関りおんと櫻井翔関係が判明!先に生まれただけの僕の生徒に注目!

   

ドラマ「先に生まれただけの僕」に関りおんさんが出演されます。
なんと櫻井翔さんと何か関係があるのではないかと言われていますね。
関りおん、櫻井翔関係は?なんて調べられているんですよ。

 

今日はその関係が明らかになりましたのでお伝えします。
一体どんな2人なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

先に生まれただけの僕に関りおんが出演

ドラマ「先に生まれただけの僕」に関りおんさんが出演します。
誰?と思った方もいるでしょう。
申し訳ないのですが、私も先日まで知りませんでした。

 

関りおんさんは、女子高生や女子中学生、さらに小学生からも憧れられているモデルさんなんです。
そんな関りおんさんですが、櫻井翔さんと関係があるように思われています。
これは一体どんな関係なのでしょうか。

 

関りおん

関りおんさんはバーニングプロダクションに所属しています。
東京都出身のモデルさんで愛称はりおんちゃん。

 

2001年10月6日生まれで、まだまだ若い女の子ですね。
そんな関りおんさんがモデルとして登場したのはものすごく早い段階でした。

 

2011年「ニコ☆プチ」にスーパー読者モデルとして登場しました。
それから2年。
2013年には「ニコ☆プチ」の専属モデルとして活動が始まりました。

 

ドラ男
2001年に生まれて2011年に読者モデルでしょ?
すごい若い時から活動しているんだね!

 

ドラ美
今も十分若いけどね!

 

その後は2015年に「ピチレモン」の専属モデルとなります。
その後、ピチレモンが休刊となり、現在は「LOVEberry」の専属モデルとして活躍されているのです。

 

  • 「なんだ君は!?TV」
  • 「DRESS」
  • 「スッキリ!!」
  • 「火曜サプライズ」
  • 「深イイ話」
  • 「先に生まれただけの僕」相川なつみ役

 

ドラマ「先に生まれただけの僕」は関りおんさんにとって初めてのドラマ
これでアピールすることができれば、他の作品への出演機会があるでしょうね。

 

まずはゲスト出演のように小さな役から。
そしてレギュラー出演とトントンン拍子に進むといいですよね。

 

すごくかわいいので、誰かの役というのはどうでしょう。
妹キャラがすごく似合いそうです。

 

ドラ男
かわいい妹キャラって若い時にしかできないからね!

 

ドラ美
関りおんさんにピッタリだと思うなぁ。

 

スポンサーリンク

 

相川なつみ役/関りおん

ドラマ「先に生まれただけの僕」で関りおんさんが演じるのは相川なつみ役です。
1年3組のクラスで出席番号は1番です。

 

ドラ男
あいかわさんだからね!
出席番号1番には納得!

 

1年3組の担任は市村薫(木南晴夏)で日本史の先生です。
クラスメイトの中で注目を集めそうなのはこのあたりでしょうか。

 

  • 相川なつみ役/関りおん
  • 榊原有紀役/横島ふうか
  • 永井由梨役/茂内麻結
  • 勝村雅彦役/武田勝斗
  • 佐久間慎之介役/吉田拓馬

 

それぞれすでに活動を開始されていて、ドラマ作品などへの出演も多いです。
これからも多くの作品で見かけることになると思います。

 

相川なつみ(関りおん)は出席番号が1番ということもあり、席も前のほうでしょうか。
出欠を取るときは1番だから必ず最初に呼ばれるでしょうね。

 

関りおんと櫻井翔関係は?

さて、関りおんさんと櫻井翔さんの関係が気になっている方が多いと思います。
調べているといろんな説や予測が出てきました。

 

  • 親戚?
  • 恋人?

 

さて、正解は全く違いました。
笑わないでくださいね。
驚きますよ。

 

関りおんさんと櫻井翔さんの関係は、生徒と校長先生です。
ドラマ「先に生まれただけの僕」で櫻井翔さんは校長先生の役をしますよね。
その学校の生徒が関りおんさん演じる相川なつみ。

 

そう、この2人の関係はたったこれだけでした。
どうしてこんなに検索されているのかなと驚きましたが、結果を見て驚き損だと思った人も多いかもしれませんね。

 

まとめ

ドラマ「先に生まれただけの僕」で関りおんさんが出演します。
カリスマモデルとして多くの若い女の子たちから絶大な人気を集めているんです。

 

見た目もすごくかわいいので、注目が集まるのも納得です。
今回、関りおんさんと櫻井翔さんの関係が何なのか気になる方が多かったようで調べてみました。

 

結果には驚いた方も多いでしょう。
私も驚いた人の1人ですから。

 

ドラマ「先に生まれただけの僕」の中で2人の絡むシーンはあるのでしょうか。
気になりますね。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年