ブラックリベンジはパクリ?復讐の未亡人にそっくりと思う人が続出!

   

ドラマ「ブラックリベンジ」の放送を楽しんでいる方が多いのではないでしょうか。
主人公の今宮沙織(木村多江)の復讐、かなり面白いですよね。

 

しかしパクリでは?という噂がありました。
それが漫画の「復讐の未亡人」。

 

今日は「ブラックリベンジ」と「復讐の未亡人」についてまとめていきます。
そしてパクリ疑惑の真相に迫ってみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

ブラックリベンジは復讐の未亡人のパクリ?

ドラマ「ブラックリベンジ」がとある漫画のパクリではないかと言われています。
似ていると感じている人が多いのです。

 

 

 

 

 

ブラックリベンジ

ドラマ「ブラックリベンジ」はスキャンダルによって夫を亡くした主人公、今宮沙織(木村多江)の復讐劇です。
今宮沙織(木村多江)はスキャンダルによって夫、寺田圭吾(高橋光臣)を亡くしました。
寺田圭吾(高橋光臣)は自ら命を絶ったのです。

ブラックリベンジ犯人は3人!圭吾のスキャンダルねつ造したのは誰?

 

  • 目には目を
  • 歯には歯を
  • スキャンダルにはスキャンダルを

 

スキャンダルによる苦痛に耐えられなくなった寺田圭吾(高橋光臣)は命を絶ちます。
そのスキャンダルは全てねつ造されていたものだったのです。
だからこそ今宮沙織(木村多江)はスキャンダルで復讐をすることを誓っています。

 

様々な手段を使い、いろんな人へ近づく。
そして結果的に復讐しようとしているのです。

 

登場人物全員がゲスという復讐劇。
今宮沙織(木村多江)の復讐が始まっています。

 

スポンサーリンク

 

復讐の未亡人

そもそも未亡人という意味は夫に先立たれた妻という意味があります。
これを見るて「復讐の未亡人」というタイトルを解釈してみると、夫に先立たれた妻の復讐ですよね。

 

ドラ男
その復讐、まさに「ブラックリベンジ」だ!!!

 

IT企業に勤務する有能な派遣エンジニアが1人います。
彼女の名前は鈴木蜜。

 

鈴木蜜がIT企業会社に潜り込んだのは理由がありました。
夫を追い詰めて、自殺に追いやった者たち一人ひとりへ借りを返すためだったのです。

 

ドラ美
えっ?
パクリ???

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

復讐の未亡人 (1-2巻 最新刊)
価格:1372円(税込、送料別) (2017/10/20時点)

 

 

ブラックリベンジは復讐の未亡人のパクリなのか?

まず、夫を亡くした妻であるという共通点がありますね。
さらに夫が自ら命を絶っているという点でも同じです。
自殺に追い込んだ人達をまた追い込んでいく点でも同じのように感じます。

 

1番似ているなと私も感じたのは「ブラックリベンジ」2話でした。
結婚式のシーンが放送されました。

ブラックリベンジ動画2話を無料で見る方法!見逃し配信動画を紹介!

 

復讐のターゲットが結婚する日。
ビデオレターが流れるときが来ました。

 

途中でビデオレターの様子がおかしくなります。
様々な男性と楽しんでいる写真が映し出されているのです。
ベッドで記念撮影をしているものもありましたね。

 

もちろんパーティ会場はパニック状態。
騒然とした雰囲気になったのです。

 

これが「ブラックリベンジ」と「復讐の未亡人」がパクリと言われている原因でしょう。
しかし、パクリであるとは言い切れないのが現実です。

 

というのもドラマ「ブラックリベンジ」は原作のないオリジナルドラマ作品です。
さらに「復讐の未亡人」の前に松居一代さんの動画を彷彿させると言われていました。

ブラックリベンジ木村多江の動画がまるで松居一代!激似すぎて怖い!

 

そもそも結婚式の場で復讐をしようとするのならば、復讐法は1つですよね。
昔の男性関係をバラすというのがベタなやり方ではないでしょうか。

 

その方法が「ブラックリベンジ」と「復讐の未亡人」で重なってしまっただけでパクリだとは私は考えません。
似ていることって、「ブラックリベンジ」に限らず結構色々な作品でありますよね。

 

似ているだけでパクリではない
これが私の考えであり結論です。
今後の「ブラックリベンジ」の展開も楽しみです。

ブラックリベンジは原作なしのオリジナル作品!脚本家は佐藤友治!

 

まとめ

ドラマ「ブラックリベンジ」と漫画「復讐の未亡人」が似ているのでパクリではないかと感じている人が多いようです。
実際に似ているシチュエーションもあるのは事実です。

 

しかし私が出した結論はパクリではないというもの。
ドラマ「ブラックリベンジ」は原作のないオリジナル作品と公式も発表しています。
なので、似ているだけでパクリではないようです。

 

今後の「ブラックリベンジ」の展開からも目が離せません。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年, 2017年10月期, ブラックリベンジ