先に生まれただけの僕(先僕)スクールカーストとは?上下関係あり?

   

ドラマ「先に生まれただけの僕(先僕)」2話でスクールカーストという単語が出てきましたね。
スクールカーストとは一体なんのことでしょう。

 

スクールカーストは学校カーストと言われることもあります。
構造も気になるところですよね。
今日はじっくり説明していこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

先に生まれただけの僕でスクールカースト?

ドラマ「先に生まれただけの僕(先僕)」の2話でなかなか聞きなれない単語が登場しました。
それはスクールカーストというもの。

 

スクールカーストとは一体何か皆さんご存知でしょうか。
これはいじめと関係してくる場合もあるというので恐ろしいもの。
じっくりご紹介します。

 

スクールカーストとは

スクールカーストとは、学校カーストといわれる場合もあり、身分制度という意味を持ちます。
学校での身分制度
なんと生徒同士で身分制度があるということなのです。

 

カースト制度という言葉はご存知ですか?
カーストとはこれはヒンドゥー教における身分制度を表す単語です。
そこから取ってスクールカーストという言葉が生まれたのでした。

 

現代の学校では、クラス内に友人同士のグループが形成されている場合が多いです。
その内部だけで人間関係が完結してしまう現象が起きているのです。
さらにそれぞれのグループをすべて見てみると、平等な立場ではなく序列化、いわゆる上下関係が出来ている場合が多くあります。

 

  • 恋愛経験が豊富
  • 容姿が美しい
  • 空気が読める

 

これらの人がスクールカーストにおいて、上位に来る場合が多いのです。
恋人がいるから上位、勉強が出来るから上位。
スクールカーストについて、理不尽に感じている人も多いかもしれないですね。

 

ドラ男
理不尽で不満があって悩んでても、なかなか言えないよね…。

 

学生生活から離れていると、こういうこともあまり関係ないと思うかもしれません。
しかし、スクールカーストの起こりえる学生さんにとっては大問題です。
いかに有利に学校生活を楽しめるかにかかっていますからね。

 

平等であるはずの生徒同士に上下関係が出来てしまう。
仕方のないことなのかもしれませんが、これが発展すればイジメにもなりかねないのです。

 

スポンサーリンク

 

スクールカーストは昔からあった

スクールカーストは今の現代に始まったわけではありません。
実は昔からあったのです。
スクールカーストとは言われていなかっただけで実際には存在していました。

 

 

 

 

 

 

今回ドラマ「先に生まれただけの僕(先僕)」第2話を見た人の中でも過去の学生生活を思い出した人もいるようです。
スクールカーストとは昔から存在していたんですね。

 

第2話のあらすじ

ドラマ「先に生まれただけの僕(先僕)」第2話のあらすじです。
2017年10月21日放送分となります。

先に生まれただけの僕見逃し配信動画2話を無料で!先僕動画を紹介!

 

教育の現場を知らない校長として、職員室内で反発を受ける鳴海(櫻井翔)。
そんな中、鳴海は奨学金を受給する事の覚悟を説いて聞かせた生徒が学校を休んでいると分かり、不登校になったのではないかと気が気では無くなる。

さらに、沙織(井川遥)からは、腹痛を訴えて保健室に毎日通っている生徒のことを聞かされる。
鳴海はその生徒の担任である及川(木下ほうか)にケアをするよう指示するが、彼は取り合おうとしない。
そして、この生徒が抱えていた悩みには、学校内の大きな問題が隠されていた。

出典:公式HP

 

腹痛を訴え保健室に通う男子生徒、小山祥太郎(立石ケン)はスクールカーストに悩んでいました。
先に生まれただけの僕、小山祥太郎くん(立石ケン)は腹痛を訴える!

 

まとめ

ドラマ「先に生まれただけの僕(先僕)」第2話を見ているとスクールカーストという単語が出てきました。
スクールカーストとは一体どんなものなのかをご説明しました。

 

実際に学校では起きていることなのですね。
リアリティを描いているドラマ「先に生まれただけの僕(先僕)」には必要な描写だったと言えます。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年