陸王へトレーニングを協力しているのはスポーツモチベーション!

   

ドラマ「陸王」は、専門家の知識なしでは成立しません。
どんなに優秀な役者さんでも、専門的なものに対しては知識がないのです。

 

そう、今回専門家が入っている分野は陸上競技。
走ることはできても、プロの走り方は俳優さんたちにはそう簡単に出来ることではありません。

 

トレーニングも必要になってきますし、指導もサポートも必要です。
今回ご紹介するのはドラマ「陸王」にトレーニング協力をしているスポーツモチベーションです。
今日は中野ジェームズ修一さんについてもまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

陸王にスポーツモチベーションが協力

ドラマ「陸王」には専門家の知識が必要でした。
それはランナーへの指導です。

 

走り方を指導したり、監修をしたりして、よりドラマをリアルに見せる必要があるのです。
分かる人には分かってしまう専門分野だからこそ、このサポートが必要不可欠となっています。

 

その1人として、青山学院大学陸上競技部長距離ブロック監督の原晋監督がいます。
そしてその原晋監督と共に全面バックアップをするのが中野ジェームズ修一さんです。

陸王でも原晋は監督!青山学院大学陸上競技部を引き連れドラマ参戦!

 

スポーツモチベーション

ドラマ「陸王」の公式HPを見てみると、トレーニング協力として、スポーツモチベーションの名前がありました。
スポーツモチベーションはCLUB 100というパーソナルトレーニング施設を持っています。

 

これは中野ジェームズ修一さんが最高技術責任者を務めている施設。
さらに100という数字は、100名限定という完全会員制、最高技術責任者を紹介制となっていることを表しています。

 

  • 運動指導
  • 食事
  • 生活習慣
  • モチベーション

 

これらをアドバイスすることで、生涯ハイクオリティのウェルネスライフが送れるというのです。
全力でサポートするために会員数を100名に限定しています。
退会者が出るまで入会は待たなければならないというシステムなんです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

定年後が180度変わる 大人の運動 [ 中野ジェームズ修一 ]
価格:1490円(税込、送料無料) (2017/10/5時点)

 

 

  • 中野ジェームズ修一
  • 佐藤基之
  • 森本浩之
  • 栗城徳識
  • 関守
  • 古谷有騎

 

トレーナーは6名。
全員約2年に及ぶスポーツモチベーション所定のカリキュラムを修了しています。
さらに認定テストに合格しているスペシャリストです。

 

知識だけでなく経験も豊富なため、科学的根拠に基づきハイクオリティなトレーニングとなります。
それぞれトレーナーごとに1時間のセッションの料金も異なりますが、全力でサポートしてくれる体制が整っています。

 

スポンサーリンク

 

中野ジェームズ修一

中野ジェームズ修一さんは長野県出身のフィジカルトレーナー、フィットネスモチベーターです。
メンタルとフィジカルの両方を指導できるトレーナーはまだまだ日本には数少ないのです。

 

  • 藤井瑞希
  • 福原愛
  • クルム伊達公子

 

多くのアスリートから絶大な支持を得ています。
理論的で、かつ結果を出すトレーナーとして、多くの方から認められているということです。

 

2014年からは青山学院大学駅伝チームのフィジカル教科指導も担当されています。
青山学院大学陸上競技部と言えば原晋監督ですよね。

 

今回ドラマ「陸王」では原晋監督と中野ジェームズ修一トレーナーが全面にバックアップしているのです。
専門的な知識を持つトレーナーに指導されるのはこの方々。

 

  • 茂木裕人(竹内涼真)
  • 平瀬孝夫(和田正人)
  • 毛塚直之(佐野岳)

 

半年間ストレッチや体感トレーニングなどに励んでいる俳優陣。
長期間にわたって役作りをサポートしてきた中野ジェームズ修一トレーナーは、出演者たちの走りをどう見るのでしょうか。

 

 

 

まとめ

ドラマ「陸王」では、走るキャストに青トレが伝授されてきていました。
それは青山学院大学陸上競技部のオリジナルトレーニングです。
長距離ランナーを演じる出演者の体を1から作り上げたことになります。

 

それをサポートするのに欠かせないのが、原晋監督。
そしてフィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんです。

 

今日はスポーツモチベーションの中野ジェームズ修一さんについてまとめてみました。
気になる方はぜひ、調べてみてくださいね。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年