さくらの親子丼、亡くなった息子九十九悠平の大地伸永がかっこいい!

   

ドラマ「さくらの親子丼」は居場所を失った人に親子丼を提供するだけのドラマではありません。
親子丼を無料で振舞うようになったきっかけがあったのです。

 

それは九十九さくら(真矢ミキ)の息子の死。
九十九さくら(真矢ミキ)には16年前まで九十九悠平という息子がいました。
演じるのは大地伸永さん。
かっこよくて素敵な俳優さんです。

 

スポンサーリンク

 

さくらの親子丼に大地伸永が出演

ドラマ「さくらの親子丼」に大地伸永さんが出演することになりました。
大地伸永さんが演じるのは九十九さくら(真矢ミキ)の息子の役。
実はもう亡くなってしまっています。

 

 

九十九さくら(真矢ミキ)が古本屋「九十九堂」で親子丼を振る舞うキッカケとなったのが、九十九悠平(大地伸永)の死でした。
たまりばを訪れた、二宮あざみ(吉本実憂)がきっかけで、止まっていた九十九さくら(真矢ミキ)の時計の針を巻き戻していきます。

 

大地伸永

大地伸永さんは埼玉県出身の俳優さんです。
東宝芸能創立50周年記念オーディションに合格したことで芸能界入りを果たしました。

 

ドラ美
東宝芸能事務所に所属しているよ

 

事務所に所属直後、大きな役が回ってきました。
それはNHK大河ドラマ「花燃ゆ」。
俳優デビューとなったことで注目を集められました。

 

  • 「花燃ゆ」(第21話)徳川家茂役
  • 「朝が来る」(第1話、第2話)巧役
  • 「&美少女 NEXT GIRL meets Tokyo」(第4話)垣内悠太役
  • 「刑事7人 season3」』(第4話)17歳の吉原役
  • 「BORDER 検視官 比嘉ミカー衝動ー」(前篇・後篇)石田光役
  • 「さくらの親子丼」九十九悠平役

 

芸能界に憧れたのは小学校4年生の時。
テレビ番組の特殊で芸能界の裏舞台を取り上げたものを見たことがきっかけでした。
表舞台では笑顔、しかし裏では必死さがある世界。
そういう努力を見て、興味が沸いたそうです。

 

今後はアクションをやりたいと意気込んでいる大地伸永さん。
今回は残念ながら亡くなっている役なのでアクションはないかもしれませんが、この夢が叶うと良いですね。
私も大地伸永さんのアクション、見てみたいです。

 

ドラ男
事件に巻き込まれて亡くなっているから、少しは体を使ったアクションあるかも!

 

スポンサーリンク

 

九十九悠平役/大地伸永

九十九悠平(大地伸永)は九十九さくら(真矢ミキ)の息子です。
16年前に事件に巻き込まれて死亡しました。

 

17歳という若さで亡くなった九十九悠平(大地伸永)。
この死のきっかけで今の九十九さくら(真矢ミキ)が提供する親子丼があります。

 

九十九さくら(真矢ミキ)の心を動かす出会いがありました。
その人物は二宮あざみ(吉本実憂)。

 

二宮あざみ(吉本実憂)は生みの親に殺されそうになり、止めに入った高校生が巻き込まれて殺されました。
それを聞いた九十九さくら(真矢ミキ)は、息子九十九悠平(大地伸永)のことを思い出すのです。
止まっていた時間の針が巻き戻っていくのです。

 

ドラ男
事件に巻き込まれて亡くなったから思い出したのか!

 

ドラ美
九十九悠平(大地伸永)はドラマ「さくらの親子丼」のキーマンとなりそう!

 

まとめ

ドラマ「さくらの親子丼」に大地伸永さんが出演することになりました。
九十九悠平役で、ドラマのキーマンとなりそうです。

 

16年前に亡くなった九十九悠平(大地伸永)は九十九さくら(真矢ミキ)の息子。
親子丼を無料で提供するきっかけとなったのです。

 

どんな事件に巻き込まれなくなったのでしょうか。
ドラマの展開とともに、楽しみたいと思います。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年