コード・ブルー
を無料で見る方法!

過保護のカホコ
を無料で見る方法!

ハロー張リネズミ
を無料で見る方法!

ウチの夫は仕事が出来ない
を無料で見る方法!

ごめん、愛してる
を無料で見る方法!

僕たちがやりました
を無料で見る方法!

セシルのもくろみ
を無料で見る方法!

愛してたって、秘密はある
を無料で見る方法!

Arrow
Arrow
PlayPause
Slider

陸王のモデルは、きねや足袋シューズ!ランニング足袋は実在した!

      2017/10/26

ドラマ「陸王」は、ランニング足袋を作るという舞台でストーリーが展開されます。
そもそもランニング足袋「陸王」のモデルってあるのでしょうか。

 

実は実在して販売もされているランニング足袋がありました。
埼玉県行田市にある、きねや足袋株式会社が作るシューズだったのです。

 

スポンサーリンク

 

陸王にはモデルとなったランニング足袋があった

ドラマ「陸王」は足袋を作る会社が新規事業としてランニング足袋を作るという作品です。
その中で生まれる人間関係を描くヒューマンドラマとしても見どころ満載のドラマとなっています。

 

足袋作り100年という老舗が、会社の存続をかけて開発するランニングシューズ。
それは足袋業者だからこそできるランニング足袋なのです。
そのランニング足袋の名前こそが「陸王」。
ドラマのタイトルにもなっていますね。

 

きねや足袋株式会社

ドラマ「陸王」のモデルとなっているランニングシューズ、すなわちランニング足袋を作っているのは、きねや足袋株式会社でした。
埼玉県行田市に会社を構え、現在3代目の中澤貴之さんが会社を支えています。

 

  • ミシン
  • 道具

 

創業当初からこの3つに優しい行田足袋づくりを心掛けているきねや足袋株式会社。
足を包み込むふっくらとした特徴があるのです。

 

  • 耐久性
  • シルエット
  • 縫い上がり

 

これらを追求し、先々代から受け継がれてきた伝統の技を今もなお世に広めています。
足袋と言えば、着物の脇役ですよね。
そんな常識を覆すような、ランニング足袋。
様々な所で活躍するようなシューズとなっているのです。

 

なんと行田足袋づくりの見学や体験ができる工場があります。
その名も足袋の館

 

住所 埼玉県行田市佐間1-28-49
電話 048-556-6361
メール info@kineyatabi.co.jp

 

見学ご希望の方は問い合わせてみてくださいね。
今となってはなかなか見ることのできない足袋作りを目の前で体感できるチャンスです。

 

スポンサーリンク

 

無敵(MUTEKI)

無敵(MUTEKI)はランニング足袋です。
「陸王」のモデルとなったランニング足袋の1つです。
ランニング足袋 KINEYA MUTEKIと表示されることもあります。

 

伝統的な製法で仕上げられた足袋そのものに、柔らかくグリップ力の高い天然ゴムソールを手縫いで縫い付けられたランニング足袋です。
その薄さはなんと5mm

 

ドラ男
すごい!!

 

ソール部分にクッションなどの保護材は一切使用されていません。
そのため、限りなく素足感覚に近づけてあるのです。

 

この無敵(MUTEKI)を履くことで、自然につま先から着地するような走りになります。
これこそが人間本来の走り方であり、これを使う事で本来の走り方を取り戻すことができるのです。

 

 

 

ドラ男
売ってあるんだ!

 

ドラ美
意外と安いね!

 

Toe-Bi(トゥービー)

Toe-Biは新型ランニング足袋です。
「陸王」のランニング足袋のモデルとなった1つです。
新作となるランニング足袋ですが、実は発売可能日が遅れてしまっていましたが、ついにその日がきまりました。
2017年10月18日からの発売です。

 

 

 

なんと初回入荷分の数量は、各色各サイズ3足以下という超レアもの。
すぐに欠品することが予想されているのです。

 

Toe-Bi(トゥービー)の特長は、アウトソールの薄さです。
3mmにまで薄くできたランニング足袋。

 

より裸足感に近づいた、きねや足袋株式会社の新作ランニング足袋、Toe-Bi(トゥービー)。
これもまた、大きく話題となりそうです。

 

まとめ

ドラマ「陸王」のランニング足袋にはモデルとなった商品がありました。
それは、埼玉県行田市にあるきねや足袋株式会社のシューズです。

 

今日は無敵(MUTEKI)とToe-Bi(トゥービー)について調べてみました。
裸足感を感じさせ、足をふっくらと包み込むランニング足袋。
「陸王」でさらに大注目を集めそうです。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年10月期, 陸王