トットちゃん清野菜名が満島ひかり超え?抜擢理由は脚本家にあった!

   

帯ドラマ劇場「トットちゃん」で主演を演じるのは清野菜名さんです。
黒柳徹子さん役での出演となります。

 

2016年には「トットてれび」が放送されました。
その際に黒柳徹子さんを演じたのは満島ひかりさんです。

 

満島ひかりさんを超えるのではないかと言われている清野菜名さん。
清野菜名さんが黒柳徹子役に抜擢された理由とは一体なんなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

トットちゃんに清野菜名が抜擢

帯ドラマ劇場「トットちゃん」に清野菜名さんが出演することになりました。
清野菜名さんを知った作品が「トットちゃん」だった人も意外と多いのではないでしょうか。

 

 

そうなんです。
清野菜名さんって大きな役をされていません。
今回大抜擢となった理由はなんなのでしょう。

 

さらに話題となっているのは、2016年に放送された「トットてれび」で黒柳徹子役を演じた満島ひかりさんより似ているのではということです。
満島ひかりさんを超えるかもと言われる清野菜名さんについてまとめていきます。

 

清野菜名

清野菜名さんは愛知県出身の女優さんです。
ファッションモデルとしても活躍されています。

 

なんと高校はアクション部に所属していたという清野菜名さん。
ボクシングや立ち回りなど、アクロバットな本格的アクション訓練を受けていたのです。

 

ドラ美
いつか金城一紀さんの作品に出演するんじゃない?

 

  • 「桜蘭高校ホスト部」倉賀野百華役
  • 「牙狼〈GARO〉~闇を照らす者~」(第10話)シオリ役
  • 「ウロボロス~この愛こそ、正義。」(第2話~第9話)田村小夏役
  • 「まかない荘」藤島涼役
  • 「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」富田役
  • 「やすらぎの郷」榊原アザミ役
  • 「トットちゃん!」黒柳徹子役

 

全国ネットの連続ドラマに主演で出演するのは「トットちゃん」が初めてです。
超明るいと自分で言っているほど明るい性格の持ち主である清野菜名さん。
明るい黒柳徹子役となるでしょう。

 

清野菜名は満島ひかりを超える?

さて、黒柳徹子さんをドラマ化した作品は「トットちゃん」だけではありません。
2016年4月末から全7回で放送された「トットてれび」でも黒柳徹子さんをテーマにドラマが放送されました。

 

その際、黒柳徹子役を演じたのは満島ひかりさんです。
満島ひかりさんと言えば、歌手として歌も上手いし、女優としての活躍も多いです。
演技力が一段と輝いたのは「カルテット」の世吹すずめ役でしたね。

 

そんな一流女優、満島ひかりさんと清野菜名さんがドラマ作品は違えど、同じ役をするというのはかなりプレッシャーでしょうね。
しかし満島ひかりさんより似ているのではと言われているんです。
髪型が似合っているということからも、似ていると言われているんでしょうね。

 

満島ひかりさんを演技で超えるか超えないかは、放送終了時に視聴者が感じることです。
どんな評価になるでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

清野菜名が抜擢された理由

さて、あまり大きな役をされてきたことがない清野菜名さんが帯ドラマ劇場「トットちゃん」で主演、黒柳徹子役をするということは、大抜擢と言っても良いでしょう。
その理由は脚本家になるのかもしれません。

トットちゃん脚本は大石静!ラブストーリーの名手が黒柳徹子を描く!

 

というのも、今回帯ドラマ劇場「トットちゃん」の脚本を担当しているのは大石静さん。
ラブストーリーの名手とも言われている方です。

 

  • 堺雅人
  • 内野聖陽
  • 長谷川博己
  • 佐々木蔵之介

 

こちらの方々は名俳優と言われています。
しかし共通点は、全て大石静さんの作品で大物俳優となりました。

 

無名な若手俳優を抜擢し、こんなに有名な俳優さんとなったきっかけを作ったのが大石静さんなのです。
今回帯ドラマ劇場「トットちゃん」で清野菜名さんを起用したのも、大石静さんでしょう。
おそらく今後清野菜名さんは大物女優に育っていくのではないでしょうか。

 

まとめ

帯ドラマ劇場「トットちゃん」に清野菜名さんが出演されます。
黒柳徹子役を演じると言う大抜擢になりました。

 

黒柳徹子役といえば、やはり満島ひかりさんを思い浮かべる人が多いでしょう。
この2人は必然的に比べられる事になると思いますが、2人もたまねぎ頭の髪型がすごく似合っていますよね。
放送終了後、どちらの黒柳徹子役も良かったと言われるような気がしています。

 

さて、清野菜名さんが黒柳徹子役に大抜擢された理由は脚本家にありそうです。
そちらについてもご紹介しました。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年