ロードムービー/「クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ」(エンディングテーマ)
  • 虹/「熱闘甲子園」(テーマソング)
  • ルポルタージュ/「オトナ高校」(主題歌)

 

メジャーデビューをしてまだ7年という高橋優さん。
それでも私たちの心には音が刻み込まれていますよね。
今回ドラマ「オトナ高校」の主題歌を担当することについてコメントがあります。

 

幼少の頃は30歳を過ぎたら十分なおじさんだと思っていました。
でも30を過ぎてみて、自分自身が大人になったと実感できることは少なく、大人になるってどういうことだろうと、しばしば考えるようになっていたここ最近の自分にとって、とてもタイムリーなお話を頂いたように感じます。
「オトナ高校」は台本を読んでいるだけで、笑いがこみ上げてくるとても力のある物語だと思いつつ、 人が成長して大人になっていくことはどういうことなんだろうと、あらためて考えさせて頂きながら、今回の楽曲を制作させて頂きました。
是非、ドラマと共に「ルポルタージュ」も一緒に楽しんで頂けたら幸いです。

出典:公式HP

 

ドラ美
高橋優さん、今33歳だもんね!

 

スポンサーリンク

 

ルポルタージュ

ドラマ「オトナ高校」の主題歌は高橋優さんの新曲、ルポルタージュです。
この曲はドラマ「オトナ高校」の書き下ろしの曲となっています。

 

ドラ男
そういえば11月にリリースするって言ってた新曲って…。

 

ドラ美
そうそう!
それがまさにこの曲のこと!

 

ルポルタージュという意味を皆さんご存知ですか。
これはフランス語で、Reportage

 

ルポやルポライターやという言葉なら聞いたことがあると思います。
取材記者が現地に赴き取材した現地報告という意味があるルポルタージュ。
おなじみのルポやルポライターと関連しているんです。

 

高橋優さんが書き下ろしたルポルタージュは、今目に見えていることをリアルタイムに描いたという1曲。
アグレッシブなロックナンバーになっています。

 

 

今年になって3枚目のシングル、全体としては18枚目のシングルとして発売されるルポルタージュ。
発売予定日は2017年11月22日です。
現在は予約受付中となっています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【早期予約W特典】タイトル未定 (期間生産限定盤 CD+DVD) (レプリカステッカー&内容未定付き) [ 高橋優 ] 価格:1458円(税込、送料無料) (2017/9/30時点)

 

 

ドラ男
発売が待ち遠しいね!

 

まとめ

ドラマ「オトナ高校」の主題歌が決定しました。
高橋優さんが書き下ろしたルポルタージュです。

 

今、リアルタイムを描いた一曲。
ドラマと一緒に楽しみたいです。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年